内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Acrobat で透かし(ウォーターマーク)を設定する方法について説明します。

A. 透かし(ウォーターマーク)とは

透かしとは、文書内容の上に表示する、テキストまたは画像です。例えば、作業が完了したタスクの上に 「完了」 という透かしを置くことや、社外秘資料の作成時に 「社外秘」 とういう透かしを置くことができます。

かしに使用するテキストはダイアログボックスで直接設定します。また、透かしに使用できる画像のファイル形式は、PDF、BMP、JPEG のみです。

B. 透かしを設定する

  1. Acrobat で透かしを設定する PDF ファイルを開きます。

  2. ツールパネルウィンドウから、「ページ」を選択します。

  3. 「透かし」から、「透かしを追加」を選択します。

  4. 透かしを追加 ダイアログボックスで設定を行い、「OK」をクリックします。

    ※ 設定の詳細については C. をご確認ください。

  5. PDF 文書内に透かしが追加されます。

C. 透かしの設定

透かしを追加 ダイアログボックスでは、透かしに関して様々な設定を行うことができます。

例えば、透かしを画面でのみ表示させるか、印刷時のみ表示させるか、画面と印刷時両方で表示させるようにするか設定することができます。また、透かしを設定するページ範囲や透かしの位置や表示方法も指定することができます。

C-1. 表示方法

「画面で表示」を選択すると、透かしが画面に表示されますが、印刷はされません。「印刷時に出力」を選択すると、画面には表示されず、PDF 文書を印刷する際に、文書の上に印刷されます。両方を選択した場合は、画面にも表示され、印刷も行われます。

C-2. ソース

手動でテキストを入力する場合には、「テキスト」を選択し、テキストボックスに文字を入力して、フォント、サイズ、色またはテキストの位置を設定します。

画像ファイルを背景に設定する場合は、「ファイ ル」を選択し、「参照」をクリックしてファイルを選択します。選択したファイルの複数ページに画像が含まれる場合は、ページ番号を選択します。使用できるのは、PDF、JPEG および BMP ファイルのみです。

C-3. 位置と表示方法

透かしの、縦方向および横方向の位置や、画像のサイズを調整します。「回転」の「カスタム」に角度を入力するか、またはカスタマイズされた値を指定することで、背景または透かしを回転させることができます。また、会社のロゴを透かしで表示したい 場合などは、「不透明度」でスライダーを使用するかテキストボックスに値を入力して、透かしの不透明度を設定します。

C-4. ページ範囲

透かしを追加するページ範囲を設定します。サブセットから奇数または偶数ページを選択して、透かしを挿入することもできます。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー