Adobe FrameMaker、Adobe PageMaker、Adobe InDesign には、それぞれの機能でお互いにに重なり合う部分もあります。

各製品の特徴は以下のようになっています。それぞれの製品の特徴や、得意とする分野を理解することにより、作成するドキュメントの種類、内容によって最適な製品をお選びいただけます。

  • FrameMaker

    大規模な構造化および非構造化コンテンツを効率よく作成、更新、管理するための DTP ツールで、マニュアルなどの作成に向いています。
  • PageMaker

    企業内の資料やレポート、提案書やニュースレター、カタログなどのドキュメント制作を、デザイン経験のない方でも 効率よく行うためのツールです。
  • InDesign

    高品質な商業印刷物や出版物の制作を、ページレイアウトとデザインの両面から効率化を図ることを可能にするクリエイティブなツールです。

     

[ FrameMaker、PageMaker、InDesign の違い ]

FrameMaker 10 / PageMaker 7 / InDesign CS5 比較表

  FrameMaker 10 PageMaker 7 InDesign CS5
得意分野 構造化、非構造化ドキュメントとグループ作業 豊富なグラフィックスと自由度の高いレイアウト グラフィックデザインのプロフェッショナルにも対応可能な緻密な組版とデザイン性
ツールの特徴 データを主体としたツール レイアウトを主体としたツール デザインを主体としたツール
対象ユーザー テクニカルライター

マニュアル制作会社

翻訳会社

SGML/XML でドキュメントを制作するユーザ
ビジネスユーザ

教育・公共機関に勤務するユーザ

学生
グラフィックデザイナー

デザイン事務所

広告代理店

出版社

製版・印刷会社

サービスビューロー

新聞社
制作物 マニュアル・仕様書

トレーニング教材

電子マニュアル

オンラインヘルプ(PDF/HTMLなど)

政策書類・手続き書類(SGML/XML文書など)
ニュースレター

ビジネスレター

顧客向け提案書

レポート

チラシ
カタログ・パンフレットなどの商業印刷物

雑誌・広告

緻密な文字組版が要求される書籍

新聞・チラシ

eBook
プラットフォーム [ Windows ]

Windows XP (SP3)

Windows Vista (SP1)

Windows 7
[ Windows ]

Windows 98

Windows Me

Windows 2000

Windows XP



[ Macintosh ] 

Mac OS 8.6* /9.1

Mac OS X (Classic モード)

* アップル社 Font Manager Update バージョン 1.0 が必要
[ Windows ]

Windows XP(SP2,SP3 推奨)

Windows Vista Home Premium、Business、Ultimate、Enterprise(SP1)

Windows 7



[ Macintosh ]

Mac OS X v10.5.7

Mac OS X v10.6

 
書き出し MIF / ブック(*.book) / Adobe PDF / HTML / TEXT / XML / RTF / SGML AdobePDF/HTM Adobe PDF / IDML / JPEG / XHTML / EPS / XML / FLA / SWF / EPUB
ワークフロー <テンプレート指向>

ボディページ、マスターページ、リファレンスページごとにレイアウトを設定。
<デザイン指向>

レイアウトはサンプルから選択されることが多い
<デザイン指向>

デザインとコンテンツが密接に関わっている。デザインもコンテンツの一部であり、ページごとに自由にデザインが可能。

FrameMaker の主な特徴

FrameMaker は、企業レベルでの大規模なオーサリングやパブリッシング用途に向いています。FrameMaker を使用することによって、ドキュメントを効率よく、作成、更新、管理することができます。 

FrameMaker は、ワードプロセッサの簡易な操作性や XML の機能を統合され、企業内のオーサリングやパブリッシングに最適化されています。また、テンプレートをベースとした WYSIWYG(視覚的な)環境がサポートされ、シングルソースオーサリングやマルチチャンネルパブリッシングを実現することができます。また、どんな短いドキュメントや大規模なブックでも、作成、通常の印刷処理、Adobe PDF、HTML、SGML、XML などの出力がサポートされています。 

 

PageMaker の主な特徴

PageMaker は、ビジネス、教育機関、SOHO 向けのページレイアウトソフトです。シンプルな使いやすいツールが搭載され、他のアドビ製品とスムーズに連携して効率的にドキュメントを作成することができます。

PageMaker は、専門的なデザインの知識や経験は無いが、ある程度のデザイン性が要求されるドキュメントを作成するユーザの使用に向いています。PageMaker に用意されている、高品質なテンプレート、画像、イラストを利用し、すばやく簡単にドキュメントを作成することができます。

また、同梱されている Acrobat Distiller を利用することで、紙媒体用のコンテンツを PDF ファイルとして有効利用することもできます。

InDesign の主な特徴

InDesign は、印刷やデジタルコンテンツのページレイアウトとデザインを行うプロフェッショナルアプリケーションです。Creative Suite を構成する製品の 1 つであり、Photoshop、Illustrato、Acrobat、Flash Professional、Degital Edition などと密接に連携し、一貫した効率的なパブリッシングワークフローを実現することができます。

印刷パブリッシング用の洗練されたページレイアウトをはじめ、ビデオやサウンドが挿入されたインタラクティブな PDF 文書や、インタラクティビティ、アニメーション、サウンド、ビデオを備えた Adobe Flash Player で再生できる魅力的な SWF ファイルを作成することもできます。

 

追加情報 (ADDITIONAL INFORMATION)

FrameMaker および InDesign について、詳しくはこちらをご覧ください。
- 何をするためのソフトウェアですか (FrameMaker)
- 何をするためのソフトウェアですか (InDesign)

 注意 : PageMaker の新バージョンに付きましては計画がありません。ページレイアウトソフトウェアをご購入の際には InDesign をご検討下さい。InDesign の製品紹介ページへのリンクはこちらです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー