この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。

注意 : 必ず PDF Creation の設定を行う前に、Installation Options でアプリケーション言語を設定してください。エンドユーザーのジョブオプションドロップダウンリストが正常に表示されない可能性があります。

プリンターの設定

PDF printer 設定によって、エンタープライズのワークフローが合理化され、組織全体での印刷作業を標準化することでビジネス効率も向上します。文書メタデータの追加、PDF 作成後に表示、初期設定の出力フォルダーなど、プロセスを自動化する様々な設定項目が利用できます。

以下のオプションが利用可能です。

  • Default PDF Output Folder : 自動的に出力フォルダーを設定
  • Adobe PDF Output Folder : 自動的に Adobe PDF の出力フォルダーを設定
  • Adobe PDF Security : 最新のセキュリティが適用されている場合は、セキュリティの確認を省略します。
  • TrueType Font Download Option : フォントのダウンロードオプションを表示します。
  • PostScript Output Option : PostScriptファイルの処理方法を表示します。
  • View Adobe PDF results : 作成後に自動的に PDF を表示します。
  • Add document information : メタデータを文書に自動的に追加します。(例えば、組織名、作成者など)
  • Ask to replace existing PDF file : 上書きの確認を省略します。
  • Rely on system fonts only; do no use document fonts : フォントを埋め込むかどうかを表示します。

これらの設定は、EnterpriseRegistries テーブルに反映され、以下の PDF Printer オプションテーブルの内容にしたがって表示されます。

機能

インストーラーテーブル名

レジストリパス:AdobePDF.INI

Default PDF Output Folder

C:My PDF Output

DistillerDefPDFOutput

DefaultPDFOutput

Adobe PDF Output Folder

Default; Prompt for PDF filename

PDFIniPrompForFileName

PromptForFileName

Adobe PDF Security

1: (Default) Reconfirm Security for each job; None; 2: Use the last known security settings

PDFIniSecurityOption

SecurityOption

TrueType Font Download Option

1: (Default): Outline; Automatic; 2: Bitmap; 3: Native True Type

PDFIniTrueTypeFontDL

True Type Font Download Option

PostScript Output Options

1: (Default) Optimize for Portability; Optimize for speed; 2: Encapsulated PostScript; 3: Archive Format

PDFIniPSOutputOption

PostScript Output Option

View Adobe PDF results

Boolean. Default = 1

PDFIniViewPDFResults

ViewPrintOutput

Add document information

Boolean. Default = 1

PDFIniAddDocInfo

AddDocInfo

Ask to replace existing PDF file

Boolean. Default = 0

PDFIniAskToReplaceFile

AskToReplacePDF

Rely on system fonts only

Boolean. Default = 1

PDFINiDonotSendFonts

DonotSendFont

Default PDF Output Folder

「Adobe PDF 保存先フォルダー」ドロップダウンリストに表示するフォルダーを指定する場合は、直接パスを入力するか、または「Browse」ボタンをクリックして、フォルダーを指定します。

初期設定の出力フォルダーの名前は、All Users の配下に属している必要があります。

Adobe PDF Output Folder

新規作成された PDF ファイルの保存フォルダーを指定する場合は、Adobe PDF Output Folder ドロップダウンリストから以下のいずれかのオプションを選択します。

  • <Default PDF Output Folder> (上記で指定したフォルダー)
  • Prompt for Adobe PDF filename(Adobe PDF のファイル名を確認)

Adobe PDF Security

PDF 文書のセキュリティレベルを指定する場合は、Adobe PDF Security ドロップダウンリストから、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • None(なし)
  • Reconfirm Security for Each Job(ジョブごとにセキュリティを確認)
  • Use the Last known Security Settings(前回のセキュリティ設定を使用)

セキュリティの方法は、パスワード、証明書、および Adobe LiveCycle Rights Management によるサーバーセキュリティがあります。文書に適用するセキュリティの詳細については、Document Security Guide(英語)を参照してください。

TrueType Font Download Option

TrueType の動作を設定するには、TrueType Font Download Option ドロップダウンリストから以下のいずれかのオプションを選択します。

  • Automatic(自動)
  • Online(オンライン)
  • Bitmap(ビットマップ)
  • Native TrueType(ネイティブ TrueType)

インストール後、TrueType 設定はプリンタープロパティダイアログボイックスに表示されます。インストール後に設定が反映されているか確認するには、以下の操作を行います。

  1. スタート/デバイスとプリンターを選択します。
  2. Adobe PDF を右クリックし、「プリンターのプロパティ」を選択します。
  3. 「詳細設定」タブを選択します。
  4. 「標準の設定」ボタンをクリックします。
  5. 「用紙/品質」タブを選択します。
  6. 「詳細設定」ボタンをクリックします。
  7. 「ドキュメントのオプション」の「PostScript オプション」を展開し、内容を確認します。

注意 : 手順は OS のバージョンによって異なる場合があります。

PostScript Output Option

PostScript 出力の動作を指定する場合は、PostScript Output Option ドロップダウンリストから、以下のいずれかのオプションを選択します。

  • Optimize for Speed(印刷処理が速くなるよう最適化)
  • Optimize for Portability(エラーが軽減するよう最適化)
  • Encapsulated PostScript
  • Archive Format(アーカイブ形式)

PostScript 設定が反映されているかどうかを確認するには、インストール後に以下の操作を行います。

  1. スタート/デバイスとプリンターを選択します。
  2. Adobe PDF を右クリックし、「プリンターのプロパティ」を選択します。
  3. 「詳細設定」タブを選択します。
  4. 「標準の設定」ボタンをクリックします。
  5. 「用紙/品質」タブを選択します。
  6. 「詳細設定」ボタンをクリックします。
  7. 「ドキュメントのオプション」の「PostScript オプション」を展開し、内容を確認します。

View Adobe PDF results

作成後に PDF を表示するかどうかを指定する場合は、「View Adobe PDF results」にチェックを入れます。

Ask to replace existing PDF file

同じ名前の既存の PDF ファイルの上書き確認を表示する場合は、「Ask to replace existing PDF file」にチェックを入れます。

Add document information

ファイル作成時にファイル情報を記録する場合は、「Add document information」にチェックを入れます。

Font specification

システムフォントのみを使用して、文書のフォントを使用しない場合は、「Rely on system fonts only; do not use document fonts」にチェックを入れます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー