Premiere Elements では、まず初めにプロジェクトを作り、そこにムービーや写真、音楽を取り込んで編集を行います。

プロジェクトの中でこれらを重ねたり繋げたりして、 そこから最終的なムービーを書き出すという流れになります。

プロジェクトを作ってみよう

  1. デスクトップの [Adobe Premiere Elements <バージョン>] アイコンをダブルクリックします。

    ※ デスクトップにアイコンが無い場合は、以下の手順で起動することもできます。

    • Windows 10
      スタート/Adobe Premiere Elements <バージョン> をクリックします。
    • Windows 8.1
      スタート画面の左下部にある下矢印をクリックし、 アプリの中から [Adobe Premiere Elements <バージョン>] をクリックします。
    • Windows 8
      スタート画面の何もないところで右クリックし、下部に表示される [すべてのアプリ] をクリックします。 アプリの中から [Adobe Premiere Elements <バージョン>] をクリックします。
    • Windows 7
      スタート/すべてのプログラム/Adobe Premiere Elements <バージョン> をクリックします。
    • Mac OS
      移動/アプリケーション をクリックし、 Adobe Premiere Elements <バージョン>フォルダー内の [Adobe Premiere Elements <バージョン>] をダブルクリックします。
  2. プレミアエレメンツを起動して [ビデオの編集] をクリックします。

  3. Premiere Elements が起動し、空のプロジェクトが開きます。 ビデオや写真を取り込んでプロジェクトを作成していきましょう。

  4. [ファイル] メニューから [保存] を選択します。

  5. 表示される プロジェクトを保存 ダイアログボックスで [ファイル名] を入力し 任意の保存場所を選択し、[保存] ボタンを押してファイルを保存します。

作ったプロジェクトを開いてみよう

それでは一旦 Premiere Elements を閉じて、上記手順 1 と同じ方法で Premiere Elements  を起動し直してください。 保存したプロジェクトを開く方法は 2 通りあります。

  • Premiere Elements を起動して [ビデオの編集] の横の▼ボタンをクリックして表示されるプロジェクトを選択します。
  • Premiere Elements が起動した状態で、 [ファイル] メニューの [プロジェクトを開く] をクリックします。

プロジェクトは作れましたか?

さあ、これから撮影した動画や写真を取り込んで、編集の素材を準備しましょう!作成中のプロジェクトを修正したり編集を追加したりして、オリジナルの作品をつくっていけますね。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー