Adobe Premiere Elements でクリップから不要なシーンを削除する方法について説明します。

A. クリップのトリミングについて

トリミングとは、クリップのインポイントまたはアウトポイントを設定して、表示されるフレームの範囲を指定する操作です。

通常、クリップ全体をムービーで使用することはほとんどなく、インポイントとアウトポイントを設定して、実際にどのフレームを使用したいのか定義するのが一般的です。インポイントは使用するクリップの最初のフレームで、アウトポイントは使用するクリップの最後のフレームです。

インポイントとアウトポイントを設定しても、ムービーに使用したい部分を区別しているだけで、指定した部分以外のフレームがハードディスクから削除されるわけではありません。インポイントとアウトポイントは、インポイントとアウトポイントで指定された範囲内のフレームだけを表示する窓枠のように機能します。必要に応じてインポイントとアウトポイントを移動させて、トリミングされたフレームを元に戻すことができます。

01

B. タイムラインからクリップをトリミングする

  1. タイムラインでクリップを選択します。

    02
  2. トリミングするクリップの端にカーソルを移動すると、カーソルがトリムアイコンに変わります。

    03
  3. 端を目的のフレームまでドラッグすると、トリミングされます。

    04

C. スマートトリミング

スマートトリミングでは、ビデオファイルのピンぼけや手ぶれなど、品質および興味深さの低い不要な部分を効率的に処理できます。

スマートトリミングには、「マニュアル」と「自動」の 2 つのモードがあります。初期設定では「マニュアル」モードに設定されており、トリミングの対象範囲を自分で決定できます。「自動」モードは、Premiere Elements によって自動でトリミングの対象範囲が決定され、ユーザーはそれらを削除するか保持するかを選択できます。

  1. タイムラインに動画を配置します。

  2. 右側の「ツール」アイコンをクリックしてツールパネルを表示し、「ビデオ」タブから「SmartTrim」を選択します。

    05
  3. 「自動解析」が始まり、SmartTrim ウィンドウが開きます。

  4. 「SmartTrim オプション」をクリックします。

    06
  5. SmartTrim オプションダイアログボックスで、スライダーを使用して「品質レベル」と「興味深さ」オプションを指定します。また、トリミングモードを「マニュアル」または「自動」のいずれかを選択し、「保存」をクリックします。

    ここで設定したモードと値により、トリミングの対象範囲が決まります。

    07
  6. Premiere Elements によりクリップが分析され、トリミングが必要なクリップの範囲(青のストライプの領域)がハイライト表示されます。

    • モードが「マニュアル」の場合
      トリミング対象範囲(青のストライプの領域)を右クリックして、トリミングする場合は「トリミング」を選択し、トリミング対象範囲を保持する場合は「保持」を選択します。
    • モードが「自動」の場合
      「保存」をクリックした段階でトリミングが実行されます。
    08
  7. SmartTrim モードを終了するには、「完了」ボタンをクリックします。

    09

D. クリップの中間からのフレームの削除

クリップの中間からフレームを削除したい場合には、不要な範囲の直前でクリップを分割し、2 つのクリップを作成します。次に、2 番目のクリップの先頭から不要な素材をトリミングします。

クリップを分割する方法は、以下の文書を確認してください。

ビデオクリップを分割する方法

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー