この文書では、Adobe Audition でエフェクトを使用してオーディオにエコーの効果を与える方法について説明します。

A. Analog Delay エフェクトでエコーの効果を与える方法

Analog Delay (アナログ ディレイ) とは、オリジナルサウンドのコピーを特徴的な歪みを加え遅らせて再生させる処理です。暖かいサウンドをシミュレートできます。別個の音と認識されるエコーを作成するには 35 ミリ秒以上のディレイタイムを指定し、より微妙な効果を得るには短いディレイタイムを指定します。

  1. Audition を起動し、エフェクト/ディレイとエコー/Analog Delay を選択します。

  2. エフェクト - Analog Daley ダイアログボックスでエフェクトの設定を行います。

    • モード
      ハードウェアエミュレーションのタイプを指定し、イコライゼーションおよび歪み特性を決定します。「テープ」と「テープ / チューブ」はビンテージディレイ装置の音響特性を反映し、「アナログ」は電子ディレイ装置の音響特性を反映します。
    • ドライ
      オリジナルの未処理オーディオのレベルを指定します。
    • ウェット
      ディレイのかかった処理済みのオーディオのレベルを指定します。
    • ディレイ
      ディレイの長さをミリ秒単位で指定します。
    • フィードバック
      ディレイラインにディレイオーディオを再度送ることにより、エコーを連続して作成します。例えば、20 %の設定では、ディレイオーディオがオリジナルの 5 分の 1 のボリュームで送られ、エコーは徐々に小さくなります。200 %の設定では、ディレイオーディオがオリジナルの 2 倍のボリュームで送られ、エコーは急激に強くなります。
      注意 : 極端に大きなフィードバック設定を試す場合は、システムのボリュームを下げてください。
    • トラッシュ
      歪みを大きくして低周波数を増幅し、暖かみを加えます。
    • スプレッド
      ディレイ信号のステレオ幅を指定します。
  3. 設定が完了したら、「適用」ボタンをクリックします。

B. Delay エフェクトでエコーの効果を与える方法

Delay (ディレイ) とは、オリジナルサウンドのコピーを遅らせて再生させる処理です。35 ミリ秒以上の長いディレイは、元の音とは別の音として認識されるのでエコーとなります。ディレイは、単一のエコーやその他さまざまなエフェクトの作成に使用できます。

  1. Audition を起動し、エフェクト/ディレイとエコー/Delay を選択します。

  2. エフェクト - Daley ダイアログボックスでエフェクトの設定を行います。

    • ディレイタイム
      L チャンネルと R チャンネルそれぞれのディレイを -500 ~ +500 ミリ秒で調整します。 負値を入力すると、チャンネルを時間的に遅延するのではなく早めることになります。
    • ミックス
      最終出力のミックスに含まれる、オリジナル (ドライ) 信号とディレイ処理された (ウェット) 信号の比率を設定します。 
    • 位相反転
      選択した波形の正値を負値に変更します。位相反転した波形をオリジナルの波形にミックスした場合、お互いの波形を打ち消します。 
    • ディレイタイムの単位
      ディレイ時間を設定する単位を、ミリ秒、拍、またはサンプルで指定します。
  3. 設定が完了したら、「適用」ボタンをクリックします。

C. Echo エフェクトでエコーの効果を与える方法

Echo (エコー) とは、オリジナルサウンドのコピーに非常に長いディレイ処理をして、個々のコピーを聞き分けられるほどにしたものです。「ディレイタイム」、「フィードバック」、「エコーレベル」の各オプションで L チャンネルと R チャンネルに異なる値を設定すると、印象的なステレオエコーエフェクトを得ることができます。
※ 単一のエコーだけを加える場合は、Delay エフェクトが適しています。 

  1. Audition を起動し、エフェクト/ディレイとエコー/Echo を選択します。

  2. エフェクト - Echo ダイアログボックスでエフェクトの設定を行います。

    • ディレイタイム
      エコー間隔をミリ秒、拍、またはサンプルで指定します。 例えば、100 ミリ秒に設定すると、10 分の 1 秒ずつ間隔をおいてエコーが再生されます。
    • フィードバック
      エコーの減衰率を指定します。 後続のエコーの音量は、直前のエコーよりも一定比率分小さくなります。 0 %に設定すると、エコーはまったく作成されません。100 %に設定すると、小さい音にならずに続くエコーが作成されます。
    • エコーレベル
      最終出力のミックスに含まれる、オリジナル (ドライ) 信号とエコー (ウェット) 信号の比率を設定します。
    • ディレイタイムの単位
      ディレイ時間を設定する単位を、ミリ秒、拍、またはサンプルで指定します。
    • L/R をロック
      各スライダの L チャンネルと R チャンネルをリンクさせ、両チャンネルで同じ値を設定できるようにします。
    • エコーバウンス
      L チャンネルと R チャンネルとの間でエコーがバウンスするようにします。
    • 連続エコーイコライザ
      あらかじめエコーから削除する周波数を指定する、8 バンドのエコー用 「Quick Filter」 です。
      後に続くエコーも毎回このイコライザを通して戻されるので、ルームで音が吸収される様子の自然なシミュレーションができます。

     注意 : 「連続エコーイコライザ」 は、他のイコライザ風のコントローラとは異なり、周波数を増幅させる機能は無く、減衰させることしかできません。

  3. 設定が完了したら、「適用」ボタンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー