PDF Servicesについて

この文書では、PDF Services について説明します。

PDF Services とは何ですか?

PDF Servicesとは、Adobe Sign を除いた Adobe Document Cloud 上で利用可能なサービスの総称です。

PDF Services が有効の場合、ファイルのオンラインでの保存や共有、並びに、ドキュメントの作成、結合、書き出し、整理、入力と署名等、オンライン上での PDFに関するサービスを利用できます。

https://helpx.adobe.com/jp/enterprise/using/optional-services.html

 

PDF Services はユーザーが利用する ID に使用権が付与されます。

  • 無償のAdobe IDでは、2GBのストレージと、一部のサービスが利用できます。
  • Creative Cloud All Apps、またはAcrobat DCのサブスクリプションが紐づいた Adobe ID の場合は、上記すべてのサービスにアクセスが可能です。
  • Enterprise ID / Federated IDの場合は、そのIDが紐づいている製品プロファイルのサービス設定によって、有効/無効の設定が可能です。

PDF Services の有効 / 無効

通常、この PDF Services は 有効 になっています。

しかし、組織によっては、ユーザーが Document Cloud へのアクセスすることをブロックしたいケースがあります。

Document Cloud へのアクセスをブロックする場合は、組織が管理する ID(Enterprise ID や Federated ID)を利用することを推奨します。

組織が管理する ID(Enterprise ID や Federated ID)では、サービスの利用資格をコントロールすることができます。その組織の ID が紐づいている製品プロファイルの PDF Services をオフにすることで、所属する組織 IDのユーザーに対し、Document Cloud へのアクセスをブロックすることができます。

具体的には、ブラウザ及び Acrobat DC から該当 ID での Document Cloud へのアクセスを不可とすることができます。

PDF Services がオフの場合のモバイル版 Reader 及び Scan の挙動について

モバイル版 Acrobat Reader および Adobe Scan は、Document Cloud と連携したサービスを提供するモバイルアプリケーションです。 

モバイル版 Acrobat Reader 及びAdobe Scan では、サインインを行う ID に紐づいているDocument Cloud サービスの利用資格が確認されます。

PDF Services がオフの場合、該当 ID には Documen Cloud へのアクセス資格がないことになります。

よって、組織の ID(Enterprise ID や Federated ID)では、その ID が紐づいている製品プロファイルの PDF Services がオフの場合、その ID でモバイル版 Acrobat Reader 及びAdobe Scan にサインインを行うと、権限がない旨のメッセージが表示され、サインインに失敗します。

 Adobe

Get help faster and easier

New user?