この文書は、Premiere Elements 2.0 の基本的な使用方法に関するヒント集です。

ビデオカメラで撮影した写真を Premiere Elements 2.0 に取り込む方法や、編集、演出を加えて DVD などに保存する方法を分かりやすく紹介しています。

 

 

キャプチャと読み込み

ムービー編集

オーディオ (音楽) 編集

エフェクトとトランジション

タイトル編集

DVD 作成

便利な機能

 キャプチャと読み込み

[基本操作] Premiere Elements でキャプチャ/編集する前に

Premiere Elements 2.0 でデジタルビデオカメラで撮影した映像をキャプチャ / 編集する前に、確認しておくべきことや、注意事項について説明します。

 

 

[基本操作] デジタルビデオカメラで撮った映像を取り込む (キャプチャ)

Premiere Elements 2.0 でプロジェクトを作成し、デジタルビデオカメラで撮影した映像を取り込む方法について解説します。

 

 

[基本操作] DVD や、デジタルカメラ、携帯電話から映像を取り込む (キャプチャ)

メディアダウンローダを使えば、DVD ビデオカメラや携帯電話から、または DVD やメモリーカードなどのメディアから動画ファイルを読み込むことが可能です。ここでは、DVD から動画ファイルを取り込む方法を紹介します。

 

 

[基本操作] 一部のシーンだけを取り込む (キャプチャ)

Premiere Elements 2.0 で既存のプロジェクトを開き、デジタルビデオカメラで撮影した一部のシーンだけを取り込む方法について解説します。

 

 

[基本操作] 写真や音楽ファイルを読み込む

プロジェクトでデジタルカメラで撮影した写真や、音楽ファイル使用する場合は、[メディア] パネルにファイルを追加する必要があります。ここでは、[メディア] パネルにファイルを読み込む方法について解説します。

 

 

 

[基本操作] フォルダを作成して読み込んだ素材を整理する

プロジェクト内の [メディア] パネルにフォルダを作成し、読み込んだ写真や音楽ファイルなどの素材を整理する方法について解説します。

 

↑top

 ムービー編集

 

[基本操作] 不要なシーンをカットする (クリップのトリミング)

[タイムライン] パネルで不要なシーンを削除する方法について解説します。

はじめに前後の余分フレームをカットし、次に、[レーザーツール] でカットごとにフレームを削除していきます。

フレーム単位で削除を行うには [クリップを削除ツール] を使うと便利です。

 

 

[基本操作] 編集内容を元に戻す (ヒストリーパレット)

作業中に間違った操作をしてしまったり、編集した内容を元に戻したいときは、[ヒストリー] パレットを使用して、編集前の状態に戻すことができます。

 

 

[基本操作] クリップのコピー、ペースト、移動、削除

タイムライン上のビデオクリップはコピー、ペースト、移動、削除が可能です。[タイムライン] パネルで、これらの操作を行う方法について解説します。

 

 

[基本操作] クリップ間のスペースを削除する

クリップの間にある空白部分 (スペース) は、[削除し間隔を詰める] 機能、または、キーボードの [BackSpace] キーを使用して簡単に削除できます。

 

 

[基本操作] クリップの一部を別のクリップで置き換えるには (クリップのオーバーレイ)

タイムライン上のビデオクリップの一部を、別のクリップで置き換えることができます。この操作をオーバーレイといいます。

オーバーレイすると、既存のフレームの一部が新たなクリップで置き換えられます。

 

 

[基本操作] ムービーに静止画を挿入する

素材として [メディア] パネルに読み込んだ写真やイラストなどの静止画を、ムービーに挿入する方法について解説します。

 

 

[基本操作] 静止画の表示時間を設定する (デュレーション)

追加した写真やイラストなどの静止画のデュレーション (表示時間) を変更することができます。

デュレーションは、初期値を変更することもできるほか、[タイムライン] パネルでドラッグして変更することもできます。

 

 

[基本操作] 編集したムービーをプレビューして確認する

[モニタ] パネルで、ムービーの全体または一部を簡単にプレビューすることができます。

 

 

↑top

 オーディオ (音楽) 編集

 

[基本操作] 音 (オーディオ) を削除する

キャプチャしたビデオクリップに入っている音だけを削除する方法について解説します。

 

 

[基本操作] バックミュージックを追加する

ムービーにバックミュージックを挿入する方法について解説します。

 

 

[基本操作] 音量を調節する

挿入したバックミュージックなどの音量を調節する方法について解説します。音量はオーディオクリップのボリュームグラフをドラッグするだけで簡単に調節することができます。

 

 

[基本操作] バックミュージックをフェードアウトする

オーディオトランジションを適用して、バックミュージックをフェードアウトする方法について解説します。

 

 

 

↑top

 エフェクトとトランジション

 

[基本操作] ムービーをフェードアウトする

ムービーの終わりをフェードアウトさせる方法について解説します。

 

 

[基本操作] クリップ間へのトランジションの配置 (両側トランジション)

トランジションを使用することで、クリップの切り替えに動きのある効果をつけることができます。トランジションの動作はクリップに適用する前にサムネールのアニメーションで確認することが可能です。Premiere Elements には、ページピールやスピンなどのさまざまなトランジションが用意されています。

 

 

[基本操作] ムービーに特殊効果を設定しよう (エフェクト)

Premiere Elements には、70 種類以上のビデオエフェクトと、17 種類のオーディオエフェクトが用意されています。

エフェクトの概要および、使い方について解説します。

 

 

[基本操作] ムービーの中に別のムービーや静止画を配置するには (ピクチャーインピクチャー)

ムービーの中に別枠で、他のムービーや静止画を配置することができます。複数の別枠を表示させたり、位置やサイズを変更することも可能です。

 

 

[基本操作] クリップに動きを加えよう (キーフレームでモーションを設定する)

キーフレームを使用すると、移動や回転、拡大・縮小などを、タイムラインに沿って設定することができます。

ここではモーションのオプションをキーフレームに設定し、回転しながら移動するアニメーションを作成します。

 

 

 

↑top

 タイトル編集

 

[基本操作] タイトルを追加する

ムービーにタイトルを追加する方法について解説します。

Premiere Elements には、イベントや旅行などビデオに最適なさまざまなタイトルのテンプレートが用意されています。

 

 

[基本操作] タイトルのフォントや属性の変更

ムービーに追加したタイトルのフォントや属性、サイズ、配置などを [タイトル] パネルで変更する方法について解説します。

 

 

[基本操作] タイトルにスタイルを設定する

[タイトル] パネルで、 ムービーに追加したタイトルにスタイルを設定する方法について解説します。

オリジナルのスタイルを作成し、登録することもできます。

 

 

[基本操作] 流れるタイトルを作成する (ロール/クロール)

縦に流れるタイトル (ロールタイトル) や、横に流れるタイトル (クロールタイトル) を作成することができます。タイトルの編集画面にはタイムライン上のビデオが表示されるので、クリップにタイトルを重ねた状態を確認しながら作成することが可能です。

 

 

 

↑top

 DVD 作成

 

[基本操作] メインメニューマーカーを設定する

メインメニューマーカーは DVD マーカーのひとつです。

メインメニューのボタンをクリックした時に、表示させたい位置に、メインメニューマーカーを設定します。

 

 

[基本操作] シーンマーカーを自動設定する

シーンメニューマーカーは DVD マーカーのひとつです。

シーンマーカーは、[DVD マーカーを自動生成] 機能を使用し、自動的に設定することができます。

 

 

[基本操作] DVD マーカーを手動設定する

DVD マーカーは、メインメニューマーカー、シーンマーカー、ストップマーカーの 3 種類があります。それぞれ手動で配置し、設定したり、混在させることができます。

 

 

[基本操作] DVD マーカーの名前の変更、種類の変更、サムネールの選択

DVD マーカーは、 配置した後でも、名前や種類、サムネールを変更することができます。マーカー名は、メインメニューやシーンサブメニューのボタン名に使用されます。

 

 

 

[基本操作] DVD のメニューを作る

付属のテンプレートを使用し、簡単に DVD のメニューを作成することができます。テンプレートのメニューボタンは、あらかじめ設定しておいた DVD マーカー に自動的にリンクされます。テンプレートを選択した後に DVD マーカーを追加したり編集しても、自動的に調整されます。

 

 

[基本操作] 動きのあるDVD のメニューを作る

DVD メニューの背景をビデオに置き換えたり、メニューのボタンにビデオを表示させて、動きのあるメニューを作成することができます。

 

 

[基本操作] オリジナルのDVD のメニューを作る

Photoshop Elements 4.0 を使えばオリジナルの DVD メニューを作成することが出来ます。作成したDVD メニューは、Premiere Elements 2.0 の DVD テンプレートとして使うことができます。

 

 

[基本操作] DVD にする前にプレビューして確認する

[DVD をプレビュー] ウィンドウで、作成したビデオを DVD に書き込む前にプレビューして確認することができます。モーションメニューボタンの動作や、DVD プレイヤーのリモコンでの操作をシュミレーションして確認することが可能です。

 

 

[基本操作] DVD に書き込む

作成したビデオを、DVD に書き込む方法について解説します。Premiere Elements 2.0 では、DVD-R、DVD+R、DVD-R DL、DVD+R DL、DVD-RW、DVD+RW のディスクに書き込むことができます。

 

 

 

↑top

 便利な機能

 

[基本操作] Photoshop Elements から直接画像を取り込む

Photoshop Elements の [写真整理モード] から、ドラッグ & ドロップまたは、コピー & ペーストで、直接画像を [メディア] ウィンドウに取り込むことができます。

 

 

[基本操作] Photoshop Elements を呼び出して素材を作成しよう

Premiere Elements から、Photoshop Elements を呼び出して、ムービーで使用する素材 (静止画) を作成することができます。

 

 

[基本操作] フレームを写真 (静止画) として書き出す

[フレームを書き出し] 機能を使用して、Premiere Elements でキャプチャしたビデオクリップの一部を、静止画として書き出すことができます。

 

 

[基本操作] インターネット用にムービーを書き出す

Premiere Elements では、編集したムービーをインターネットでも公開できるように、Windows Media、Quick Time、MPEG 形式で書き出すことができます。

ここでは例として、Windows Media 形式でムービーを書き出す方法について解説します。

 

 

[基本操作] スライドショーを作成しよう

[スライドショーを作成] 機能を使用し、静止画やビデオクリップから簡単にスライドショーを作成することができます。

 

 

[基本操作] プロジェクトのバックアップを保存しよう

プロジェクトコピー機能を使用すると、タイムラインで使用したすべてのデータを編集可能な形式で保存することができます。また、使用しているデータだけをバックアップとして保存し、データを小さくすることも可能です。

 

 

↑top

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー