エンコーディングのクイックスタート

ビデオアイテムまたはオーディオアイテムをエンコードするには、アイテムを Adobe Media Encoder のエンコードキューに追加し、エンコードプリセットまたはカスタム設定を選択します。アイテムをキューに追加した後にエンコードを開始するよう指定すること、またはユーザーがアプリケーションに開始を指示するまでエンコードを待機するよう指定することができます。

エンコードキューへのアイテムの追加 - ビデオファイルまたはオーディオファイルを Adobe Media Encoder にドラッグします。詳細は、アイテムのエンコードキューへの追加と管理を参照してください。

プリセットを使用したアイテムのエンコード - キューに含まれているアイテムについて、形式ポップアップメニューおよびプリセットポップアップメニューを使用して、形式とプリセットを選択します。詳細は、プリセットを使用したエンコードを参照してください。

カスタム設定を使用したアイテムのエンコード - アイテムを選択し、編集/書き出し設定を選択して、設定を選択します。詳細は、カスタム設定を使用したエンコードを参照してください。

エンコードの開始 - 「キューを開始」ボタンをクリックします。

キューに追加されているアイテムのエンコーディングを自動的に開始する(またはこの機能をオフにする)には、環境設定ダイアログボックスの「次の時間アイドルだった場合にキューを自動的に開始」チェックボックスをオンまたはオフにします。詳しくは、環境設定の記事を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン