内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Premiere Elements で一連の静止画からスライドショーを簡単に作成する方法について説明します。

A. 静止画のデュレーションの初期設定値の変更

静止画を追加する場合は、特定のデュレーションを割り当てることができます。デュレーションとは、タイムラインで静止画が占める時間の長さを表します。追加するすべての静止画に割り当てたいデュレーション を初期設定しておき、後からクイックビュータイムラインやエキスパートビュータイムラインでデュレーションを変更することもできます。

プロジェクトのフレームレートによって、特定の数のフレームが占める時間が決まります。29.97 フレーム/秒(fps)の NTSC プロジェクトに対して 30 フレームを指定すると、各静止画のデュレーションは約 1 秒になります。PAL の場合は、25 フレーム/秒(fps)のプロジェクトに対して 25 フレームを指定すると、クイックビュータイムラインやエキスパートビュータイムラインの各静止画のデュレーションは 1 秒になります。

  1. 編集/環境設定/一般(Windows)、Adobe Premiere Elements 11/環境設定/一般(Mac OS) を選択します。

  2. 「静止画像のデフォルトのデュレーション」で、静止画のデュレーションの初期設定として設定するフレーム数を指定します。

    4674_05

B. スライドショーの作成

スライドショーの作成は、プロジェクトに取り込んだ静止画をシーンラインにドラッグするだけの簡単な操作で行えます。

  1. Premiere Elements を起動し、スタートアップ画面で「ビデオエディター」を選択して「新規プロジェクト」を作成します。

    4674_01
  2. ウィンドウ上部で「クイック」をクリックして、クイック編集モードにします。

    4674_02
  3. ウィンドウ左上の「メディアを追加」をクリックし、「ファイルとフォルダー」を選択します。

    Pre_07
  4. メディアを追加 ウィンドウで静止画の保存先を開き、読み込む静止画ファイルを選択して「開く」ボタンをクリックします。

  5. 静止画がタイムラインに配置されます。

    4674_03
  6. デュレーション(時間の長さ)を変更する場合は、クリップの端にカーソルを合わせてドラッグします。

  7. 静止画と静止画の間にトランジション(切り替え効果)を挿入する場合は、アクションバーから「トランジション」をクリックし、適用するトランジションをクリップにドラッグします。
    ※ エキスパート編集モードに切り替えると、選択できるトランジションが増えます。

    トランジションの調整 ダイアログボックスでデュレーションと配置を設定して「完了」をクリックするとトランジションが挿入されます。

    4674_04

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー