ここでは、スライドショーを作成する際によく使用される、パン / ズームエフェクトについて説明しています。

スライドショーではクリップの切り替えの際に、フェードイン / フェードアウトやトランジションを使用したり、キーフレームを自身で作成したりする場合が多いかと思います。

Premiere Elements のエフェクトパネルにある、イメージのパン / ズームのエフェクトを使用すると、簡単にクリップを上下左右に移動しながら切り替えを行うことができます。

イメージのパン / ズームエフェクト

イメージのパン / ズームエフェクトは以下の 4 種類あり、それぞれの種類の中にクリップの大きさやズーム倍率ごとにさまざまな種類のエフェクトが用意されています。

  • イメージのズーム横基準
  • イメージのズーム縦基準
  • イメージのパン上下
  • イメージのパン左右

※ エフェクトにカーソルをのせると、エフェクトの説明が表示されます。

パンとズームエフェクトを適用してみよう

パンとズームエフェクトをクリップに適用する方法を説明します。

  1. 画面右側の「fx」(エフェクト)アイコンをクリックし、エフェクトパネルを開きます。

    「ビデオ」タブを選択し、プルダウンリストから「プリセット」を選択します。

  2. プリセットカテゴリには、以下の 4 種類のエフェクトが用意されています。

    • イメージのズーム横基準
    • イメージのズーム縦基準
    • イメージのパン上下
    • イメージのパン左右

    ※ 右側のスクロールバーをドラッグしてすべてのエフェクトを確認できます。

  3. 適用するエフェクトを選択し、タイムライン上のビデオクリップにドラッグ & ドロップします。

    ここでは「イメージのパン-左右」の「1024×768 イメージのパン」を適用します。

  4. 再生して確認します。

パンとズームエフェクトを解除してみよう

  1. エフェクトを解除するクリップを選択します。

  2. 画面右側の fx とペンのアイコン(適用されたエフェクト)をクリックし、「モーション」の時計のアイコン(アニメーションのオン / オフ)をクリックします。

    警告画面が表示されたら、「OK」をクリックします。

  3. 「モーション」の右にある ▼ をクリックして展開し、位置やスケールを調整して元の静止画の位置や大きさに戻します。

    ※ 位置は、左右の数値上にマウスポインターを合わせてドラッグすると調整が可能です。

    ※ スケールは、位置と同じように数値上をドラッグするか、スライダーを調整またはプレビュー画面をクリックして編集可能状態にした後ビデオの四隅を直接ドラッグして調整することも可能です。

    以上で、スライドショーで使えるエフェクトについての説明は完了です。

パンとズームのエフェクトを使用できましたか?

スライドショーでも、クリップに動きが加わることで見ていて飽きがこないですね。またドラッグ操作ひとつでクリップにパンとズームを適用できるのも便利で使いやすいですね。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー