Adobe InDesign CC は、デザインとタイポグラフィをピクセル単位でコントロールできる多機能デスクトップパブリッシングアプリケーションです。印刷、タブレット、Web 向けに洗練された魅力的なページを作成することができます。様々なページサイズや向き、デバイスで最適に表示されるよう、レイアウトを簡単に調整できます。  

美しいページレイアウトをデザイン

Adobe InDesign CC のプロフェッショナルなデザイン機能とタイポグラフィ機能を活用すれば、ピクセル単位でコントロールしながら、魅力的で洗練されたページレイアウトを作成できます。

他のアドビソリューションとの連携

Adobe Photoshop、Illustrator、Acrobat、Flash Professional といった業界最先端のアドビソフトウェアとの緊密な連携により、デザインから出力までのスムーズなワークフローが実現します。

デザインテンプレート

描画ツール、画質を損なわずに適用できる効果、Adobe Photoshop と共通の効果、きめ細かな透明コントロール、Photoshop の 3D アートワークのサポートなどの機能を活かし、クリエイティブの可能性を追求できます。

本格的な文字組版

スタイル、テキストの回り込み制御、段落コンポーザー、OpenType のサポート、ドロップキャップ、EPUB 書き出し時のスタイルマッピングなどの機能を駆使して、美しく洗練されたテキストを作成できます。

コンテンツに合わせてレイアウト

デザインやタイポグラフィの美しさを損なうことなく、様々なページサイズやスクリーンサイズ、向き、デバイスに合わせて、ページレイアウトを効率良く作成できます。

リキッドレイアウト

デバイスの種類や印刷のニーズに応じて、複数バージョンのデザインを単一のInDesignファイル内で効率良く作成・デザインできます。

ウィンドウを分割

同一ドキュメント内で2つのレイアウトを並べて表示し、見た目を比較したり、一貫性を確保することができます。

美しい印刷用ドキュメントを作成

魅力的な印刷用コンテンツのレイアウトをすばやく簡単にデザインできます。

コンテンツ収集ツール

コンテンツ収集ツールを使用して、既存のレイアウトからテキストとオブジェクトを収集。新しいレイアウトで、コンテンツ配置ツールを使用して、表示したい順番にアイテムを追加します。

コンテンツのリンク

InDesign のドキュメント内やドキュメント間でコンテンツをリンクできるため、親となるテキストまたはオブジェクト(インタラクティブ機能を含む)を変更した場合に、リンクされている子オブジェクトすべてに変更が反映されます。

グレースケールの PDF に書き出し

印刷ダイアログボックスから直接 PDF ファイルをグレースケールで書き出すことができます。

魅力的な電子書籍を作成

開発者に頼らずに、魅力的な eBook を作成。洗練されたタイポグラフィや様々なスクリーンに合わせて自動的にサイズが変わる画像を使用できます。

インタラクティブな HTML

Googleマップ、Adobe Edge で開発されたアニメーションなどのインタラクティブな HTML を InDesign レイアウトに追加できます。インタラクティビティを保持したまま HTML、EPUB3、または .folio ファイルに書き出し Adobe Digital Publishing Suite で使用することができます。

アーティクルパネル

InDesign のレイアウトを変えることなく、EPUB または HTML に書き出す際のテキストや画像、グラフィックスの順序をコントロール。アーティクルパネルにコンテンツをドラッグし、どういう順番で書き出すかを決めることができます。

タブレット向けのインタラクティブコンテンツを作成

インタラクティビティやビデオ、サウンドを組み込んで、読者の目をひき、情報を伝え、心をつかむコンテンツを作成。Adobe Digital Publishing Suite と連携させれば、様々なデバイスで魅力的な読書体験を実現できます。

代替レイアウト

タブレットで縦横どちらの形でもレイアウトが崩れないようになど、デバイスの種類や印刷のニーズに応じて、複数バージョンのデザインを単一の InDesign ファイル内で効率良く作成・デザインできます。

コンテンツのリンク

InDesign のドキュメント内やドキュメント間でコンテンツをリンクできるため、親となるテキストまたはオブジェクト(インタラクティブ機能を含む)を変更した場合に、リンクされている子オブジェクトすべてに変更が反映されます。

デジタル体験を創出

インタラクティビティ、ビデオ、サウンドを組み込んで、デザインをさらに魅力的に。インタラクティブな PDF 文書、無償の Adobe Flash Player で視聴可能な SWF ファイル、および Web 用の HTML ファイルに書き出せます。

InDesign 内で PDF フォームを作成

PDF に書き出す前に、InDesign 内でそのままフォームフィールドを作成できます。アーティクルパネルを使用すれば、InDesign でタブ順序を指定することも可能です。

インタラクティブなドキュメントとプレゼンテーション

インタラクティビティやアニメーション、サウンド、ビデオなどをドキュメントやプレゼンテーション追加し、直接 SWF に書き出して Flash Player で再生できます。

より多くの作業を短時間で

ドキュメントの作成、編集、出版を迅速化。生産性を高める新機能により、印刷かデジタル出力かを問わず、ページレイアウトがよりシンプルかつスピーディになります。

自動化

標準規格準拠の XML に対応する機能を使用して、テキストと画像をページにレイアウトする、パワフルな自動ワークフローを構築できます。データベース駆動型コンテンツを組み込み、マルチチャンネルパブリッシングを行うことができます。

拡張性

標準の XML ツールを使ってファイルを作成、編集できる XML ベースのファイル形式、InDesign Markup Language (IDML) を利用することで、カスタムパブリッシングに対応できます。

共同で編集作業

InDesign と Adobe InCopy の緊密な連携により、デザインチームと編集チームがスムーズに共同作業を行えます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー