さまざまな機能

Online Features リストのチェックボックスで、自動アップデートやソフトウェア登録などのオンライン機能を無効にすることができます。機能を有効にする場合は、チェックを入れないでください。

アップデートの無効化

Disable product updates」にチェックを入れた場合 :

  • Acrobat ヘルプメニューから「アップデートの有無をチェック」コマンドが削除されます。
  • 自動アップデートが無効になるため、手動のアップデートが必要になります。
  • 以下のレジストリが設定されます。
[HKLM\SOFTWARE\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown]
"bUpdater"=dword:00000000

信頼済みのルート証明書を読み込み

Adobe Acrobat 信頼性プログラムの一部として、デジタル署名ワークフローで利用可能な信頼アンカー(証明書)を定期k亭に発行しています。「Load trusted root certificates from Adobe」(Adobe の信頼済みルート証明書を読み込み)ドロップダウンメニューから、以下のいずれかの項目を選択します。

  • Enable & Ask before installing(インストール前に有効にして確認)
  • Enable & Install silently(バックグラウンドで有効化してインストール)
  • Disable(無効)
[HKCU\Software\Adobe\<product name>\<version>\Security\cDigSig\cAdobeDownload]
"bAskBeforeInstalling"

Internet Explorer の挙動

PDF または FEF へのリンクをクリックした際にユーザーに「開く」または「保存」ダイアログを表示させる場合は、「When launching PDF in Internet Explorer, prompt user with Open/Save dialog」を選択します。AcroPDF.FDF.1\EditFlags が設定されます。

製品アップセルの無効化

機能制限のある製品の場合、ユーザーは製品をアップグレードすることができます。例えば、Reader の場合は追加のツールや機能を購入することができ、Acrobat Standard の場合は Acrobat Professional にアップグレードできます。「Disable product upsell」にチェックを入れると、これらの機能が無効になります。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown]
"bAcroSuppressUpsell"

注意:

ボリュームライセンスユーザーの場合、アップセルを無効にできない不具合がありましたが、2015 年 7 月のアップデートにおいて修正されました。

サインアウト UI の無効化

サービスなどのオンライン機能が有効になっていない場合、サインインおよびサインアウトの UI が表示されません。ユーザーインターフェースのサインアウト項目を無効にする場合は、「Disable Sign Out」にチェックを入れます。

[HKLM\SOFTWARE\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown]
"bDisableSignOut"

Acrobat DC サービス統合

Adobe の Web サービスは急速に進化しており、インフラや管理のコストをかけることなく、効率を向上させることができます。サブスクリプションを利用している場合は、サービス統合により追加の製品機能を利用することができます。

Disable all services : この新しい設定項目は、廃止予定の HKCU サービスマスタースイッチ bEnableAcrobatHS に置き換わるものです。すべての Adobe サービスに加え、Web プラグインコンポーネントへのアップデートが無効になります。これは FeatureLockdown 直下の bUpdater とは異なるもので、製品アップデートを無効にします。

注意:

旧バージョンの Customization Wizard において、bToggleWebConnectors はレジストリエディター上で手動で無効にしなければならない不具合がありました。Web コネクター UI は bUpdater では無効にできません。この不具合は 2015 年 7 月リリースにおいて修正されました。

[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cServices]
"bUpdater"

Disable Adobe Acrobat Document Cloud services : 以下の設定によって制御される以外のすべてのサービスアクセスを無効にします。

[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cServices]
"bToggleAdobeDocumentServices"

Disable Adobe Send for Signature : eSign 機能(旧 EchoSign)を無効にしてロックします。

[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cServices]
"bToggleAdobeSign"

Disable preference synchronization across devices : デスクトップの設定を、同一 Adobe ID でサインインしているデバイス(電話含む)と同期する新機能を無効にしてロックします。

[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cServices]
"bTogglePrefsSync"

サードパーティのサービス統合

Disable third party connectors such as Dropbox, Google Drive, etc : Dropbox や Google Drive などのファイルストレージ用の製品内サードーパーティサービス統合を無効にしてロックします。

[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cServices]
"bToggleWebConnectors"

Disable SharePoint connector : SharePoint 統合を無効にします。

[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cSharePoint]
"bDisableSharePointFeature"

「アカウントを追加」メニューの削除

Acrobat 画面左ペインに表示される「アカウントを追加」メニューを削除する場合は、以下のレジストリキーの値を「1」に設定します。

[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cServices]
"bToggleWebConnectors"
[HKLMSoftware\Policies\Adobe\<product name>\<version>\FeatureLockdown\cSharePoint]
"bDisableSharePointFeatures"

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー