Adobe Captivate で質問のスライドを手動で追加する代わりに、CSV ファイルから質問バンクを直接読み込むことができます。コース内で多数の質問を追加する必要がある場合は、CSV 形式のファイルを作成し、そのファイルから質問を読み込むと便利ですnumber of questions in your courses.

CSV とは、Comma Separated Value(カンマ区切り値)の頭字語です。CSV 形式のファイルでプレーンテキストを使用して、質問を作成することができます。 CSV ファイルとして保存されたファイルは、Adobe Captivate または Moodle に読み込むことができます。

CSV 形式
CSV 形式

CSV 形式の質問がない場合でも、CSV 形式ファイルで質問のフォーマットを素早く設定することができます。その後、そのファイルを .csv ファイルとして保存してから、Adobe Captivate に読み込みます。以下に、CSV 形式の一般的な構文を示します。

//質問タイプ 多肢選択や〇X形式など
//ポイント 質問に割り当てられるポイント
//質問ステム クイズの質問
//解答オプション 1、2... 質問のタイプに応じて異なる解答オプション

サポートされている質問のタイプ

  • 〇X形式
  • 多肢選択
  • 照合
  • 空欄を埋める
  • 短い答え

説明

ルール 説明
//質問タイプ サポートされている質問のタイプは、MC、TF、MAT、FIB、SA です。 質問タイプのセルの横にある矢印を使用して、作成したい質問タイプを選択します。 
//ポイント 質問に割り当てるポイント。0 ~ 100 までのポイントを割り当てる必要があります。
//質問ステム クイズの質問。 すべての質問で、質問ステムが必要になります。
//解答オプション 1、2、3、... 解答オプションは必須です。 各オプションを順に入力します。
*(アスタリスク)

正解の先頭にアスタリスク(*)を付けます。 アスタリスクを使用できるのは、〇X形式の質問と多肢選択形式の質問の場合だけです。多肢選択形式の質問で正解が複数ある場合は、すべての正解オプションにアスタリスク(*)を付加します。

「空欄を埋める」という質問タイプと「短い答え」という質問タイプの場合、入力されたすべての解答オプションが正解とみなされます。 これらの質問タイプの場合、解答オプションにアスタリスク(*)を付加する必要はありません。

*(アスタリスク) 〇X形式の質問では、「〇」と「X」の解答オプションが必要になります。 正解の先頭にアスタリスク(*)を付加します。
|(パイプ)

「空欄を埋める」という質問タイプの場合、解答オプションの先頭にパイプ(|)を付加します。 以下に例を示します。

太陽は | からのぼる。 

|(パイプ) 質問タイプが「照合」の場合、解答の選択肢とそれに対応する項目をパイプ(|)で分割します。 例えば、「Captivate | Adobe」などのように指定します。
|(パイプ) 多肢選択形式の質問でフィードバックを指定する場合は、解答の選択肢とそのフィードバックをパイプ(|)で分割します。 例えば、「Captivate | That’s Correct!」のように指定します。

質問を読み込む

  1. クイズ/CSV 形式のファイルを読み込み」または「ファイル/読み込み/CSV 形式のファイルを読み込み」をクリックします。

    注意:

    初めて CSV ファイルを読み込む場合は、デフォルトの場所が表示されます。 SampleQuestions.csv ファイルは、以下の場所に保存されています。

    Windows: C:\Program Files\Adobe\Adobe Captivate 2019 x64\Gallery\Quiz

  2. CSV 形式の質問が保管されているファイルを選択し開く」をクリックします。

    ファイルの質問が分析され、Adobe Captivate に読み込まれます。 Adobe Captivate でサポートされていない質問と回答がファイルに含まれている場合、エラーメッセージが詳細な情報を表示します。

注意:

CSV ファイルに追加された代替文字は、Captivate では正しく表示されません。 例えば、「Québec」という単語を CSV ファイルに追加した場合、Captivate では「Qu颥c」と表示されます。

この問題を解決するには、代替文字を入力する際に、CSV ファイルを UTF-8 CSV ファイルとして保存します。

Excel で、「ファイル」、「名前を付けて保存」の順にクリックし、「ファイルの種類」で「CSV UTF-8(カンマ区切り)(*.csv)」を選択します。

質問が読み込まれた後、その他の Adobe Captivate 質問スライドの場合と同じように、プロパティを指定することができます。クイズのプロパティについて詳しくは、「クイズのプロパティ」を参照してください。

注意:

CSV 形式の質問を質問プールに読み込むこともできます。詳しくは、「質問プールの作成」を参照してください。

マクロを使用して CSV ファイルを作成する

手動で CSV ファイルを作成するだけでなく、マクロを使用して CSV ファイルを作成することもできます。 サンプルの CSV ファイルと同じ場所に .xlsm ファイル(CSVQuestionsCreationMacro.xlsm)が保存されています。

マクロを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. ファイルを開き、コンテンツとマクロを有効にします。

    • 黄色い「保護されたビュー」メッセージバーが表示された場合は、「編集を有効にする」をクリックします。
    • 黄色い「セキュリティの警告」メッセージバーが表示された場合は、「コンテンツの有効化をクリックします。
    • Microsoft Excel のセキュリティに関する通知ダイアログボックスが表示された場合は、「マクロを有効にする」をクリックします。
  2. CSVInputForm」というワークシートを開きます。

  3. フォーム上の「質問タイプ」ドロップダウンリストで、「多肢選択」や「〇X形式」などの質問タイプを選択します。

    質問にポイントを割り当て、質問オプションと解答オプションを入力します。

  4. 必要な情報をフォームに取り込み、以下のボタンをクリックして追加のアクションを設定します。

    • 質問を追加:QuestionsCSV ワークシートに質問を追加するには、このボタンをクリックします。
    • 入力フォームをクリア:フォームをリセットするには、このボタンをクリックします。
    • CSV に書き出し:QuestionsCSV ワークシートから CSV ファイルを作成するには、このボタンをクリックします。作成した CSV ファイルは、Captivate に読み込むことができます。ファイル名の入力画面が表示されたら、ファイル名を入力します。
    • 説明に移動:説明が記載されたワークシートに移動するには、このボタンをクリックします。

エラーメッセージ

表示される可能性のあるエラーメッセージを以下に示します。

列 1 にエラーがあります。質問タイプが無効です。
列 3 にエラーがあります。質問フィールドを空にすることはできません。
解答オプションを空にすることはできません。
解答の数を 2 個未満にすることはできません。
照合問題の解答オプションの数を 2 個未満にすることはできません。
正しい解答はちょうど 1 個である必要があります。
正しい解答が少なくとも 1 個必要です。
正しい解答オプションが少なくとも 1 個必要です。
正しい解答が少なくとも 1 個必要です。
照合区切り文字(|)がありません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー