Adobe Aero におけるドキュメントでの作業方法、クラウドドキュメントの利点、クラウドドキュメントの使用に関する詳細情報の参照先について説明します。

Aero では、作業を作成または共有した後で保存について心配する必要はありません。インターネットに接続していれば、作業は自動的にクラウドドキュメントとして保存されます。クラウドドキュメントにはホーム画面からアクセスできます。

ホーム/クラウドドキュメント(「作品」セクションにあります)をタップすると、すべてのクラウドドキュメントが表示されます。

Adobe Aero のクラウドドキュメント
  • クラウドドキュメントのサムネールをタップすると、そのドキュメントでの作業を続行できます。新しいクラウドドキュメントを作成するには、新規作成をタップします。
  • クラウドドキュメントのリストは、「変更日」、「作成日」または「名前」フィルターを使用して並べ替えることができます
  • ドキュメントのクラウドドキュメントサムネールの詳細オプション(...)アイコンをタップすると、ドキュメントの名前変更、複製または削除を行えます。
  • 削除したクラウドドキュメントは、ホーム画面の「削除済み」セクションで見ることができます。

クラウドドキュメントとは

クラウドドキュメントは、互換性のあるアプリケーションで開いたり編集したりできるクラウドネイティブなファイルです。クラウドドキュメントの場合、どこにいても、どのデバイスを使用しても、常に最新のファイルを使用できます。

詳細については、「クラウドドキュメントについて」を参照してください。

クラウドドキュメントを共同編集

Aero のエクスペリエンスを複数のデバイスでシームレスに共同編集できるようになりました。第 1 デバイスでエクスペリエンスを編集した後で、第 2 デバイスでエクスペリエンスを開くと、編集内容を承認するか破棄するかを求めるダイアログボックスがデバイスに表示されます。同時に 2 つのデバイスでエクスペリエンスを開いているときは、第 2 デバイスで変更を行うと、第 1 デバイスのダイアログボックスにプロンプトが表示されます。

第 1 デバイスで行われた変更を承認することを選択すると、エクスペリエンスは更新されたバージョンで再読み込みします。変更を破棄することを選択した場合、エクスペリエンスは編集内容を含まないで再読み込みします。

クラウドドキュメントの詳細

Access your files across device

複数のデバイスでファイルにアクセス
クリエイティブな作業をクラウドドキュメントとして保存すれば、Adobe Aero がインストールされているすべての iPad や iPhone でアクセスできます。


Edit a secure or password protected PDF

ファイルを最新の状態に維持
便利な自動保存機能を使用して、作業を最新の状態に保つことができます。保存されていない作業を失うことがなくなり、どのデバイス上でも中断した所からピックアップできます。


Retain high quality

高品質をキープ
ドキュメントを完全に忠実に保存します。利便性と品質 - クラウドドキュメントでは両方を手に入れることができます。


次のステップ

クラウドドキュメントでの作業方法について説明しました。次に、ストレージの仕組みと、Adobe Aero のストレージを管理してアップグレードする方法を理解しましょう。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。投稿をお待ちしています。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー