この文書では、Adobe Dreamweaver で作成したドキュメントをバリデートする方法について説明します。

A. バリデートとは

バリデート(validate)とは検証のことで、Dreamweaver ではバリデーターを使用して、コード内のタグやシンタックスエラーを簡単に検出することが可能です。また、ドキュメントをバリデートする際に、 バリデータの検証対象とするタグベース言語、検証する特定の問題、およびバリデータが報告するエラーのタイプを指定することもできます。

B. バリデートを行う方法

B-1. XML ドキュメントの検証

  1. Dreanweaver を起動し、XML または XHTML ファイルを開きます。

  2. ファイル/バリデート/XML 形式 を選択します。

  3. 検証パネルにエラーが表示されます。
    エラーメッセージをダブルクリックすると、ドキュメントのエラーがハイライト表示されます。

  4. レポートを XML ファイルとして保存するには、「レポートの保存」ボタンをクリックします。

  5. プライマリブラウザー(レポートを印刷できる)にレポートを表示するには、「レポートの参照」ボタンをクリックします。

B-2. W3C バリデーターを使用する

W3C バリデーターでは、HTML ドキュメントが HTML または XHTML の標準仕様を満たしているかどうかを検証できます。開いているドキュメントまたは、ライブサーバー上に置かれたファイルを指定して検証することができます。

a) 開いているドキュメントに実行

  1. Dreamweaver を起動し、ドキュメントを開きます。

  2. ファイル/バリデート/現在のドキュメントをバリデート(W3C) を選択します。

  3. W3C バリデーター通知 ウィンドウが表示が表示された場合は、「OK」をクリックします。

  4. 検証パネルに結果が表示されます。

b) ライブドキュメントに実行

  1. Dreamweaver を起動し、「ライブ」ボタンをクリックしてライブビューに切り替えます。

  2. アドレスバーに URL を入力し、Enter キーを押します。

  3. ページが読み込まれたら、ファイル/バリデート/ライブドキュメントをバリデート(W3C) を選択します。

  4. W3C バリデーター通知 ウィンドウが表示が表示された場合は、「OK」をクリックします。

  5. 検証パネルに結果が表示されます。

C. バリデーターの環境設定

  1. Dreamweaver を起動します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 編集/環境設定 から環境設定ダイアログボックスを開き、左の項目から「W3C バリデーター」を選択します。
    • ウィンドウ/結果/検証 を選択し、検証パネルを表示します。検証パネルで、「W3C バリデーター (Play)」ボタンをクリックし、「設定」を選択します。
  3. バリデーターの基準となるタグを選択し、設定を行います。

  4. 「OK」をクリックして、環境設定ダイアログボックスを閉じます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー