Elements Organizer で写真をバージョンセット単位でグループ化することについて説明します。

バージョンセット

バージョンセット  とは、オリジナルの写真とその編集したバージョンを含むスタックのことです。バージョンセットでは、オリジナルの写真と編集した写真が 1 つに重なった状態でフォトブラウザーに表示されるので、写真を見つけやすくなります。

かんたん補正を選択して写真を編集すると、Elements Organizer では、写真とその編集した写真の両方が自動的に 1 つのバージョンセットに入ります。Elements Editor で写真を編集し、ファイル/別名で保存を選択して、「オリジナルと一緒にバージョンセットで保存」オプションを選択することで、写真と編集した写真の両方を 1 つのバージョンセットに入れることができます。

スタック内の写真を編集すると、オリジナルの写真と編集後の写真が、スタック内にバージョンセットとして整理されます。バージョンセット内の写真を編集すると、編集した写真が既存のバージョンセットの先頭に置かれます。Elements Organizer では、バージョンセットは、バージョンセット内にバージョンセットを格納するようなネスト(入れ子)の構造をとることができません。バージョンセットの内部に置くことができるのは、オリジナルの写真とその編集したバージョンだけです。

注意:

通常は、バージョンセットにスタックできるのは写真だけです。

バージョンセットを使用する際のヒント

バージョンセットを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • Elements Organizer で画像を編集します。画像を Elements Organizer から開かずに外部の編集ソフトウェアを使用すると、データベースとのリンクが失われるので、Elements Organizer で画像ファイルの編集履歴を把握したり、バージョンセットを更新することができなくなります。バージョンセットに手動でファイルを追加することはできませんが、スタックコマンドを使用してこれらのタイプのバージョンをスタックすることはできます。

  • 折りたたまれたバージョンセットにキーワードタグを適用する場合、キーワードタグはセット内のすべてのアイテムに適用されます。バージョンセットを展開して 1 つの写真にキーワードタグを適用すると、キーワードタグはその写真だけに適用されます。キーワードタグで検索すると、そのキーワードタグを含むバージョンセットに含まれる写真が、個別の写真として検索結果に表示されます。

  • 複数のバージョンセットを 1 つのスタックとしてまとめることができます。複数のバージョンセットが 1 つのスタックとして表示されます。先頭には最新の写真が表示されます。スタック内の写真でさらにスタックを作成すると、結合して 1 つのスタックになりますが、スタック内で複数のバージョンセットを作成しても、バージョンセットは保持されます。

  • オリジナルの写真と編集した写真の 2 枚だけが含まれるバージョンセットで、そのうちの 1 枚の写真を削除すると、残った写真は(バージョンセットの一部ではなくなり)スタック解除された状態でメディアビューに表示されます。スタック内に 2 枚のうちの 1 枚を削除したバージョンセットが格納されていた場合には、スタックを展開すると、写真はバージョンセットアイコンなしで表示されます。

  • すべてのバージョンセットを検索するには、検索/すべてのバージョンセットを選択します。

  • バージョンセットから写真を個別に取り除いたり、削除したりすることができ、また、バージョンセット内の各写真がカタログ内で別個に表示されるようにバージョンセットを個別の写真に変換することができます。

  • 右クリックまたは編集メニューを使用すると、ほとんどのバージョンセットコマンドにアクセスできます。

  • プロパティパネルの「履歴」タブでは、バージョンセット内の写真の編集履歴を確認できます。

バージョンセットの手動保存

Elements Organizer でファイルを編集すると、バージョンセットが自動的に作成されます。Elements Editor でファイルを編集した場合は、編集をバージョンセットに手動で保存する必要があります。

標準編集で、次のいずれかの操作を行います。

  • Elements Organizer でファイルを編集し、ファイル/保存(写真を編集して初めて保存するときは、別名で保存ダイアログボックスが自動的に表示されます)または、ファイル/名前を付けて保存を選択します。「オリジナルと一緒にバージョンセットで保存」オプションを選択し、ファイルの名前を指定して「保存」をクリックします。
  • 以前に編集した写真を再び編集し、ファイル/別名で保存を選択して、編集した写真の個別のコピーを作成します。「オリジナルと一緒にバージョンセットで保存」オプションを選択し、ファイルの名前を指定して「保存」をクリックします。

    メディアビューで表示すると、新しく編集した写真がバージョンセットの先頭に配置されます。

バージョンセット内のすべての写真の表示

バージョンセット内のすべての写真を表示した状態で、バージョンセット内の写真の編集や削除、先頭の写真の置き換え、または写真へのキーワードタグの追加(セット内の 1 つの写真にキーワードタグを追加すると、すべての写真にそのタグが適用されます)を行うことができます。

  1. メディアビューで、バージョンセットの写真を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • バージョンセットのサムネールの隣にある展開ボタンをクリックします。

    • 編集/バージョンセット/バージョンセットのアイテムを展開を選択します。

  2. 展開されたバージョンセットを表示した状態で、次のいずれかまたは複数の操作を行います。
    • 写真の並べ替えや削除、キーワードタグの追加を行います。

    • かんたん補正を使用するか、Photoshop Elements Editor でスタンダード編集を使用して写真を変更します(次にファイルを保存します)。

  3. 完了したら、次のいずれかの操作を行って、バージョンセット内の写真を折りたたみます。
    • バージョンセットのサムネールの隣にある折りたたみボタンをクリックします。

    • 編集/バージョンセット/バージョンセットのアイテムを折りたたむを選択します。

バージョンセット内の先頭の写真の指定

Elements Organizer でバージョンセットを作成すると、最新の写真が先頭に置かれます。この先頭の写真を他の写真に置き換えることができます。バージョンセットを展開すると、先頭の写真はメディアビューの一番左に表示されます。

注意:


注意:

スタックに属すバージョンセットを表示するには、まずスタックを展開する必要があります。

  1. メディアビューでバージョンセットを右クリックし、バージョンセット/バージョンセットのアイテムを展開を選択します。
  2. 先頭に置く写真を右クリックして、バージョンセット/先頭アイテムとして設定を選択します。
  3. 新たに先頭に置かれた写真を右クリックし、バージョンセット/バージョンセットのアイテムを折りたたむを選択します。

写真をオリジナルのバージョンに戻す

  1. メディアビューで 1 つまたは複数のバージョンセットを選択し、編集/バージョンセット/オリジナルに戻すを選択します(または、選択したアイテムを右クリック(Mac OS では Control キーを押しながらクリック)して表示されるコンテキストメニューから、このコマンドを選択します)。

    注意:

    標準編集ワークスペースでは、ヒストリーパネルを使用して、写真を元の状態に戻すことができます。

バージョンセットからの写真の除去または削除

バージョンセットから写真を取り除くと、写真はバージョンセットからは除去されますが、カタログには残されます。これによって、メディアビューで個別の写真として表示されます。バージョンセットから写真を削除すると、その写真はカタログから取り除かれますが、「ハードディスクからもアイテムを削除」を選択しない限り、コンピューター上から削除されることはありません。

  1. バージョンセットを選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • バージョンセットから特定の写真を取り除くには、バージョンセットを展開して削除する写真を選択し、編集/バージョンセット/バージョンセットからアイテムを削除を選択します。

    • バージョンセット内の写真すべてを取り除いてメディアビューで個別の写真として表示されるようにするには、バージョンセットを選択し、編集/バージョンセット/バージョンセットを個別アイテムに変換を選択します。

    • バージョンセットから特定の写真を削除するには、編集/バージョンセット/バージョンセットのアイテムを展開を選択します。削除する写真を選択し、Delete キーを押します。

    • 先頭を除くすべての写真をバージョンセットから削除するには、編集/バージョンセット/先頭の写真以外は削除を選択します。

    • バージョンセットから先頭の写真だけを削除するには、メディアビューでバージョンセットを選択し、編集/カタログから削除を選択します。カタログからの削除確認ダイアログボックスで、「折りたたまれたスタック内のすべてのアイテムを削除」オプションを選択しません。先頭の写真をハードディスクから削除する場合は、「ハードディスクからも選択したアイテムを削除」を選択します。

    • オリジナルの写真を除くすべての写真をバージョンセットから削除するには、編集/バージョンセット/オリジナルに戻すを選択します。

    • オリジナルの写真を含むすべての写真をバージョンセットから削除するには、編集/カタログから削除を選択します。カタログからの削除確認ダイアログボックスで、「折りたたまれたスタック内のすべての写真を削除」オプションを選択します。

    • オリジナルの写真をバージョンセットから削除するには、編集/バージョンセット/バージョンセットのアイテムを展開を選択します。バージョンセットでオリジナルの写真を選択し、Delete キーを押します。バージョンセット内に、オリジナルの写真を直接編集したコピーが 1 つと、さらにそのコピーを編集したコピーがある場合、オリジナルの写真を削除すると、オリジナルの写真を編集したコピーがこのバージョンセットの新しい「オリジナルの写真」になります。オリジナルの写真に対して複数の子写真(編集したコピー)が存在する場合、オリジナルの写真を削除しても、バージョンセットから子写真は削除されません。

    注意:

     一般に、オリジナルの写真を保持しておき、その写真を「デジタル原版」として様々な画像を作成するのが最適な方法です。原版はオリジナルの情報をすべて含み、圧縮されたり、データが失われたりしていません。オリジナルの写真を削除するのは、そのオリジナル写真を今後使用しないことが明らかな場合だけにしてください。カタログやコンピューター上からオリジナルの写真を削除すると、復元することはできません。

バージョンセット内の写真の編集

バージョンセット内の写真を編集し、それを別名で保存ダイアログボックスの「オリジナルと一緒にバージョンセットで保存」オプションを使用して保存すると、編集したコピーはオリジナルのバージョンセットに追加され、追加のバージョンセット内にはネストされません。

  1. メディアビューで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • 先頭の写真を編集するには、バージョンセットを選択します。

    • 先頭以外の写真を編集するには、バージョンセットを選択し、編集/バージョンセット/バージョンセットのアイテムを展開を選択します。次に、編集する写真を選択します。

  2. 写真を選択し、Elements Editor で補正/写真を編集を選択して写真を開きます。
  3. 写真を編集し、ファイル/別名で保存を選択します。別名で保存ダイアログボックスの「オリジナルと一緒にバージョンセットで保存」オプションを選択し、コピーとオリジナルをバージョンセットに入れます。

新しく編集した写真がバージョンセットの先頭に置かれます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー