Adobe Audition は、ビデオ・オーディオ制作で最高品質のサウンドを創出するためのプロフェッショナルツールです。レコーディング、ミキシング、音声修復など、様々なオーディオ制作作業を効率化します。

主な特徴

効率的にオーディオを制作

Mac OS ネイティブ対応

クロスプラットフォームの強力なオーディオツールセットでオーディオを録音、ミキシング、編集、およびマスタリングできます。Adobe Audition CC は、Windows に加え、Mac OS x v10.10 および v10.11 でネイティブに実行できます。

Adobe Premiere Pro とのラウンドトリップ編集

映像作品のオーディオ編集を簡単に行うことができます。個別のクリップやマルチトラックミックスを Adobe Premiere Pro から Audition に取り込んで編集できます。Premiere Pro のシーケンスを参照ビデオと一緒に Audition に送り、サウンドトラックを制作することもできます。

プロ仕様のオーディオフォーマット

最大 192kHz のサンプルレートで 24-bit または 32-bit の高解像度ファイルを作成できます。

バッチ処理

面倒な作業もバッチ処理で迅速に行うことができます。複数のファイルのサンプルレートやファイルフォーマットを、Adobe Audition で自動的に変換できます。

直感的なユーザーインターフェイス

ユーザの好みに応じてウィンドウ配置をカスタマイズし、ディスプレイを有効利用できるドッキングインターフェイスを採用。使いやすいフェーズ分析ツールやパワフルなミキサーパネルも備わっています。

オーディオの編集、本格的なサウンドの追加、復元トップへ

強力なオーディオ修復・編集ツール

オーディオの問題をすばやく解決します。Adaptive Noise Reduction ツール、DeClicker などの新しい診断ツールから、オーディオの問題を仮想的に修復するオーディオ修復ペイントブラシまで、Adobe Audition には完璧なオーディオ制作に役立つ強力な機能が用意されています。

エフェクトペイントブラシ/スポット修復ブラシ

スペクトル表示でエフェクトペイントブラシを使って自由に選択し、選択範囲にエフェクトを適用可能。スポット修復ブラシを使用すれば、選択範囲をなぞるだけで自動的にクリックノイズやポップノイズなどのノイズを修復できます。

波形とスペクトルの編集

Mac OS または Windows で、波形ビューやスペクトル表示を使用して作業できます。従来の波形ビューでオーディオを編集することも、周波数ベースのスペクトル表示で不要なノイズを分離、除去することもできます。

Adaptive Noise Reduction ツール

ファインノイズやバズノイズ、飛行機やファンから発生するカラードノイズなど、時間と共に変化するノイズをインテリジェントに除去できます。

アナログ式 Multiband Compressor

帯域ごとにダイナミクスレンジやラウドネスを調整できる iZotope 社の Multiband Compressor を搭載。ミックス全体を通してボーカルを立たせながら、部分的にベースやドラムを強調するといった処理が可能です。

サウンドスケープのデザイン

5.1 マルチチャンネルのネイティブ対応

マルチチャンネルファイルを編集して、プロジェクトを 5.1 サラウンドでミキシングできます。Adobe Audition CS5.5 では、ミキサービューのサラウンドパンナーに加え、サラウンドリバーブエフェクト、マルチチャンネルゲインプロセッサーのアンプリファイが新たに搭載されています。

マルチトラックミキシング

会話、音楽、サウンドエフェクトなどの複数のトラックを組み合わせて、刺激的なサウンドトラックを制作できます。クリップの分割または結合、ドラッグしてコピーなどの操作に加え、クリップまたはトラック全体のボリュームやパンの自動調整も可能です。

Guitar Suite エフェクト

ギターやその他の楽器とアナログタイプのギターエフェクトを合わせれば、思い通りのサウンドを作り出せます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー