Adobe Premiere Elements では、ワイドスクリーンモニタの 16:9 の縦横比で、ビデオを簡単にキャプチャしたり、編集や書き出しを行うことができます。 

ワイドスクリーンとは

ワイドスクリーンとは、従来のテレビ画面サイズよりも横長で、画面比が 16:9 のサイズです。従来型テレビの縦横比は 4:3 で、ワイドテレビやハイビジョンテレビでは、16:9 の縦横比が使用されています。また、現在、大多数の映画はワイドスクリーンで製作されており、16:9 よりもさらに幅が広い縦横比を使用して撮影されます。ビデオカメラによっては、さまざまなフレーム縦横比で録画することができ、ワイドスクリーンモードのあるビデオカメラは、この縦横比を使用して録画することができます。 

4514_001

読み込み

キャプチャするビデオ素材がワイドスクリーン用のピクセル縦横比の場合、プロジェクトを新規作成する際にあらかじめプリセットを設定する必要があります。プロジェクトを作成した後でプリセットを変更することはできないため、作業を開始する前にソースクリップの形式を確認してください。ワイドスクリーンで読み込むには、新規プロジェクト作成時に「設定を変更」 をクリックし、使用可能なプリセットからワイドスクリーンに一致したプリセットを選択します。

4514_02

縦横比の調整手段

ビデオを撮影したときの縦横比と異なるフレーム縦横比を使用しているプロジェクトにクリップを追加する場合は、縦横比の調整方法を指定する必要があります。例えば、フレーム縦横比が 4:3 の標準的なテレビで 16:9 のワイドスクリーン映像を表示する場合は、一般的に以下の 2 種類の方法を使用します。

  • レターボックス

    16:9 のフレームの幅全体を 4:3 のブラックフレームに合わせて配置するテクニックです。このテクニックでは、ワイドスクリーンフレームの上下に黒い帯が表示されます。Premiere Elements では、4:3 の縦横比で設定されたプロジェクトに、16:9 の縦横比で撮影されたビデオ素材を追加すると、自動的にレターボックスで表示されます。
  • パン&スキャン

    16:9 のフレームで選択した範囲のみを 4:3 のフレーム全体に表示します。黒い帯は表示されませんが、ビデオの一部がカットされます。メインアクションを画面の中心部分に配置して、4:3 フレームで表示できるようにします。

Premiere Elements では、4:3 の縦横比のプロジェクトに 16:9 のフッテージを追加すると、自動的にレターボックスで表示されます。  

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー