この文書では、Premiere Elements のエキスパート編集画面の機能について説明しています。

Premiere Elements のエキスパート編集画面にあるタイムラインは、クイック編集画面のタイムラインより多くのトラックがあり、クリップなどの要素を重ねることができます。映像の透明度や音量などの調整がタイムライン上ででき複雑な演出も可能です。

トラックの種類

トラックには以下の種類があり、ビデオとオーディオに関しては、それぞれトラック数を増やすことができます。

  • ビデオトラック : 静止画や動画の映像、エフェクトなどが入ります。
  • オーディオトラック : 主に動画に収録されている音が入ります。また動画の音を削除し別の音に入れ替えることも可能です。
  • 音声トラック : 音声やサウンドなどが入ります。
  • 音楽トラック : 効果音や音楽などのサウンドが入ります。

トラック上で右クリックすると、トラックの追加や空のトラックの削除、表示サイズを変更することができます。

トラックの追加

トラック上で右クリックして、[トラックの追加] をクリックします。
[トラックの追加] 画面が表示されたら、追加するトラック数を入力して [OK] ボタンをクリックします。

トラックの表示/非表示

キーフレームの追加/削除

トラックが表示されている状態で、クリップにキーフレームを追加すると映像の透明度やサウンドの音量を調整することができます。

キーフレームを追加したい場合は、クリップを選択し、時間インジケーターをタイムラインの目的の位置に移動します。

トラックのひし形のボタン [キーフレームの追加/削除] をクリックすると、黄色の線上にキーフレームが追加されます。

1つのクリップ上に2つ以上追加すると
フェードイン(徐々に表示/大きくなる)・フェードアウト(徐々に非表示/小さくなる)などの効果に調整できます。

操作ボタン

タイムラインにはマーカーの追加や、プレビューの再生/停止、タイムラインの拡大/縮小などのボタンがあります。

  • マーカー:タイムライン上の時間軸に目印を付ける機能です。
    サウンドの目印としてビートマーカーを使ったり、DVDなどのメニュー用に使ったり、番号を付けて編集に役立つようタイムラインに使ったりとさまざまな使い方ができます。
  • 再生・移動ボタン:プレビュー画面で確認するために行う再生操作や編集場所へのすばやい移動に使います。
  1. 前の編集ポイントへ移動
  2. 次の編集ポイントへ移動
  3. 巻き戻し
  4. 早送り
  5. 前のフレーム
  6. 次のフレーム
  7. 再生/一時停止
  8. フリーズフレーム 
  • 拡大/縮小:タイムラインの表示サイズを調整できます。

エキスパート編集画面のタイムラインについて分かりましたか?
どこにどのような機能があるか改めて理解できると、作業効率もよくなりますね!凝った映像を作りたいときは、このエキスパート編集画面のタイムラインで編集してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー