Elements Organizer の新機能

Elements Organizer 2020 では、人物でビデオを検索できるほか、夕日、誕生日、犬、猫などの被写体による検索も可能です。ビデオは写真と同様に自動的に分析され、人物やその他の被写体、イベントを検出できるようになりました。これにより、さまざまな方法でメディアの整理と検索ができるようになり、操作も簡単になりました。Windows および MacOS に HEIC や HEIF ファイルなどの写真を追加したときのパフォーマンスが高速になりました。

注意:

Elements Organizer は、Adobe Photoshop Elements と Adobe Premiere Elements に同梱されています。各製品の新機能について詳しくは、Photoshop Elements の新機能Premiere Elements の新機能を参照してください。

スマートタグでビデオをすばやく検索

写真と同じくビデオにも、夕日、誕生日、犬、猫などの人気のある被写体に基づいて自動的にタグが付けられます。Adobe Sensei の技術が活用されています。

詳細を見る - スマートタグ

スマートタグと呼ばれる自動的に割り当てられたタグを使用して、ビデオや写真を検索します
スマートタグと呼ばれる自動的に割り当てられたタグを使用して、ビデオや写真を検索します

顔でビデオを検索

写真と同じくビデオでも、写っている顔が自動認識されます。その後、ビデオは人物別にグループ化されるので、簡単に名前のタグを追加して、後で見つけることができます。Adobe Sensei の技術が活用されています。

詳細を見る - 人物ビュー

人物ビューでスタックに整理されたビデオと写真を検索します
人物ビューでスタックに整理されたビデオと写真を検索します

パフォーマンスの高速化と HEIF および HEVC のサポートの拡大

写真の追加や編集といった日常的な作業のパフォーマンスが高速化しました。また、大規模なカタログ間の切り替えも高速化しました。さらに、HEIF 写真ファイルおよび HEVC ビデオファイルの読み込みおよび編集を、macOS だけでなく Windows でもおこなえるようになりました。

必要システム構成を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン