オーディオを使用してイマーシブな体験を実現する方法について説明します。
空間オーディオ

アセットにオーディオを追加して、表現力に富んだイマーシブな AR 体験を実現できるようになりました。Aero でアセットにオーディオファイルを追加するには、次の手順に従います。

  1. デジタルアセットを配置して選択します。
  2. 「オーディオを再生」アクションにトリガーを適用します。
  3. 選択したアセットにオーディオを追加します。

始める前に確認

以下の条件について確認します。

  • オーディオサイズが 50 MB 未満、またはオーディオの長さが 5 分以内であること。
  • オーディオファイルが WAV または MP3 オーディオ形式であること。
  • Creative Cloud またはローカルデバイスのファイルストレージからオーディオファイルを読み込むこと。
  • デジタルアセットをシーンに配置していること。

「オーディオを再生」アクションへのトリガーの適用

  1. アセットを選択し、ツールバーから、動作をタップします。

  2. 次のいずれかのトリガーを「オーディオを再生」アクションに適用します

    開始 プレビューの開始時に、選択したアクションを適用します。
    タップ アセットをタップしたときに、選択したアクションを適用します。
    近接へ進入 カメラとアセットが定義された距離のときに、選択したアクションを適用します。
  3. オーディオを再生」アクションを適用します。

    アクション「オーディオを再生」
    アクション:オーディオを再生

注意事項

  • 指定されたシーンでは、最大 20 個のオーディオクリップを同時に再生できます。この数は、デバイスモデルとシーンの複雑さによって異なります。
  • シーン全体で指定した音量でオーディオを再生するには、「環境音」オプションを有効にします。

オーディオを追加

オーディオを再生」アクションを適用したら、次の手順に従ってアセットにオーディオを追加します。

  1. 次のようにして、被写体パネルからアセットを選択します。

    • 既存のオーディオファイルを追加するには、 オーディオクリップパネルからオーディオを選択します。
    • 新しいオーディオファイルを追加するには、 をタップして、スターターアセットフォルダー、ローカルデバイスストレージ、または Creative Cloud からオーディオを読み込みます。
    • 既存のオーディオファイルを削除するには、 アイコンをタップします。
    オーディオを再生
    オーディオを追加
  2. 以下に示すオーディオ環境設定から選択します。

    • 環境音では、空間 3 次元オーディオ効果を無効にします。
    • 音量では、オーディオの音量を定義します。スライダーをドラッグして音量を増減します。
    • 再生回数では、オーディオループの数を設定します。
    • 無限では、オーディオを連続ループで再生できます。
    • ディレイでは、オーディオの開始時間を秒単位で遅らせます。
    • 削除では、「オーディオを再生」アクションを削除します。
    アンビエント
    無限
  3. 変更を保存するには、アイコンをタップします。

  4. オーディオを再生するには、 アイコンをタップするか、プレビューモードに進みます。

次のステップ

デジタルアセットにオーディオを追加する方法について説明しました。これで、AR エクスペリエンスの画像のキャプチャやビデオの録画を行なったり、他のユーザーとコラボレーションして Adobe Aero ファイルで作業したりできるようになりました。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。投稿をお待ちしています。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。