Elements Organizer 2019 は、パワフルなパフォーマンスの強化や自動作成などの画期的な新機能を提供します。

誕生日、クリスマス、卒業など、思い出に残るイベントの作品が自動的に生成されるようになりました。これが自動作成の機能で、スライドショー、フォトコラージュ、ビデオコラージュなど作成されます。

Elements Organizer の起動がスムーズで素早くなりました。多数の画像やビデオのカタログを簡単にスクロールして、以前より速く作業することができます。

注意:

Elements Organizer は、Adobe Photoshop Elements と Adobe Premiere Elements に同梱されています。各製品の新機能について詳しくは、Photoshop Elements 2019 の新機能Premiere Elements 2019 の新機能を参照してください。

自動作成

Adobe Sensei を搭載 - 素晴らしいスライドショーやコラージュが自動的に作成されます、

起動時に、自動生成された写真とビデオのコラージュやスライドショーが、ホーム画面に作成されます。?イージングを開いて編集し、保存することができ、お気に入りの一瞬ソーシャルメディアサイトの自動作成を共有できます。

Elements Organizer は、誕生日や休暇などの思い出深いイベントに焦点を当てた作品を自動作成します。自動作成は、Adobe Sensei AI テクノロジを採用しており、フォトコラージュ、スライドショー、ビデオコラージュ、およびスナップモーメントを作成できます。

詳細については、自動作成されたフォトコラージュやスライドショーなどの表示と共有を参照してください。

auto_creations

HEVC および HEIF ファイルのサポート

macOS10.13 以降で、HEVC および HEIF ファイルを読み込めるようになりました。

Elements Organizer では、次のコーデックの写真とビデオの読み込みをサポートしています。

  • ビデオ用の High Efficiency Video Coding (HEVC)
  • 画像用の High Efficiency Image Format (HEIF)

iOS 11 以降のバージョンで動作する iOS デバイスは、これらのコーデックを使用してビデオファイルと画像ファイルをキャプチャします。

ハードウェアアクセラレーションによる HEVC デコードは、macOS 10.13 の MacBook Pro および iMac Pro マシンでサポートされています。ハードウェアデコードアクセラレーションは、ハードウェアでサポートされている場合、Mac のデフォルトオプションとして自動的に選択されます。

サポートされるすべてのビデオファイル形式のリストは、サポートされるビデオファイル形式を参照してください。

パフォーマンス強化

Elements Organizer での作業が以前よりも簡単かつ迅速になりました。

Elements Organizer 2019 では、次のようなパフォーマンスの向上が実現されています。

  • 起動: Elements ホーム画面からの起動のパフォーマンスが向上しました。 Elements Organizer の起動と実行が以前のバージョンよりも高速化しました。
  • 単一画像ビューのスクロール: スクロールをスムーズに行い、大きなカタログの場合でも、画像とビデオのサムネイルをすばやく表示できます。
  • 人物ビューでの顔のマーキング: 大きなカタログの場合でも、人物ビューの写真内の顔を以前より速くマーキングできます。
easy_organization

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー