マニュアル キャンセル

ワークスペースの基本

  1. Adobe Aero ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Adobe Aero とは
    2. Adobe Aero モバイル(iOS)の必要システム構成
    3. 拡張現実とは
    4. AR 用語集
    5. Adobe Aero | よくある質問
    6. ユーザーインターフェイスの基本
    7. Adobe Aero のアプリ内学習リソース
    8. Adobe Aero でのモバイルジェスチャーの使用
    9. 重要な 3D モデリングの概念
    10. Adobe Aero の新機能
  3. Aero デスクトップ
    1. Adobe Aero の新機能
    2. Adobe Aero デスクトップ | よくある質問
    3. ワークスペースの基本
    4. キーボードショートカット
    5. Aero にアセットを読み込む
    6. Adobe Aero デスクトップの必要システム構成
    7. サポートされているファイル形式
    8. クラウドドキュメントでの作業
  4. Android 版 Aero Player(ベータ版)
    1. Aero Player(ベータ版)の拡張現実コンテンツ
    2. Android 版 Aero Player(ベータ版)| よくある質問
    3. Android 版 Aero Player(ベータ版)の必要システム構成
  5. デジタルアセットを AR に対応させる
    1. Aero 用のアセットソース
    2. Aero 向けの Photoshop アセットの準備
    3. Aero 向けの Illustrator アセットの準備
    4. Aero 用の Dimension アセットの準備
    5. AR のアセットの最適化
  6. AR 対応アセットの読み込み
    1. Aero にアセットを読み込む
    2. Mixamo アセットを Aero に読み込む
    3. サポートされているファイル形式
    4. FBX ファイルを Aero に読み込む
  7. AR エクスペリエンスをデザインする
    1. Adobe Aero でデジタルアセットにオーディオを追加
    2. スペースのスキャンとサーフェスアンカーの設定
    3. デジタルアセットの配置とシーンの編集
    4. デジタルアセットにインタラクティブ機能を追加する
    5. 画像のアンカーを設定する
    6. Adobe Aero へのアニメーションアセットの追加
    7. 動作設定可能なキャラクターを使用したアニメーションの作成
  8. 書き出しと共有
    1. AR の作品共有
    2. Adobe Aero ドキュメントで他のユーザーとコラボレーションする
    3. 作成した AR を表示する
  9. クラウドドキュメントとストレージ
    1. クラウドドキュメントでの作業
    2. Adobe Aero のストレージのアップグレード
  10. サンプル、アイデアおよびインスピレーション
    1. スターターアセットを使用して AR エクスペリエンスをデザインする

Aero デスクトップインターフェイスについて説明します。

Adobe Aero デスクトップでは、メニューバー、ホーム画面、編集モード、オブジェクトプロパティなどの様々な要素を使用して AR エクスペリエンスを作成します。

ホーム画面

ホーム画面では、クラウドドキュメント、最近のファイル、削除されたドキュメントにすばやくアクセスできます。

ホーム画面
ホーム画面

Aero デスクトップのホーム画面には、以下のオプションが表示されます。

タブ

説明

ホーム

以前のシーン、クラウドドキュメント、削除したシーンにすばやくアクセス

互換性のあるアプリケーションで開いたり編集したりできるクラウドネイティブなファイルで、どこにいてもどのデバイスでも、常に最新のファイルを使用可能

削除済み

最近削除されたシーン

新規作成

完全に新しい AR シーンを作成

開く

.real ファイルを開いて、既存の Aero プロジェクトファイルを編集

ワークスペースの概要

macOS

Aero デスクトップのワークスペース
Aero デスクトップのワークスペース

A. メインメニュー B. ホーム C. 編集モード D. プレビューモード E. 取り消し/やり直し F. 共有 G. シーングラフ H. アクションパネル I. プロパティパネル J. ビヘイビアービルダー K. スターターアセット L. ツールバー 

オプション 説明
メインメニュー ファイル、編集、オブジェクト、表示、ウィンドウ、ヘルプの各メニューおよびサブメニューにアクセス
ホーム 以前のシーン、クラウドドキュメント、削除したシーンにすばやくアクセス
編集モード クリエイティブなワークスペースと 3D カンバス
プレビューモード シーンとオブジェクトに追加した動作とインタラクティブ機能のプレビュー
取り消し/やり直し 最後に行った操作の取り消しまたはやり直し
書き出し/共有 AR エクスペリエンスの書き出しまたは共有
シーングラフ オブジェクトの表示、非表示、ロックおよび名前の変更
アクションパネル 削除、複製、グループ化、選択の整列、自動リスケールおよび元のサイズへの復帰
プロパティパネル オブジェクトの様々なプロパティを定義し、プロパティパネルの様々なオプションを使用してオブジェクトを操作
ビヘイビアービルダー 様々なタイプのトリガーとアクションを使用し、動作を作成してアセットをインタラクティブ化
スターターアセット AR の作成で使用できる便利なアセットのライブラリ
ツールバー 読み込み、選択、移動、拡大・縮小、回転の各ツールおよび回り込み、パン、ドリーのカメラツール

ツールバー

ツールバー
ツールバー

A. 読み込み B. 選択 C. 移動 D. 回転 E. 拡大・縮小 F. 回り込み G. パン H. ドリー 

オプション

説明

互換性のある 2D および 3D アセットを Aero に読み込み

選択

3 つの軸(X、Y、Z)のいずれかでオブジェクトを選択

移動

3 つの軸(X、Y、Z)のいずれかでオブジェクトを移動

回転

3 つの軸(X、Y、Z)すべてに沿ってオブジェクトを回転

拡大・縮小

3 つの軸(X、Y、Z)のいずれかでオブジェクトを拡大・縮小

回り込み

固定されたピボットポイントに基づいて現在の表示をモデルの周りで回転

パン

表示を水平および垂直にドラッグ

ドリー

Z 軸に沿ってモデルに向かってまたは逆方向に移動

アクションパネル

アクションパネル

アクションパネル
A. 選択を削除 B. 選択を複製 C. 選択をグループ化 D. 選択を整列 E. 自動拡大・縮小 F. 元のサイズに戻す

オプション

説明

選択を削除

選択したオブジェクトを削除

選択を複製

選択したオブジェクトを複製

選択を整列

選択したオブジェクトを下部サーフェス面に位置合わせ

自動リスケール

スクリーンビューに合わせてアセットサイズを自動的に調整

元のサイズに戻す

アセットのソースファイルで読み取られたとおりのアセットのオリジナルサイズに変更

プロパティパネル

プロパティパネル
プロパティパネル

A. 回転軸 B. 位置 C. 回転 D. 拡大・縮小 E. サイズ 

オプション

説明

回転軸

オブジェクトが回転またはスピンするポイントの位置を識別するために使用

位置

スペース内にオブジェクトを正確に配置するために使用

回転

オブジェクトを正確に回転するために使用

拡大・縮小

オブジェクトのサイズを正確に拡大・縮小するために使用

サイズ

オブジェクトの正確な寸法を識別するために使用

3D ギズモ

シーンにアセットを読み込んだら、3D ギズモツールを使用して、シーン内でオブジェクトを移動、拡大・縮小、回転させて、必要に応じてアセットを配置します。

ギズモハンドルは、対応する軸を表すように次のように色分けされています。

-       X 軸は

-       Y 軸は

-       Z 軸は

3D ギズモツールは、使用しているツールに応じてシェイプも変更します。以下は、ナビゲーションを支援するガイドです。

選択
選択

選択したオブジェクト上に 3D ギズモツールが表示され、アセットを移動、拡大・縮小、回転できます。

回転
回転

選択したオブジェクト上に 3D ギズモツールが表示され、X、Y、Z 軸上でのオブジェクトの回転のみを変更できます。

移動
移動

選択したオブジェクト上に 3D ギズモツールが表示され、X、Y、Z 軸に沿ったオブジェクトの移動のみができます。

拡大・縮小
拡大・縮小

選択したオブジェクトに 3D ギズモツールが表示され、X、Y、Z 軸に沿ったオブジェクトの拡大・縮小のみができます。また、中央のハンドルを使用して、縦横比を維持したまま拡大・縮小することもできます。

スターターアセット

Aero デスクトップには、AR の作成で使用できる便利なアセットのライブラリが読み込まれています。編集モードで、コンテンツアイコンをタップし、様々な使用可能なカテゴリをナビゲートして、AR の作成で使用するアセットを選択します。

スターターアセット
スターターアセット

A. コンテンツアイコン B. スターターアセットパネル

スターターアセットパネルの上部で、3D または 2D コンテンツをフィルター処理することもできます。アニメーションアイコンを使用すると、埋め込まれたアニメーションを含むスターターアセットコンテンツを簡単に識別できます。コンテンツのサムネールの右下隅にあるバッジを見つけます。

蝶(アニメーション)
蝶(アニメーション)

秋の木(静的)
秋の木(静的)

次のステップ

デスクトップワークスペースを使用して、シーンにアセットを配置および編集する方法を説明しました。アセットを配置したら、オブジェクトにインタラクティブ機能を追加してみましょう。

ご質問やアイデアがある場合

ご質問や他のユーザーと共有したいアイデアをお持ちの場合は、ぜひ Adobe Aero コミュニティに参加してください。投稿をお待ちしています。

Behance で自分の作品を紹介したり、他の人の作品からインスピレーションを得ることもできます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン