内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Premiere Elements で動画内のフレームから静止画を書き出す(フリーズフレーム)方法について説明します。

フリーズフレームの作成

フリーズフレームは、動画内のフレームから静止画ファイルを作成する機能です。フリーズフレームを使用すれば、動画の一部を簡単に書き出すことができます。

また、Adobe Photoshop Elements があれば、書き出した静止画を簡単に加工したり、ムービー内への再配置も簡単にできます。Photoshop Elements と連携したビデオフレームの補正や画質調整で、より効率的な作業を行うことができます。

  1. Premiere Elements を起動し、既存のプロジェクトを開きます。

  2. タイムラインで、キャプチャするフレームまで時間インジケーターをドラッグします。 時間インジケーターの位置にあるフレームがモニターパネルに表示されます。

    6083_01
  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ツール/フリーズフレーム を選択します。
    • ウィンドウ下部のアクションバーから「ツール」パネルを開き、「フリーズフレーム」を選択します。
    6083_02
  4. フリーズフレーム ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • フレームを静止画ファイルとして書き出すには、「書き出し」をクリックします。フレームを書き出しダイアログボックスで、画像ファイルの名前と場所を指定して「保存」をクリックします。
    • 時間インジケーターの位置にフレームを静止画として直接ムービーにインサートするには、「ムービーにインサート」ボタンをクリックします。
    • Photoshop Elements がインストールされており、Photoshop Elements で静止画を編集する場合は、「挿入後に Photoshop Elements で編集する」を選択します。
    6083_03

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー