Premiere Elements 8 のモーショントラッキング機能を使用すると、ムービーの中で動いている被写体が検出されます。この文書では、モーショントラッキング機能を使用して、クリップアートなどのオブジェクトに動く被写体を追跡させる効果を適用する方法について説明しています。

 

 他のページから移動してきた場合は、ブラウザの [戻る] ボタンをクリックして前のページに戻ることができます。

Premiere Elements 8 を起動して、プロジェクトを開きます。

 詳しくは、[基本操作] プロジェクトを開く/作成する(Premiere Elements 8)を参照してください。

タイムラインでクリップをクリックし  、[モーショントラッキングモード] アイコンをクリックします 

「自動解析を実行して、動くオブジェクトを追跡しますか?」というメッセージが表示されたら [はい] をクリックすると、自動解析の処理が実行されます。

 

解析処理が完了すると、画面全体、および動く被写体の上に黄色い枠が表示されます。

 

 ムービーの途中から動く被写体が登場する場合は、その位置まで時間インジゲータを進めると黄色い枠を確認することができます。

 

タスクパネルの [ムービーの編集] をクリックし  、[クリップアート] をクリックします  。

 

タイムラインの時間インジゲータを動く被写体が登場するシーンまで移動します。

画面上に被写体を追跡する枠が表示されていることを確認し、クリップアートを画面上に直接ドラッグ&ドロップします。ここでは例として「鳥」クリップアートを使用しています。この時、黄色の枠が青く表示されます。

 

タイムラインにクリップアートが追加されます。

以上で操作は完了です。[再生/一時停止] ボタン  をクリックして実際の映像を確認してください。

 ムービーによっては、動く被写体が正しく認識されないことがあります。モーショントラッキング機能が正しく動作する例として、サンプルファイルをタイムラインに配置して動作確認することができます。以下の風船のアニメーションでお試しください。

C:\Program Files\Adobe\Adobe Premiere Elements 8.0\Movie Themes\Event\Brithday Party\balloons.swf

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー