この文書では、Adobe Acroat で PDF ファイルを他のファイル形式で保存する方法について説明します。

Acrobat は、PDF ファイルを HTML 形式や Microsoft Word 形式、リッチテキスト形式などのさまざまなファイル形式に書き出すことができるため、元のファイル形式に戻したり、Microsoft Word や Microsoft PowerPoint などで再利用したりすることができます。

注意:

この機能は、PDF からオリジナルのファイルに復元するものではありません。作成された PDF から、(オリジナルのファイル形式も含む) PDF 以外のファイル形式に書き出す機能となります。複雑なレイアウトでは必ずしも元のレイアウトになるとは限りません。オリジナルファイルが必要な場合は、PDF 作成に利用したオリジナルのファイルをコピーするなどしてご用意ください。

PDF ファイルに文書コピー防止のためのセキュリティが設定されている場合は、 PDF ファイルからテキストや画像をコピーしたり、書き出しを行ったりすることはできません。 

A. PDF を別のファイル形式で保存する方法

ファイル保存時に PDF 形式以外のファイル形式で保存することができます。HTML 形式で保存したり、ページを画像として保存することもできます。リッチテキスト形式で保存すると、PDF ファイルに含まれる全てのテキストを、他の文書作成アプリケーションで再利用することができます。また Acrobat では、レイアウトをほぼ維持したまま Microsoft Word 形式で書き出すことが可能です。

  1. Acrobat を起動し、PDF ファイルを開きます。
  2. ファイル/書き出し形式 をポイントして表示される形式から、保存する形式を選択します。

  3. PDF として保存ダイアログボックスの「ファイルの種類」で、保存するファイル形式を確認します。

    ※ ここでファイル形式を変更することも可能です。ファイルの設定については B. 書き出しの詳細設定 をご確認ください。

  4. 保存場所を指定し、「保存」ボタンをクリックします。 

B. 書き出しの詳細設定

PDF として保存ダイアログボックスの「設定」ボタンから、書き出しの詳細設定を行うことができます。設定可能なオプションはファイル形式によって異なります。 

Adobe PDF オプション

PDF の最適化ダイアログボックスの設定を使用すると、互換性のある PDF のバージョンを変更して古いバージョンの Acrobat や Reader で PDF を表示できるようになります。

※ 互換性の設定を変更すると、新しいバージョンの機能が PDF で使用できなくなる場合があります。

画像変換設定

JPEG、JPEG 2000、TIFF、PNG など、PDF を画像ファイルとして出力する際、カラーマネジメントの種類や解像度など各ファイル形式のオプションを設定することができます。

JPEG 形式
PNG 形式

Microsoft Word/Excel/PowerPoint 形式

Microsoft Word/Excel/PowerPoint 形式で書き出す際には、ページレイアウト、画像や注釈の出力有無などを指定することができます。

リッチテキスト形式

Microsoft Word/Excel/PowerPoint 同様、ページレイアウトの設定、画像や注釈の出力有無などを指定することができます。

HTML 形式

HTML 形式で書き出す際には、単一または複数ページのいずれかで作成するかを選択することができ、また画像を書き出すかどうかを指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー