マニュアル キャンセル

スターターアセットを使用して AR エクスペリエンスをデザインする

  1. Adobe Aero ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Aero とは
    2. Adobe Aero モバイル(iOS)の必要システム構成
    3. 拡張現実とは
    4. AR 用語集
    5. Adobe Aero | よくある質問
    6. ユーザーインターフェイスの基本
    7. Adobe Aero のアプリ内学習リソース
    8. Adobe Aero でのモバイルジェスチャーの使用
    9. 重要な 3D モデリングの概念
    10. Adobe Aero の新機能
  3. Aero デスクトップ
    1. Adobe Aero の新機能
    2. Adobe Aero デスクトップ | よくある質問
    3. ワークスペースの基本
    4. キーボードショートカット
    5. Aero にアセットを読み込む
    6. Adobe Aero デスクトップの必要システム構成
    7. サポートされているファイル形式
    8. クラウドドキュメントでの作業
  4. Android 版 Aero Player(ベータ版)
    1. Aero Player(ベータ版)の拡張現実コンテンツ
    2. Android 版 Aero Player(ベータ版)| よくある質問
    3. Android 版 Aero Player(ベータ版)の必要システム構成
  5. デジタルアセットを AR に対応させる
    1. Aero 用のアセットソース
    2. Aero 向けの Photoshop アセットの準備
    3. Aero 向けの Illustrator アセットの準備
    4. Aero 用の Dimension アセットの準備
    5. AR のアセットの最適化
  6. AR 対応アセットの読み込み
    1. Aero にアセットを読み込む
    2. Mixamo アセットを Aero に読み込む
    3. サポートされているファイル形式
    4. FBX ファイルを Aero に読み込む
  7. AR エクスペリエンスをデザインする
    1. Adobe Aero でデジタルアセットにオーディオを追加
    2. スペースのスキャンとサーフェスアンカーの設定
    3. デジタルアセットの配置とシーンの編集
    4. デジタルアセットにインタラクティブ機能を追加する
    5. 画像のアンカーを設定する
    6. Adobe Aero へのアニメーションアセットの追加
    7. 動作設定可能なキャラクターを使用したアニメーションの作成
  8. 書き出しと共有
    1. AR の作品共有
    2. Adobe Aero ドキュメントで他のユーザーとコラボレーションする
    3. 作成した AR を表示する
  9. クラウドドキュメントとストレージ
    1. クラウドドキュメントでの作業
    2. Adobe Aero のストレージのアップグレード
  10. サンプル、アイデアおよびインスピレーション
    1. スターターアセットを使用して AR エクスペリエンスをデザインする

Adobe Aero に組み込まれているスターターアセットを使用して、簡単な AR エクスペリエンスを作成する方法を説明します。

この記事では、スターターアセットの恐竜を使用して AR エクスペリエンスを作成し、公園や裏庭などのオープンスペースに配置する方法について説明します。

  1. Aero を開き、新規作成をタップします。

  2. 明るいスペースを選択します。この例では、公園または緑の屋外スペースを使用します。

  3. デバイスをゆっくりとパンして、Aero でサーフェスをスキャンしてサーフェスアンカーを設定できるようにします。 

    詳しくは、スペースのスキャンとサーフェスアンカーの設定を参照してください。

    .

  4. プラス(+)ボタンをタップして、スターターアセットアニメーション恐竜がほえるに移動します。

  5. 恐竜をスペースに配置します。好みに合わせて、恐竜を拡大・縮小、回転または位置変更できます。

    詳しくは、デジタルアセットの配置とシーンの編集を参照してください。

    .

  6. 恐竜を配置したら、インタラクティブ機能を追加できます。恐竜をタップすると、画面下部にツールバーが表示されます。

  7. 動作/トリガーをタップします。トリガーは、「開始」、「タッチ」または「近接へ侵入」に設定できます。この例では、「タッチ」を選択します

    詳しくは、デジタルアセットにインタラクティブ機能を追加するを参照してください。

    動作用の画像

  8. 次に、「アクション」をタップします。「バウンス」、「スピン」および「移動」などのアクションのリストから選択できます。恐竜に「アニメーション」を選択します。件名、アニメーション、再生回数などのその他の設定はデフォルトに設定されます。

  9. プレビューモードでは、アニメーション化された恐竜を見ることができます。

    作成した AR エクスペリエンスは、いくつかの方法で共有できます。例えば、エクスペリエンスの画像やビデオをキャプチャして、他のユーザーに送信できます。

    共有オプションの詳細については、画像またはビデオのキャプチャを参照してください。

次のステップ

スターターアセットを使用して AR エクスペリエンスを作成する方法について説明しました。自分のアセットを Aero に読み込んで、AR エクスペリエンスを作成してみてください。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン