マニュアル キャンセル

Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. Adobe Captivate、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp の最新バージョンにおける既知の問題および制限事項を解決します。
    2. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    3. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    4. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    5. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    6. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    7. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    8. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    9. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

一度作成したオブジェクトは、コピーして同じスライド内やプロジェクト内の別のスライドに貼り付けたり、プロジェクト内の複数のスライドに同時に貼り付けたりすることができます。これはとりわけ、特定のサイズ、色および書式を備えた複雑なオブジェクトを作成する場合、時間を大幅に削減することができます。

注意:

異なるプロジェクト間でオブジェクトをコピーおよび貼り付けることができます。

注意:

ライブラリに表示されるメディアオブジェクトは、ライブラリからスライドにドラッグするだけで簡単に再利用できます。

スライドからコピーしたオブジェクトをスライドレットに貼り付けると、オブジェクトの次のプロパティが変化します。

  • オブジェクトのタイミングが「残りのスライド」または「残りのプロジェクト」として指定されている場合は、「残りのスライドレット」に変更されます。

  • 「プロジェクトと同期化する」オプションは、FLV ファイルに対する有効性を失います。

別のスライドへのオブジェクトのコピー

  1. オブジェクトを含むスライドを開きます。

  2. オブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「コピー」を選択します。

    オブジェクトのコピーオプション
    オブジェクトのコピーオプション

  3. オブジェクトのコピー先のスライドを開きます。

  4. スライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「貼り付け」を選択します。

  5. スライドをコピーするには、右クリックして「コピー」をクリックし、「ペースト」をクリックします。

    スライドをコピー
    スライドをコピー

複数のスライドへのオブジェクトのコピー

  1. オブジェクトを含むスライドを開きます。

  2. オブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「コピー」を選択します。

  3. フィルムストリップで、オブジェクトのコピー先スライドを選択します。連続しているスライドを選択するには Shift キーを押したままクリックします。連続していないスライドを選択するには、Ctrl キーを押したままクリックします。

  4. 選択したスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「貼り付け」を選択します。

他のプロジェクトからのオブジェクトのコピー

他のプロジェクトのオブジェクトをコピーして貼り付けることができます。この戦略により、かなりの時間を節約できます。例えば、別のプロジェクトで詳細なオブジェクトを作成した場合を考えます。作成した新しいプロジェクトにオブジェクトをコピーして貼り付けます。

注意:

別の Adobe Captivate プロジェクトからメディアオブジェクトを再使用する場合は、現在のプロジェクトライブラリの内部からそのプロジェクトライブラリを開きます。次に、オブジェクトを直接スライドにドラッグするか、または現在のプロジェクトライブラリにドラッグし、簡単に再使用できます。

  1. コピーするオブジェクトを含む Adobe Captivate プロジェクトを開きます。

  2. オブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「コピー」を選択します。

  3. 上述の手順でコピーしたオブジェクトを追加する Adobe Captivate プロジェクトを開きます。

  4. オブジェクトを追加するスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  5. 「貼り付け」を選択します。

注意:

オブジェクトに関連付けられた「高度なアクション」と「共有アクション」をコピーすることもできます。そうするには、アクションが割り当てられた親オブジェクトに加えてこれらのアクション内から参照されたオブジェクトもコピーします。

オブジェクトの複製

オブジェクトの複製は、コンテントを再利用する簡単な方法です。例えば、詳細なキャプションを複製し、テキストの一部を変更すれば、プロジェクトの詳細情報をすばやく追加できます。

注意:

ライブラリに表示されるメディアオブジェクトは、ライブラリからスライドにドラッグするだけで簡単に再利用できます。

  1. 複製するオブジェクトを含むスライドを開きます。

  2. オブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「複製」を選択します。

    選択したオブジェクトが複製され、新しいオブジェクトがスライドに配置されます。複製されたオブジェクトは、オリジナルのオブジェクトと同様に編集および操作できます。

アピアランスのコピーと貼り付け

Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 では、オブジェクトのアピアランスをコピーして、1 つ以上の別のオブジェクトに貼り付けることができるようになりました。ワークフローは、テキストまたはオブジェクトのスタイルをコピーして、(スタイルを新規作成するのではなく)コピーしたスタイルを他のオブジェクトに適用することができる MS Word の書式のコピー/貼り付け機能に似ています。

この機能を使用すると、カラー、フォントのスタイルとサイズ、境界のスタイルなどの書式を複数のテキストやオブジェクトにすぐに適用できます。

テキストスタイルのコピー

テキストスタイルのコピー

テキストのアピアランスをコピーして別のテキストオブジェクトに貼り付けるには、次の手順に従います。

  1. プロジェクトを作成します。テキストオブジェクトを挿入するには、ツールバーでテキスト/テキストキャプションをクリックします。

    テキストオブジェクト
    テキストオブジェクト

  2. 異なるテキストプロパティを持つ 2 つ目のテキストオブジェクトを挿入します。

    2 つ目のテキストオブジェクト
    2 つ目のテキストオブジェクト

  3. 最初のテキストオブジェクトのアピアランスを 2 つ目のテキストオブジェクトに適用するには、最初のオブジェクトを右クリックし、「アピアランスをコピー」をクリックします。

    アピアランスをコピー
    アピアランスをコピー

  4. テキストスタイルがコピーされたら、2 つ目のオブジェクトに含まれるテキストを右クリックし、「アピアランスを貼り付け」をクリックします。

    アピアランスを貼り付け
    アピアランスを貼り付け

  5. 最初のオブジェクトに含まれるテキストのテキストスタイルを適用すると、2 つ目のオブジェクトに含まれるテキストのアピアランスが最初のオブジェクトのテキストと同様になります。

    コピーしたアピアランス
    コピーしたアピアランス

オブジェクトスタイルのコピー

テキストスタイルのコピーと貼り付けのように、オブジェクトのスタイルをコピーして、別のオブジェクトに貼り付けることもできます。

オブジェクトのアピアランスをコピーして貼り付けるには、次の手順に従います。

オブジェクトスタイルのコピー

  1. プロジェクトを作成します。ツールバーで「シェイプ」をクリックし、任意のスマートシェイプオブジェクトを挿入します。

    最初のスマートシェイプオブジェクト
    最初のスマートシェイプオブジェクト

  2. 異なる表示プロパティを持つ 2 つ目のオブジェクトを挿入します。

    2 つ目のスマートシェイプオブジェクト
    2 つ目のスマートシェイプオブジェクト

  3. 最初のオブジェクトのアピアランスを 2 つ目のオブジェクトに適用するには、最初のオブジェクトを右クリックし、「アピアランスをコピー」をクリックします。

    スマートシェイプのアピアランスをコピー
    スマートシェイプのアピアランスをコピー

  4. オブジェクトのスタイルがコピーされたら、2 つ目のオブジェクトを右クリックし、「アピアランスを貼り付け」をクリックします。

    スマートシェイプのアピアランスを貼り付け
    スマートシェイプのアピアランスを貼り付け

  5. 最初のオブジェクトのスタイルを 2 つ目のテキストオブジェクトに適用すると、2 つ目のオブジェクトのアピアランスが最初のオブジェクトと同様になります。

    コピーしたスマートシェイプのアピアランス
    コピーしたスマートシェイプのアピアランス

ボタンのステートのアピアランスをコピー

テキストおよびオブジェクトと同様に、ボタンのステートのアピアランスをコピーして別のボタンに貼り付けることができます。新しいボタンのステートは、元のボタンのステートと似たアピアランスになります。

  1. スマートシェイプを挿入し、ボタンに変換します。スマートシェイプをボタンに変換するには、ボタンを選択し、プロパティインスペクターで、「ボタンとして使用」オプションを有効にします。

  2. 2 つ目のスマートシェイプを挿入し、シェイプをボタンに変換します。

    ボタンとしてのスマートシェイプ
    ボタンとしてのスマートシェイプ

  3. 最初のボタンに次のようにステートを追加します。

    ボタンのステート
    ボタンのステート

  4. 最初のボタンにステートを追加したら、ステートビューを閉じてステージに戻ります。

  5. 最初のボタンを右クリックして「アピアランスをコピー」をクリックします。

  6. 2 つ目のボタンオブジェクトを右クリックして、「アピアランスを貼り付け」をクリックします。このアクションで、最初のボタンのステートのアピアランスが次のように 2 つ目のボタンに貼り付けられます。

    オブジェクトのアピアランスを貼り付け
    オブジェクトのアピアランスを貼り付け

  7. 2 つ目のボタンでステートビューに移動すると、最初のボタンで定義されていたすべてのステートが 2 つ目のボタンにコピーされていることがわかります。

    ボタンのステート
    ボタンのステート

    注意:

    最初のボタンにカスタムステートを追加し、そのスタイルを 2 つ目のボタンに適用した場合でも、アクセス済みのステートは 2 つ目のボタンのステートにコピーされません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン