この文書では、Adobe Photoshop Lightroom Classic CC と Adobe Bridge の違いについて説明します。

A. Photoshop Lightroom Classic CC と Adobe Bridge の違い

Lightroom Classic CC と Adobe Bridge の最大の違いは、画像情報の保管方法にあります。

ファイルブラウザである Adobe Bridge が扱うのは、ローカルドライブのフォルダ間のナビゲーションと、そのコンテンツの表示のみです。Adobe Bridge で写真を表示するには、ハードディスクに写真が保存されているか、写真が入っているストレージメディアにコンピューターが接続されていなければなりません。

オフライン状態のファイルが表示できない Adobe Bridge に対して、データベース駆動型の Lightroom Classic CC では、一旦読み込んだファイルはローカルディスク以外でもプレビューすることができます。Lightroom Classic CC への写真の読み込みは、新しい画像が Lightroom Classic CC のデータベースに追加されることで処理されます。Lightroom Classic CC に写真を読み込む際にファイルを移動またはコピーする必要はありません。しかし、写真を編集する場合は Lightroom がアクセスできる場所に写真を保存しておく必要があります。

B. Adobe Bridge とは

Adobe Bridge は Web、印刷、ダイナミックメディアのデザイナーはもちろん、ビデオグラファー、アニメーター、科学者、ファインアーティスト、そして世界中のあらゆる業界にとって必須の画像ツールです。Bridge を利用すれば、プロジェクトで使用するメディアアセットに対し、バッチ編集などのワークフローを効率的に一元管理することができます。

また、ユーザーはすばやくファイルを参照したり、Photoshop、Illustrator から InDesign や Acrobat へ、あるいは Flash や Dreamweaver、After Effects、Premiere Pro へというように、異なるアプリケーション間でファイルを自由に行き来させることができます。

C. Photoshop Lightroom Classic CC とは

一部のデザイナー、ポストプロダクションアーティストにとっては Adobe Bridge の多様性が不可欠といえますが、フォトグラファーの場合はパワー、柔軟性、品質のいずれにも妥協することなく開発された Photoshop Lightroom Classic CC の方が適切です。

開発に現役のフォトグラファーの意見を取り入れた Photoshop Lightroom Classic CC は、フォトグラファーにとって最重要で、しかも 1 分 1 秒を争うタスクの処理で最大限の効率性を発揮します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー