まず、拡張現実(AR)とは何か、そして Adobe Aero を使用した没入型の AR エクスペリエンスの作成を開始するためには何を知っておくべきかを説明します。

拡張現実(AR)とは

AR を示す装飾的な画像

拡張現実とは没入型のエクスペリエンスで、物理的な世界に重ねて表示されるデジタルコンテンツを、見たり、聞いたり、感じたりすることができます。AR は、現実の境界を押し広げて、より直感的で、没入感が高く、インタラクティブな世界を実現します。

拡張現実が現実のものに

業界の AR 応用例を示す画像

AR は現在、ゲーム、製造業、サービス業、小売業、教育、医療などの分野で使用されています。AR は、消費者の製品エクスペリエンスを向上させるために使用できます。また、作業の生産性と精度を高めるためにも使用できます。実際の使用事例は多岐にわたります。 

クリエイティビティとストーリーテリングには限界がありません。現実をどのように拡張するかは、あなた自身の想像力とニーズにかかっています。

AR と Adobe Aero

拡張現実の世界で Adobe Aero を表現する画像

Adobe Aero では、コーディングすることなく、AR エクスペリエンスを簡単に作成できます。必要なのは、2D や 3D のデジタルアセットを Adobe Aero に読み込み、物理的なスペースに配置してインタラクティブ機能を追加することだけです。Adobe Aero を使用すると、AR をスムーズかつ直感的に作成できます。詳細については、「Adobe Aero とは」を参照してください。

AR 対応デジタルアセットを初めて作成する場合

作成に必要なものは、すべて用意されています。

AR の一般的な用語については、「AR 用語集」を参照してください。また、主要な 3D モデリングの概念と、Adobe Aero でのジェスチャーの使用方法も参照できます。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。