自動作成されたコラージュやスライドショーなどの表示と共有

「自動作成」と呼ばれる、Elements で自動生成された作品のアクセス、保存および共有方法について説明します。これらの自動作成は、フォトコラージュやビデオコラージュ、スライドショー、スナップモーメント、フォトエフェクトなど、さまざまな種類があります。

Adobe Photoshop Elements または Premiere Elements を起動するたびに、ホーム画面に、さまざまな自動生成された作品つまり自動作成が表示されます。白黒選択パターンブラシ画家風被写界深度などが含まれるフォトエフェクトの自動作成をお楽しみください。思い出に残る瞬間をハイライトするスライドショーや、フォトコラージュとビデオコラージュにもアクセスできます。

Adobe Photoshop Elements または Premiere Elements の自動作成は編集および保存できます。また、ソーシャルメディアで自動作成を即時に共有することもできます。

注意:

Windows Application Store バージョンの Adobe Photoshop Elements では、ビデオエディター(Adobe Premiere Elements)を使用できないため、ビデオコラージュおよびスナップモーメントはサポートされません。

自動作成の表示

Adobe Photoshop Elements または Premiere Elements を起動すると、ホーム画面が表示されます。この画面の「自動作成」の下で、画家風、白黒選択、フォトコラージュとビデオコラージュ、スライドショー、およびスナップモーメントなどの自動作成されたフォトエフェクトを表示できます。

「自動作成」のサムネールの下にある番号アイコンを使用して、最初の 5 つの作品を閲覧できます。Elements の自動作成のリスト全体にアクセスするには、「すべて表示」をクリックします。表示されたリストから自動作成を削除するには、自動作成のサムネールの左下隅にある をクリックします。

Elements は、読み込んだ写真やビデオを使用して、タグ、キーワード、アルバム名、イベント、場所、人および位置データに基づいてパーソナライズされた作品を表示します。

Elements での自動作成の表示

注意:

  • 自動作成は、お持ちのアプリケーションで表示できます。例えば、Photoshop Elements のみをお持ちの場合、フォトエフェクト、スライドショー、およびフォトコラージュを表示できます。Adobe Premiere Elements のみをお持ちの場合、ビデオコラージュ、スナップモーメント、およびスライドショーを表示できます。Adobe Photoshop Elements と Premiere Elements の両方をお持ちの場合、前述のすべての自動作成を表示できます。
  • ショートカットから Adobe Photoshop Elements または Premiere Elements を起動した場合は、ホーム画面が表示されません。
  • 自動作成のプレビューがホーム画面に表示されます。任意の自動作成を表示するには、開く必要があります。
  • 新規ユーザーの場合、Elements Organizer で写真およびビデオを読み込んだことを確認し、アプリケーションを再起動してください。読み込むメディアの数が多いほど、ホーム画面でアクセスできる自動作成の数が増えます。
  • 以前の自動作成では、編集または保存しないと時間の経過とともに削除されます。
  • Windows Application Store バージョンの Adobe Photoshop Elements では、ビデオコラージュやスナップモーメントなどのビデオファイルおよび自動作成はサポートされません。
  • Elements 2020 以降から、白黒選択パターンブラシ画家風、および被写界深度エフェクトなどの自動作成が表示できるようになりました。
自動作成での画家風などの写真編集へのアクセス
自動作成で白黒選択などの自動作成されたフォトエフェクトにアクセス

自動作成を開く

自動作成を開いて編集、保存、共有します。ホーム画面のセクション「自動作成」に、自動作成が表示されます。任意の自動作成の「開く」をクリックすると、対応する Elements アプリケーションで開くことができます。

自動作成の種類に応じて、Photoshop Elements、Elements Organizer または Adobe Premiere Elements で編集できます。フォトコラージュやフォトエフェクトは Photoshop Elements で開かれ、ビデオコラージュやスナップモーメントは Adobe Premiere Elements で開かれます。Elements Organizer でスライドショーが開きます。 

自動作成の編集

開いた自動作成は、編集することができます。自動作成の種類に応じて、Photoshop Elements、Elements Organizer または Adobe Premiere Elements で編集できます。

詳しくは、次のリソースを参照してください。

白黒選択パターンブラシ画家風被写界深度などのフォトエフェクトは、クイックモードまたはエキスパートモードのいずれかで、Photoshop Elements の最後に使用したワークスペースで開きます。フォトエフェクトを強化または調整するには、エキスパートワークスペースのレイヤーパネルとツールバーを使用します。

例えば、画家風エフェクトを編集するには、ツールバーでブラシツールを選択して、下部パネルでブラシ/アーティスティックブラシを選択します。レイヤーパネルでは、次の操作を実行できます。

  • マスクを編集します。マスクサムネールのあるレイヤー(下のスクリーンショットの最初のレイヤー)で、ロックアイコンをクリックしてから、レイヤーマスクサムネールを選択してマスクを編集します。
  • レイヤーを非表示にします。(そのレイヤーの をクリックすると、非表示になります)。
  • ブラシの不透明度を調整します。不透明度スライダーを使用します。
下部パネルでブラシを選択し、レイヤーパネルを使用して詳細な調整をします。
下部パネルでブラシを選択し、右にあるレイヤーパネルを使用して詳細な調整をします。

自動作成の保存

開いて編集した自動作成を保存できます。自動作成を保存するには、次の操作を行います。

  • Photoshop Elements でフォトエフェクトまたはフォトコラージュを保存するには、タスクバーの「保存」をクリックします。または、ファイル/別名で保存でも保存できます。自動作成は、初期設定ではマイ ピクチャフォルダーに保存されます。Photoshop Elements で自動作成を保存する方法について詳しくは、画像の保存を参照してください。
  • Adobe Premiere Elements でビデオコラージュまたはスナップモーメントを保存するには、ビデオプロジェクトの保存を参照してください。
  • Elements Organizer でスライドショーを保存するには、スライドショーウィンドウの右上隅にある「保存」をクリックします。
注意:

自動作成を保存しなかった場合、時間の経過とともに削除されます。目的の自動作成を開いたら保存して、失われないようにしてください。

自動作成をすばやく共有

Photoshop Elements では、編集した自動作成を、お気に入りのソーシャルメディアサイトで共有できます。

Photoshop Elements で自動作成を共有するには、Editor ワークスペースの右上隅にある「共有」を選択します。表示されたドロップダウンリストから、任意のオプションを選択して共有します。詳しくは、写真の共有を参照してください。

Adobe Premiere Elements では、自動作成の編集後、ソーシャルメディアサイトで共有できます。Adobe Premiere Elements でビデオ作成を共有する方法については、ビデオの共有を参照してください。

Elements Organizer では、自動作成の編集後、Flickr、Twitter、YouTube などで共有できます。Elements Organizer で自動作成を共有するには、タスクバーで「共有」をクリックし、ドロップダウンリストから任意のオプションを選択します。

よくある質問

自動作成を表示するには、Elements を閉じた後、分析が完了するまでシステムをアイドル状態にしておくことをお勧めします。しばらく待ってから Elements を再起動し、ホーム画面の「自動作成」セクションで「自動作成」を確認します。

新規ユーザーの場合、Elements Organizer で写真およびビデオを読み込んだことを確認し、アプリケーションを再起動してください。読み込むメディアの数が多いほど、ホーム画面でアクセスできる自動作成の数が増えます。

イベントの自動作成の精度を上げるには、写真やビデオにイベントに関連したフォルダー名とアルバム名、キーワード、およびタグを設定します。

注意:

ディスクの空き容量が 500 MB 未満の場合、自動作成は生成されません。

以前の自動作成は、開いたり保存したりしないと、時間の経過とともに削除されます。

目的の自動作成が失われないようにするために、開いたら保存するようにしてください。

はい、ホーム画面で自動作成を無効にできます。ただし、作成済みの自動作成がある場合は、それらを削除するまで、ホーム画面に引き続き表示されます。

自動作成を無効にするには、Elements Organizer を開いて、(macOS)Elements Organizer/環境設定/メディア解析/(Windows)編集/環境設定/メディア解析を選択します。環境設定ダイアログボックスで、「自動作成の生成」の選択を解除し、「OK」をクリックします。自動作成機能がオフになります。

環境設定ダイアログボックス
環境設定ダイアログボックス

アドビのロゴ

アカウントにログイン