Adobe Acrobat は、アクセシビリティ機能に対応しています。 アクセシビリティ機能は、視覚障害や運動障害など、身体に障害のある方や高齢者の方が、簡単に PDF 文書の情報やメニューにアクセスできるようにするツール、およびリソースです。 作成した文書をすべてのユーザが使用できるようにすることによって、文書の読者層が広がるとともに、アクセシビリティの法的基準を満たすことができます。

アクセシビリティ設定アシスタント

「アクセシビリティ設定アシスタント」では、ウィザードに従って設定するだけで簡単に Acrobat のアクセシビリティの設定を行うことができます。ウィザードでは、主にスクリーンリーダーと拡大鏡などの支援テクノロジを使用するユーザを対象としたアクセシビリティオプションを設定できます。その他の設定は、「環境設定」ダイアログボックスで手動で設定可能です。

  

読み上げ機能

Acrobat に用意されている読み上げ機能を使用して、PDF 文書内の必要な部分 (1 ページ、あるいは文書全体) を読み上げることができます。環境設定で、読み上げ順序を指定することも可能です。 

※ 読み上げ機能では、PDF ファイルのテキストを読み上げることができますが、スクリーンリーダーではありません。システムによっては、この機能をサポートしていない場合もあります。

※ 日本語の文書を読み上げるには、ご利用の環境によって日本語の音声読み上げエンジンを追加インストールする必要があります。 

スクリーンリーダーへの対応

Acrobat は、視覚障害者によるコンピュータアプリケーションの対話操作を可能にする、スクリーンリーダーアプリケーションとその他の補助テクノロジをサポートしています。対応アプリケーションおよびデバイスのインストール方法、Acrobat との連係方法について詳しくは、実際の製品に付属するマニュアルを参照してください。

環境設定ダイアログボックスでは、スクリーンリーダーと PDF ファイルとの具体的な連係方法を設定できます。文書を読み上げるボリュームや、速度、順序などを設定することができます。 

  

表示の強調

画面に表示された PDF 文書を見やすく、読みやすくするためのさまざまなオプションが用意されています。小さな文字を拡大し、テキストと背景の色を調整することができます。

ページの背景色やテキストの色は、「環境設定」ダイアログボックスで設定することができます。これらの環境設定はすべての PDF 文書の表示に適用されますが、印刷には適用されません。また、同じ文書を他のユーザが別のコンピュータで開くときの表示には影響しません。 

 

自動スクロール

自動スクロール機能を使用すると、長い文書を簡単に読み進むことができます。キーボードやマウスでの操作を行わずに、ページ間をスクロールできます。キーボードから、スクロール速度やスクロール方向の変更、スクロールの停止を行うことができます。  

ショートカットキー

大部分のナビゲーション機能は、マウスではなくキーボードから制御することができます。Mac OS では、システムレベルの環境設定によって、Acrobat 作業エリア内および PDF 文書内で、キーボードによるナビゲーションと操作が可能です。Windows の場合、Acrobat で使用するショートカットキーは、他の Windows アプリケーションで使用するショートカットキーと一部異なります。 

Microsoft Internet Explorer のウィンドウ内でも、キーボードを使用した Acrobat の操作が可能です。最初はフォーカスが Web ブラウザ上にあるため、すべてのショートカットキーが Internet Explorer 側の割り当てにもとづいて動作します。 

アクセシビリティの確認

作成した PDF 文書は、配布する前に必ず事前にアクセシビリティを確認することをお勧めします。チェック機能を使用して PDF 文書を調べることで、アクセシブルな文書として必要な情報が含まれているかどうかを確認できます。チェック対象となるのは、図の代替テキスト、テキストの言語指定、適正な文字エンコーディング、および文書の内容すべてを参照する論理構造ツリーです。アクセシビリティのチェックには 「完全チェック」 と 「クイックチェック」 があり、Standard 版では 「クイックチェック」 のみ実行できます。Professional 版の場合は TouchUp 読み上げ順序ツールを使用できます。 

 

追加情報 (ADDITIONAL INFORMATION)

アクセシビリティとは 

アクセシビリティ (accecibility) とは、「受け入れられやすさ、アクセスのしやすさ」 という意味の英単語で、一般的には、情報やサービス、ソフトウェアなどが、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われています。例えば、障害のためにマウスが使えない人には、キーボードだけで利用可能にする必要があり、視覚に障害をもつ人には読み上げソフトに適した文書や Web ページの作成が必要になります。

最近では、高齢者や障害のある方が、パソコンやソフトウェア、Web ページを利用しやすくするために、製品やサービスを企画・開発・設計する際に配慮すべき要件が、日本工業規格 (JIS) として公示されました。また、Web ページについての利用のしやすさを 「Web アクセシビリティ」 といい、「WCAG」 (Web Content Accessibility Guidelines) という指針が W3C によって提唱されています。「WCAG」 では、画像や音声などには代テキストによる注釈をつける、すべての要素をキーボードでアクセスできるようにするなどの方針が定められています。

スキャナーで取り込んだテキストは画像として認識され、支援ソフトウェアによる読み上げや抽出も、ユーザーによる選択や編集もできないため、アクセシブルな PDF として扱うことはできません。このような文書にアクセシビリティ機能を追加するための OCR(光学文字認識)機能についてはこちらをご覧ください。

- スキャナ取り込みの際に文字をテキストとして認識させることはできますか

- スキャナから取り込んだイメージを直接 PDF 文書に変換できますか

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー