Elements Organizer 2018 でカタログをバックアップまたは復元する方法を説明します。

システムのクラッシュや、別のコンピューターに乗り換える場合に備えて、カタログをバックアップしてデータを保護することをお勧めします。また、オペレーティングシステムのアップグレード前にもカタログをバックアップすることをお勧めします。コンピューターの空きスペースは、ほとんど使用しないメディアファイルをコンピューターの別のドライブや共有ネットワークに移動することでも作れます。Elements Organizer では、カタログの完全バックアップと差分バックアップをおこなうことができます。バックアップのファイル名は Backup.tly です。

完全バックアップでは、カタログ内のすべてのメディアファイルが一度にバックアップされます。カタログを初めてバックアップする場合は、完全バックアップを作成する必要があります。

差分バックアップでは、前回作成されたバックアップから変更または新規追加されたメディアファイルがバックアップされます。差分バックアップをおこなう場合は、メディアに最新の完全バックアップが含まれていることを確認してください。

注意:

この記事では、Elements Organizer 2018 でカタログをバックアップおよび復元する手順を説明します。Elements Organizer 15 以前の対応する記事については、こちらを参照してください。

カタログのバックアップ

  1. 複数のカタログがある場合は、バックアップするカタログを開きます。カタログの開き方について詳しくは、カタログを開くを参照してください。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • ファイルカタログのバックアップを選択します。
    • Ctrl + B キー(Windows)または Command + B キー(Mac OS)を押します。
  3. バックアップの作成前に見つからないファイルを確認ダイアログボックスが表示されたら、次のいずれかの操作を行います。

    • 再リンク」をクリックして、見つからないファイルを確認します。「再リンク」をクリックして、見つからないファイルがあった場合は、見つからないファイルを再リンクダイアログボックスが表示され、そのファイルに再リンクするように促されます。見つからないファイルの再リンクについて詳しくは、カタログ内で見つからないファイルを再リンクを参照してください。

    • 続行」をクリックすると、バックアップファイルの作成が続行します。復元手順が自動的に実行されます。

    注意:

    再リンクされないアイテムがあってもバックアップを継続することを選択した場合、このバックアップを復元すると、再リンクされていないアイテムを持つカタログが作成されます。

  4. バックアップウィザードのステップ 1 で、次のオプションのいずれかを選択し、「次へ」をクリックします。

    完全バックアップ

    カタログ全体と、写真ファイル、ビデオファイル、オーディオクリップ、プロジェクト、その他の関連ファイルすべてのコピーが作成されます。ファイルのバックアップを初めて作成する場合は、このオプションを選択してください。

    差分バックアップ

    カタログのコピーと、前回の完全または差分バックアップ以降に新規作成または変更されたすべてのメディアファイル、プロジェクト、その他の関連ファイルのコピーが作成されます。

    Step 1 Backup
  5. バックアップウィザードのステップ 2 で、次のオプションを設定します。

    • 「保存先ドライブを選択」のリストから、バックアップの保存先となる場所(ハードディスクまたはリムーバブルメディア)を選択します。
    • 「オプション」セクションで、「バックアップ先パス名」を選択します。 

    • 差分バックアップの作成では、以前作成したバックアップファイルをもとに、最後に作成されたバックアップからの変更部分が調べられます。「参照」をクリックして、以前作成したバックアップファイルを選択します。

    backup catalog
  6. バックアップに必要なサイズと必要な時間の推定が計算されたら、「バックアップを保存」をクリックします。

カタログの復元

バックアップ済みのカタログを復元すると、バックアップカタログのコンテンツがコンピューター上に再度作成されます。カタログからの復元は、特に、失われたファイルを取得したり、コンピューター間でファイルを移動する場合に役立ちます。

例えば、「バックアップ」コマンドを使用して、リムーバブルドライブにメディアファイルをコピーします。次に、「復元」コマンドを使用して、ファイルを他のコンピューターに配置します。

注意:

CD/DVD を使用した復元は、Mac OS ではサポートされていません。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • CD/DVD やメモリカードなどのリムーバブルメディアにバックアップした場合は、コンピューターにメディアを挿入します。

    • 外部ハードディスクにバックアップした場合は、そのハードディスクがコンピューターに接続されていることを確認します。

  2. ファイルカタログを復元を選択します。

  3. 「復元するバックアップの場所」で、復元するファイルが保存されている場所を指定します。

    • バックアップファイルが CD/DVD に保存されている場合は、「CD/DVD」を選択します。

    • バックアップファイルがコンピューターのハードディスクや他のリムーバブルメディアに保存されている場合は、「ハードディスク/その他のボリューム」を選択します。「参照」をクリックして、バックアップファイルの場所を指定します。
    Restore backup
  4. ファイルとカタログの復元先」セクションの「参照」をクリックし、カタログの復元先となる場所を指定します。

  5. (オプション)元のフォルダー構造を復元」を選択すると、復元においてカタログ、写真、ビデオファイル、プロジェクト、オーディオクリップの含まれたフォルダーやサブフォルダーの階層が保持されます。

  6. 復元」をクリックします。

コンピューター間でのカタログの復元

あるコンピューターに存在するカタログを別のコンピューターに復元できます。次のいずれかの操作を行います。

  1. いずれかのコンピューターでバックアップを作成します。

  2. 作成したバックアップをリムーバブルドライブに保存します。

  3. リムーバブルドライブを別のコンピューターに接続します。

  4. バックアップファイルを復元します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー