クイズの一般環境設定の設定

  1. 次のように選択します。

    • 編集/環境設定(Windows の場合)
    • Adobe Captivate/環境設定(Mac OS の場合)
  2. 環境設定ダイアログボックスで、クイズメニューの「設定」を選択します。

    クイズ環境設定の設定オプション
    クイズ環境設定の設定オプション
  3. 次の各フィールドに必要な情報を入力します。

    名前 クイズの名前を入力します。複数のクイズのあるプロジェクトでは、名前を付けることでクイズを簡単に識別できます。
    必須

    メニューから次のいずれかのオプションを選択します。

    • 任意 - ユーザーはこのクイズをスキップすることができます:ユーザーはクイズをスキップし、プロジェクトを進めることができます。
    • 必修 - 続行するにはクイズを受ける必要があります:ユーザーは、すべての質問スライドに移動した後でのみ、プロジェクトの次のスライドに進むことができます。
    • 合格必須 - ユーザーはこのクイズに合格した場合のみ続行することができます:ユーザーは、クイズで必要なポイントを獲得した場合のみ、プロジェクトの次のスライドに進むことができます。
    • 全問解答 - 続行するには、すべての質問に答える必要があります:ユーザーは、すべての質問スライドに解答した場合のみ、プロジェクトの次のスライドに進むことができます。
    目的 ID 質問スライドが属するクイズの ID です。複数のクイズが含まれるマスタクイズでは、目的 ID により、質問が属するクイズを識別できます。
    インタラクション ID プレフィックス ユーザーが質問スライドで実行するすべてのアクションには、一意のインタラクション ID が割り当てられます。例えば、1 回目でユーザーが質問を正しく解答できず2 回目に正解した場合、Adobe Captivate によって 2 つのインタラクション ID が生成されます。このフィールドは、生成された複数のインタラクション ID の先頭に、割り当て済みの文字を追加してカスタマイズする場合に使用します。
    解答をシャッフル 解答が複数ある質問スライドで、ユーザーが同じ質問スライドを次回試行するとき、解答がシャッフルされます。
    クリア クイズのすべての質問で「クリア」ボタンを表示するには、このオプションを選択します。
    戻る クイズのすべての質問で「戻る」ボタンを表示するには、このオプションを選択します。
    スキップ クイズのすべての質問で「スキップ」ボタンを表示するには、このオプションを選択します。
    レビューモードナビゲーションボタン <<」ボタンと「>>」ボタンを追加します。クイズの終了後にこれらのボタンを使用すると、自分の解答を順に確認することができます。 
    すべて送信

    このオプションを有効にすると、解答した質問を復習、変更したり、すべての質問を同時に送信したりできます。

    詳しくは、すべての解答の同時送信を参照してください。

    このオプションを有効にすると、すべてのメッセージを送信ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで、クイズの送信時に表示されるメッセージをカスタマイズできます。

    ブランチアウェア

    このオプションを使用して、ユーザーが復習した「ブランチ」の質問のみに基づいて、最終スコアを計算します。たとえば、あるプロジェクトに、それぞれに同様のクイズを 1 問含む 2 つのモジュールに分岐するクイズが含まれているとします。ユーザーが各 10 点の 3 問の質問のあるモジュールに到達した場合、スコアの合計は 30 点と考えられます。

    このオプションが有効でない場合は、スコアはユーザーが実際に表示しているモジュールではなく、プロジェクトの質問の合計数に基づいて計算されます。

    注:プリテストはデフォルトでブランチアウェアです。

    進行状況の表示

    ユーザーがクイズ内のどの質問に現在取り組んでいるか、質問の番号で表示することができます。

    詳しくは、進行状況インジケーターの環境設定の設定を参照してください。

    逆方向への移動を許可 以前に表示したスライドにもう一度アクセスできるようにするには、このオプションを選択します。
    クイズの最後にスコアを表示

    ユーザーがクイズの最後に自分のスコアを表示できるようにします。ユーザーがクイズに合格または不合格したときに表示されるメッセージをカスタマイズできます。メッセージをカスタマイズするには、「クイズ結果のメッセージ」をクリックします。また、スコアスライドに表示されるオプションもカスタマイズできます。

    このオプションを有効にすると、クイズ結果のメッセージダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで、合格メッセージと不合格メッセージをカスタマイズし、クイズの終了時に表示されるスコアを選択できます。

    採点済みクイズの表示を許可

    クイズの試行を完了し、スコアが表示された後、ユーザーはクイズを復習できます。このオプションを使用すると、ユーザーは、不正解だった質問と、その正解を確認できます。フィードバックで表示されるメッセージをカスタマイズできます。

    このオプションを有効にすると、質問の復習のメッセージダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで、クイズの復習時に表示されるメッセージをカスタマイズできます。

    クイズ内で再生バーを非表示にする

    質問スライドと結果スライドで再生バーを非表示にするには、このオプションを選択します。

    注:プリテスト質問には再生バーは表示されません。

クイズの復習

Adobe Captivate では、ユーザーがクイズに回答した後に復習すると、画像を使ってグラフィカルにフィードバックを提供します。

画像 / メッセージ

意味

「質問の種類」に表示される項目

質問の回答が不正解の場合

すべて

質問の回答が正解の場合

すべて

質問の回答が部分的に正解の場合

多肢選択形式の質問 (部分スコアが有効の場合)

たとえば、質問の正解が 2 つある場合に、ユーザーがそのうちの 1 つを選択した場合。

答えが完全ではありませんでした。

(環境設定/クイズ/設定/質問の復習のメッセージで指定したデフォルトのメッセージ)

質問をスキップした場合

ユーザーにスキップされた採点方式質問の種類

回答をスキップした場合

照合問題、順序問題、多岐選択問題、正解が複数ある空欄埋め問題

例えば、照合問題のコンボボックスでユーザーが 1 つもオプションを選択しなかった場合に表示されます。

正解

すべて

正解のリスト

照合問題、順序問題、空欄埋め問題

例えば、順序問題に対するユーザーの回答が不正解の場合、スティッキーアイコンに正解の順序が示されます。

正解(ホットスポット質問)

ホットスポット質問

不正解

すべて

不正解(ホットスポット質問)

ホットスポット質問

このアイコンは、ホットスポット質問でユーザーがクリックした不正解の回答すべてに対して表示されます。

これらの画像は <インストールフォルダー>/Gallery/Quiz/QuizReviewAssets フォルダーにあります。画像(PNG、FLA および SWF ファイル)は、カスタム画像で置き換えることができます。ただし、最良の結果を得るには、デフォルトと同じサイズを維持してください。

合格または不合格の環境設定の設定

クイズの合格に必要な最小スコアを設定できます。また、ユーザーがテストに合格または不合格した後に実行されるアクションも定義できます。

  1. 次のように選択します。

    • 編集/環境設定(Windows の場合)
    • Adobe Captivate/環境設定(Mac OS の場合)
  2. 環境設定ダイアログボックスで、クイズメニューの「合格」または「不合格」を選択します。

    合格または不合格の環境設定オプション
    合格または不合格の環境設定オプション
  3. 「合格/不合格オプション」で、次のいずれかの操作を実行します。

    • 合格/不合格オプション:ユーザーがクイズに合格するための条件を、正解率または合計ポイントで設定します。
    • 合格点/不合格点の場合のアクション:ユーザーがクイズに合格した場合と不合格だった場合に実行するアクションを設定します。ユーザーによるクイズの解答回数を設定することもできます。
  4. ユーザーがクイズに合格した後のプロジェクトの進行を指定するには、「合格点の場合」セクションでアクションを選択します。

    合格した場合のアクション
    合格した場合のアクション
  5. ユーザーがクイズに不合格だった場合に、その後のプロジェクトの進行を指定するには、「不合格点の場合」セクションでアクションを選択します。これらのアクションは、「合格点の場合」セクションのアクションと同じです。

メッセージとボタンラベルの指定

  1. 次のように選択します。

    • 編集/環境設定(Windows の場合)
    • Adobe Captivate/環境設定(Mac OS の場合)
  2. 環境設定ダイアログボックスで、クイズメニューの「デフォルトのラベル」を選択します。

    デフォルトのラベルオプション
    デフォルトのラベルオプション
    1 特定の条件に該当する場合に、メッセージによるデフォルトのフィードバックを表示します(例えば、質問に正しく解答した場合は、正解メッセージが表示されます)。
    2 クイズに追加されたすべてのボタンに表示されるデフォルトのボタンラベルを一覧表示します。 
    3 現在編集中のメッセージまたはボタンのプレビューを表示します。
  3. 「デフォルト質問ボタンのラベル」セクションで、「送信」、「すべて送信」、「クリア」、「スキップ」および「戻る」の各ボタンのデフォルトラベルとスタイルを変更します。これらの 4 つのボタンは、質問スライドに表示されます。ただし、そのスライドのプロパティインスペクターで、ボタンを無効にしている場合は表示されません。

    ラベルの新しいスタイルを作成するには、「新規スタイルを作成」をクリックします。詳しくは、オブジェクトスタイルを参照してください。

進行状況インジケーターの環境設定の設定

進行状況バーには、質問全体に対するユーザーの進行状況が表示されます。

進行状況インジケーターの環境設定を指定するには

  1. 次のように選択します。

    • 編集/環境設定(Windows の場合)
    • Adobe Captivate/環境設定(Mac OS の場合)
  2. 環境設定ダイアログボックスで、クイズ/設定を選択します。

  3. 「設定」セクションで、「進行状況を表示」を選択します。

  4. 進行状況の種類を指定します。これにより、質問全体に対するユーザーの進行状況が進行状況バーにどのように表示されるかが決まります。

    • 相対的な進行状況では、「質問 10 のうち 3」のように、現在の質問と質問の合計数が示されます。

    • 絶対的な進行状況では、「質問 3」のように、質問番号のみが示されます。

    注意:

    ブランチのあるクイズでは、ブランチパスは無限にある場合があります。たとえば、ユーザーがボタン A をクリックすると、ブランチ 1 に移動し、それ以外の場合はブランチ 2 に移動します。このような場合、Adobe Captivate は「相対的な進行状況」が選択されていても、質問の合計数を省略します。

サンプルプロジェクトのダウンロード

Captivate で魅力的な学習コンテンツを作成する方法の詳細については、次のプロジェクトをダウンロードします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー