この文書では、Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe InDesign のバージョン間のファイルの互換性について説明しています。

はじめに

CS3 以降に作成された Illustrator、Photoshop、InDesign のファイルを最新の CC で開く場合、高い互換性を保持して作業を行うことはできます。

Illustrator ファイルの互換性

Illustrator CC で旧バージョンを書き出す際は、以下の点に留意ください。

テキストの互換性

1. CC 2014 以降:両端揃え時のソフト改行(Shift+Enter)

  • CC 以前のバージョンでは、両端揃えになりません。

2. CC 2014 以降:異体字セレクタ(IVS)に対応

  • CC 2014 以降で選択した異体字は、旧バージョンでは代表字で表示されます。
3. CS5 以降:パス上テキストの間隔「自動」設定の追加
  • 間隔=「0」(自動以外)にすることで下位互換も保持されます。

アートワークの互換性ポリシー

上位バージョンで作成されたファイルを下位バージョンで開いた場合
  • 下位バージョンでサポートされる機能は編集可能です。
  • 下位バージョンでサポートされない機能は編集できませんが、外観は保持されます。

各バージョンでサポートされている機能は以下の表をご確認ください。

バージョン 新機能、機能強化
CC 2017 ピクセルパーフェクトなアートワーク
CC 2015、
CC 2015.3
Shaperツール
楕円、多角形、線にも対応したライブシェイプ
ダイナミックシンボル
CC 2014 曲線ツール
連結ツール
ライブシェイプ(直感的な角丸、変形パネルの新機能)
CC ポイント文字
CS6 線のグラデーション
CS5、
CS5.1
絵筆ブラシ
透明グラデーションメッシュ
シェイプ成形ツール
線幅ツール

アプリケーションのバージョンとファイルのバージョンについて

Illustrator ではファイルを保存する際に、互換バージョンを指定することができます。

旧バージョンと互換性のあるファイルを作成するには、ファイルを保存した際に表示される、Illustrator オプションダイアログボックス上部の「バージョン」ポップアップメニューから任意のバージョンを選択します。

アプリケーションのバージョンとファイルのバージョンの相関関係については、以下の表を参照してください。Illustrator CC(2013)~ Illustrator CC 2017 はアプリケーションのバージョンは異なりますが、ファイルのバージョンは同じため、相互互換があります。

OS 上でファイルのバージョンを確認する方法

ファイルのバージョン情報は以下の方法で確認できます。

Windows:ファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

Mac OS:ファイルを右クリックし、「情報を見る」を選択します。

Photoshop ファイルの互換性

Photoshop CC で旧バージョンを書き出す際は、以下の点に留意ください。

「互換性を優先」のチェック

Photoshop CC の初期設定では、ファイルを保存する際に、ファイルの互換性を優先するかどうか確認するメッセージが表示されます。

  • 「互換性を優先」を有効にした方が良いケース

異なるバージョンの Photoshop で開く、または編集する必要のあるファイルを保存する際は、このオプションを有効にしてください。

統合画像を一緒に保存します。開く際に意図したレンダリング結果を選択します。

※一部の機能は例外となるため、必要に応じて特定のレイヤーをラスタライズするなどして対応してください。

  • 「互換性を優先」を有効にする必要の無いケース

条件によってサポートされていない機能が破棄される場合があります。

ファイルを開く際の統合確認メッセージについて

PSD ファイルを開く際に、以下のようなメッセージが表示されることがあります。このメッセージは、サポートされていない機能が含まれている場合に表示されます。

「レイヤーを保持」を選択すると、レイヤー構造は維持されますが、外観が変更される可能性があります。

「統合」を選択すると、編集はできませんが、外観は維持することができます。

以下の機能が適用されている場合、このメッセージが表示される可能性があります。

  • アートボード
  • レイヤーグループにレイヤースタイル、クリッピングマスク
  • レイヤーに複数の効果
  • 調整レイヤーにカラールックアップ
  • 描画モードに減算、除算

InDesign ファイルの互換性

InDesign CC は、旧バージョンの InDesign で保存したファイルを扱うことができます。

ただし、InDesign CC で作成・保存したファイルを旧バージョンの InDesign で開くことはできません。バージョンを統一して運用するようにしてください。

上位バージョンで作成されたファイルを開くと、以下のようなエラーメッセージが表示されます。

InDesign Markup Language(IDML)について

InDesign には、IDML という旧バージョン向けのファイルを書き出す機能が用意されており、ドキュメントの再現情報を保持することができますが、互換性は高くありません。

IDML に関する詳細については、以下の文書を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー