注意:

最新版 Premiere Elements をご利用の場合は、こちら をご覧ください。

Premiere Elements 9 では、ムービーの一部を静止画として書き出すことができます。この文書では、ムービーの一部を JPEG 形式の画像で書き出す方法について説明しています。

 他のページから移動してきた場合は、ブラウザの [戻る] ボタンをクリックして前のページに戻ることができます。

Premiere Elements 9 を起動し、プロジェクトを開きます。

 詳しくは、[基本操作] プロジェクトを作成する/開く(Premiere Elements 9)を参照してください。

モニターパネルで映像を確認しながら時間インジケーターをドラッグし、静止画として書き出す位置に合わせます。

タスクパネルで [書き出し] ワークスペースをクリックし、[コンピューター] をクリックします

[静止画] をクリックし[プリセット][ファイル名][保存先] を指定したら[保存] をクリックします

  • プリセット : 書き出し元ムービーのサイズに合わせて、[JPEG - HD 1920 x 1080]、[JPEG - HD 1440 x 1080]、[JPEG - NTSC SD] のいずれかを選択します。
  • ファイル名 : 保存する静止画のファイル名を指定します。
  • 保存先  : [参照] ボタンをクリックし、静止画ファイルを保存する場所を指定します。

「保存が完了しました。」と表示されたら [完了] をクリックします。

Step 4 で指定した場所にファイルが保存されているか確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー