この文書では、Photoshop Elements でカラー写真をモノクロに変換する方法を説明します。

今風の写真もモノクロにすると違う雰囲気になりますよね。設定には 3 通りの方法があり、それぞれが少しずつ違った仕上がりになります。とても簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください!

注意:

以下の手順は、Photoshop Elements を起動して編集するファイルを開いている前提で説明しています。

白黒効果を適用する

クイック編集モードの効果パネルには白黒効果があり、クリックひとつで簡単に画像をモノクロにできます。

画面右下の「効果」をクリックして効果パネルを表示し、「白黒」効果のプレビュー画像をクリックします。白黒効果の中にはさまざまな種類があるので、それぞれクリックして違いを確認してみましょう。

※ 元に戻す場合は効果パネルの右上にある「調整をリセット」をクリックします。

以上で、効果パネルの白黒効果を適用する手順は完了です。

カラーモードの変更(グレースケール)

グレースケールとは写真が持っているカラーの情報を破棄して、黒色・灰色・白色の情報に置き換えることです。

  1. イメージ/モード/グレースケール を選択します。

  2. 「カラー情報を破棄しますか?」とメッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。

    以上で、カラーモードの変更によるモノクロ変換手順は完了です。

モノクロバリエーション

モノクロバリエーションは、調整画面で補正後のモノクロ加減を調整できます。

  1. 画質調整/モノクロバリエーション を選択します。

  2. モノクロバリエーション ダイアログボックスが表示されます。

    画面左下の「スタイルを選択」セクションでは、以下の 6 種類のモノクロのスタイルが用意されています。

    任意のスタイルを選択します。

    画面右下の「適用量の調整」セクションで、それぞれのスライダーを動かしてより細かい調整が可能です。マイナスに近づくほどより暗く(黒く)なり、プラスに近づくほどより明るく(白く)なります。

    注意:

    以下は、コントラストは変えずにそれぞれレッド、グリーン、ブルーを暗く、それ以外を明るくした比較画像(上段)と、レッド、グリーン、ブルーは変えずにコントラストのみを比較した画像(下段)です。

    以上で、モノクロバリエーションによるモノクロ変換手順は完了です。

追加情報(Additional Information)

グレースケールの注意点

グレースケールに変換すると画像の持つカラー情報が失われます。そのため後からカラーのテキストやイラストを重ねても、モノクロに変換されてしまいます。一方、白黒効果やモノクロバリエーションは画像のカラー情報が失われないため、後からカラーのテキストやイラストを重ねても、モノクロには変換されません。

また選択ツールを応用して、選択した範囲だけモノクロにすることもできます。

写真をモノクロに変換できましたか?

同じモノクロでも色味はさまざまなので、イメージに近づく方法でどんどん作ってみてください!

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー