Adobe Elements Organizer でデジタルカメラやカードリーダーからメディアを読み込むには、次の手順に従います。

カメラまたはカードリーダーから」オプションを使用することで、メディアファイルをカメラやカードリーダーから読み込むことができます。この方法を選択すると、Adobe フォトダウンローダーが開きます。この方法では、読み込みながらメディアファイルを整理できます。

サポートされているメディアファイルについて詳しくは、サポートされているメディアファイルの種類を参照してください。

注意:

カメラやカードをシステムで使用するためにドライバーが必要な場合は、メディアファイルの読み込みを始める前にドライバーをインストールしてください。

デジタルカメラまたはカードリーダーからのメディアファイルの取り込み

  1. カメラまたはカードリーダーをコンピューターに接続します(必要に応じて、使用デバイスのマニュアルを参照してください)。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 読み込みカメラまたはカードリーダーからを選択します。
    • ファイル写真とビデオの取り込みカメラまたはカードリーダーからを選択します。
    • Windows では Ctrl + G キーを、Mac OS では Command + G キーを押します。
    Import-files-from-cameras-and-card-readers
    読み込みのドロップダウンオプション(Windows OS)

    注意:

    スキャナーから」オプションは、Mac OS では使用できません。

  3. Adobe フォトダウンローダーダイアログボックスの「ソース」で、「写真を取り込む」ドロップダウンリストを使用してメディアファイルの読み込み元を選択します。

    注意:

    使用できるカメラやカードリーダーのリストを更新するには、ドロップダウンリストから「リストを更新」オプションを選択します。

  4. 取り込み設定」エリアで、次のオプションを設定します。

    保存先

    メディアファイルのダウンロード先フォルダーを指定します。別の場所を指定するには、「参照」(Windows)/「選択」(Mac OS)をクリックし、フォルダーを選択します。または、「新規フォルダー」をクリックし、フォルダーを作成して名前を付けます。

    サブフォルダーを作成

    ポップアップメニューから選択した命名方法でサブフォルダーを作成します。「カスタム名」を選択した場合は、ボックスにサブフォルダー名を入力します。

    説明:(Windows のみ)キーボードショートカットを使用してサブフォルダーを作成(Alt + C キー)したりファイルの名前を変更(Alt + R キー)したりする場合は、スペースバーを押してメニューを展開します。矢印キーを使用して、オプションを選択します。

    ファイル名を変更

    ポップアップメニューから選択した命名方法を使用して、ファイル名を変更します。カスタム名を指定する場合、基本のファイル名と、メディアファイルのファイル名の連番に割り振る最初の番号を入力します。

    注意:

    入力した名前が存在している場合は、コピーした画像のファイル名の末尾に「-1」または該当するその他の番号が付けられます。

    現在のファイル名を XMP で保持

    現在のファイル名を、メディアファイルのメタデータに保存されるファイル名として使用します。

    削除オプション

    コピー完了後にカメラまたはカード内のメディアファイルをそのまま保持するか、確認してから削除するか、コピーしたら直ちに削除するかを選択します。ファイルを自動的に削除すると、カメラでメディアファイルを削除する手間を省くことができます。Elements Organizer に読み込まれていないメディアファイルはデバイスから削除されません。

    自動ダウンロード(Windows のみ)

    次回、Windows 自動再生ダイアログボックスで Elements Organizer を選択したときに、メディアファイルが即座に取り込まれます。このオプションでは、カメラまたはカードリーダーの環境設定で指定した自動ダウンロードの値が使用されます。

    注意:

    このオプションは、Windows アプリストア版の Elements Organizer では使用できません。

  5. さらに詳細なダウンロードオプションを設定するには、「詳細設定」ボタンをクリックします。

  6. 取り込み」をクリックします。

    メディアファイルがハードディスクにコピーされます。コピーしたメディアファイルにキーワードメタデータが含まれている場合は、写真に添付されているキーワードタグを取り込みダイアログボックスが表示され、タグをコピーするかどうかを指定できます。詳しくは、メディアのタグ付けを参照してください。

  7. ファイルを正常にコピーしましたダイアログボックスで、「OK」をクリックします。メディアブラウザーに新しいファイルのみを表示するよう選択することができます。

注意:

ここで指定した設定は後で変更できます。Elements Organizer で、Windows の場合、編集環境設定カメラまたはカードリーダーを選択します。Mac OS の場合、Adobe Elements Organizer環境設定カメラまたはカードリーダーを選択します。

写真ダウンロードオプションの詳細設定の指定

Adobe フォトダウンローダーの詳細設定ダイアログボックスには、標準ダイアログボックスのすべてのオプションと、その他のオプションがあります。例えば、デバイスに保存されたすべてのメディアファイルを表示したり、取り込む前のビデオをプレビューしたりできます。著作権情報のメタデータを追加したり、取り込んだ写真のアルバムを指定したり、画像の取り込み時に赤目を自動修正したりすることもできます。このダイアログボックスで指定した設定は、初期化しない限り、保持されます。

  1. Adobe フォトダウンローダーの標準ダイアログボックスで、「詳細設定」をクリックします。

    デバイスに格納されたファイルのサムネール画像が表示されます。

  2. 種類の異なるファイルの表示/非表示を切り替えるには、画像ボタン 、ビデオボタン 、またはオーディオボタン をクリックします。デバイス内に重複ファイルが存在する場合は、複製ボタンも使用可能になります。

    注意:

    重複ファイルとは、Elements Organizer 内に既に存在するファイル、またはハードディスクに既にコピーされたファイルです。重複ファイルをダウンロードすると、それらのファイルはハードドライブにコピーされますが、Elements Organizer には追加されません。

  3. メディアファイル(写真またはビデオ)を選択すると、次のいずれかの操作によりダウンロードされます。

    • メディアファイルを個別に選択するには、各サムネールの下にあるボックスをクリックします。
    • 複数のメディアファイルを選択するには、サムネールを囲むように長方形をドラッグします。次に、右クリック(Windows)/Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「選択した写真をチェック」をクリックします。または、選択したいずれかのメディアファイルの下にあるボックスをクリックすると、すべてがオンになります。
    • すべてのメディアファイルを選択するには、「すべてをチェック」をクリックします。すべての画像の選択を解除するには、「すべてのチェックをはずす」をクリックします。
  4. (オプション)1 つまたは複数のメディアファイルを回転するには、(チェックボックスではなく)メディアファイルをクリックして選択します。左に回転ボタン または右に回転ボタン をクリックします。

  5. 保存オプション」セクションで、次のいずれかを選択します。

    • メディアファイルをコピーするには、コピー先を指定します。別の場所を指定するには、「参照」(Windows)/「選択」(Mac OS)をクリックし、フォルダーを選択します。

    注意:

    標準ダイアログボックスに切り替えると、カスタムグループ設定は失われます。

    • サブフォルダーを作成メニューから、サブフォルダー命名のオプションを選択します。

    サブフォルダーを作成」ドロップダウンの「カスタムグループ(詳細)」オプションを指定すると、「グループ名」ボックスで選択したグループ名形式でサブフォルダーが作成されます。グループ名をキーワードタグとして使用すると、カテゴリ内で写真を検索および区別するのに役立ちます。

    • 読み込み時にメディアファイルの名前を変更するには、ファイル名を変更ドロップダウンから命名規則を選択します。ドロップダウンの「名前の変更の詳細」オプションで、条件に基づいてファイルの名前を変更できます。カスタム名を指定する場合、基本のファイル名と、メディアファイルのファイル名の連番に割り振る最初の番号を入力します。

    注意:

    入力した名前が存在している場合は、コピーした画像のファイル名の末尾に「-1」または該当するその他の番号が付けられます。

  6. 詳細オプション」セクションで、次のいずれかを選択します。

    自動赤目修正

    選択したすべての写真に、自動赤目修正コマンドが適用されます。

    注意:

    複数の画像ファイルに対して自動で赤目除去を実行させると、写真の読み込みにかかる時間が長くなります。

    自動的に写真をスタック

    選択した写真が、見た目の類似性に基づいて類推される写真スタックに配置されます。

    注意:

    カメラ、カードリーダーまたは携帯電話からメディアファイルをダウンロードしているとき、読み込み処理中にメディアファイルを写真のスタックに整理することをお勧めします。

    Raw と JPEG の自動スタック

    同じ画像の RAW ファイルと JPEG ファイルを自動でまとめてスタックします。

    アルバムへ読み込み

    写真を読み込む先のアルバムを指定または作成できます。アルバムを選択または作成するには、「設定」をクリックし、「OK」をクリックします。

    注意:

    フォトダウンローダーセッション(1 回)につき、読み込み先とするアルバムは 1 つに限られます。ただし、必要に応じて既存のアルバムにファイルを追加できます。

    詳細オプション」セクションの下のメニューから、写真をコピーした後に Elements Organizer でおこなう処理を指定するオプションを選択します。元のファイルのみを残すか、正常に読み込まれたことを確認して元のファイルを削除するか、元のファイルを即座に削除するかを選択します。

  7. メタデータを追加するには、使用するテンプレートを選択し、次のフィールドに値を入力します。

    作成者

    ファイルの作成者を指定します。このフィールドに入力された情報は、ファイルに含まれる作成者メタデータに追加されます。

    Copyright

    日付、および写真を保護するための情報を指定します。このフィールドに入力された情報は、ファイルに含まれる著作権情報のメタデータ内に既に存在するデータをすべて上書きします。

  8. (オプション)Windows で、デバイスが接続されたときに Elements Organizer でメディアファイルを自動でダウンロードするには、「自動ダウンロード」を選択します。自動ダウンロードオプションは、カメラまたはカードリーダー環境設定で設定します。

  9. 「取り込み」をクリックします。

カメラおよびカードリーダーの環境設定

Elements Organizer では、デバイスの環境設定をおこなうことができます。環境設定は、ユーザーが変更するまで変更されません。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • Windows では、編集環境設定カメラまたはカードリーダーを選択します。
    • Mac OS では、Adobe Elements Organizer環境設定カメラまたはカードリーダーを選択します。
  2. ファイル固有の取り込みオプションを設定します。

    ファイル保存先

    ファイルをハードディスクにコピーするかどうかを指定します。別の保存先を指定するには、「参照」ボタンをクリックします。

    自動赤目修正

    ファイルをダウンロードしながら赤目修正をおこないます。

    自動的に写真をスタック

    類似性と日付に応じて、写真スタックを提示させます。

    JPEG と RAW の自動スタック

    Adobe フォトダウンローダーを使用してメディアファイルをカメラ/カードリーダーから取り込んだときに、JPEG ファイルや RAW ファイルをスタックします。

  3. (Windows のみ)特定の周辺機器のオプションを設定するには、デバイスプロファイルを選択し、「編集」をクリックします。

    表示されるメニューからダウンロードオプションを選択し、「OK」をクリックします。

    このリストからデバイスを削除するには、該当デバイスを選択し、「削除」をクリックします。

    注意:

    このオプションは、Windows アプリストア版の Elements Organizer では使用できません。

  4. (Windows のみ)自動ダウンロードの初期設定値を指定するには、次のいずれかのオプションを設定します。

    ダウンロードを開始

    デバイスが接続されてからダウンロードが開始されるまでの時間を指定します。

    サブフォルダーを作成

    異なる日付に撮影されたメディアファイルを含むフォルダーの分離および命名の方法を指定します。

    削除オプション

    写真をハードディスクにコピーした後、カメラから元のメディアファイルを削除するかどうか、またどのように削除するかを指定します。

    新しいファイルのみコピー(読み込み済みのファイルを無視)

    既にハードディスクにあるファイルを無視します。

    注意:

    • 設定を変更する場合やメディアファイルの取り込みに問題がある場合には、「初期設定値に戻す」をクリックすると最初の環境設定を復元できます。
    • これらのオプションは、Windows アプリストア版の Elements Organizer では使用できません。

携帯電話からの読み込み

カメラが内蔵されている携帯電話を使用している場合、機種によってはメディアファイルをカタログに取り込むことができます。携帯電話でメディアファイルを保存するときは、カタログに取り込むことができるファイル形式で保存する必要があります。携帯電話で使用されているファイル形式を正確に確認するには、携帯電話付属の説明書を参照してください。

リムーバブルフラッシュまたはメモリカードにメディアファイルを保存する携帯電話の場合、Adobe フォトダウンローダーを使用してメディアファイルを Elements Organizer に読み込みます。携帯電話での写真の保存方法については、携帯電話付属の説明書を参照してください。

携帯電話からカタログに写真を取り込むには、次のいずれかの方法を使用します。

直接接続 リムーバブルフラッシュまたはメモリカードにメディアファイルを保存する携帯電話では、Adobe フォトダウンローダーを使用すると、携帯電話から Elements Organizer にメディアファイルを直接読み込むことができます。ファイル写真とビデオの取り込みカメラまたはカードリーダーからをクリックします。携帯電話での写真の保存形態について詳しくは、携帯電話に付属の説明書を参照してください。

ケーブルまたはワイヤレス転送 ケーブル転送またはワイヤレス転送を使用して画像をコンピューターのハードディスクに転送できます。ケーブルまたはワイヤレスでファイルを転送する方法について詳しくは、携帯電話に付属の説明書を参照してください。コンピューターに写真を転送したら、ファイル写真とビデオの取り込みファイルやフォルダーからをクリックして、メディアファイルを取り込みます。

注意:

  • Mac OS の場合、ダウンローダーは自動起動されません。
  • Elements Organizer では、Mac OS 10.11.x 上の一部のデバイスを認識しません。この問題の解決策については、Elements Organizer が一部のデバイスを認識しない | Mac OS 10.11.x を参照してください。
  • 携帯電話の機種によっては、上記の方法ではコンピューターへのメディアファイルの取り込みができない場合もあります。使用できるオプションについては、携帯電話メーカーに問い合わせるか、携帯電話に付属の説明書を参照してください。また、最新情報については、Adobe の Web サイトを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー