マニュアル キャンセル

Adobe Captivate におけるショートカットキー

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. Adobe Captivate、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp の最新バージョンにおける既知の問題および制限事項を解決します。
    2. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    3. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    4. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    5. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    6. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    7. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    8. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    9. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

ショートカットキーを使用すると、移動や Adobe Captivate の操作をすばやく簡単に行えるようになります。マウスやプログラムメニューの代わりに、キーボード上でキーの組み合わせを使用できます。よく使用するショートカットキーを次の表に示します。

ショートカットキー

アクション

F1(Windows および Mac OS)

Adobe Captivate ヘルプを開く(ダイアログボックスレベルのヘルプにアクセスするには、各ダイアログボックスの「ヘルプ」ボタンをクリックする)

F2(Windows および Mac OS)

選択したオブジェクトの名前を変更する

F3(Windows および Mac OS)

現在のスライドをテストビューする

F4(Windows および Mac OS)

プロジェクトをプレビューする

F5(Windows および Mac OS)

音声の録音

F6(Windows および Mac OS)

音声を読み込む

F7(Windows および Mac OS)

スペルと文法のチェックを実行する

F8(Windows のみ)

プロジェクトを現在のスライドからプレビューする

F9(Windows のみ)

詳細なインタラクションパネルを表示する

F10(Windows のみ)

現在のスライドと次の N 枚のスライドをプレビューする

F11(Windows)、Command + F11(Mac) Web ブラウザーでプロジェクトをプレビューする(HTML)

F12(Windows)、Command + F12(Mac OS)

Webブラウザーでプロジェクトをプレビューする (SWF)

PageUp(Windows および Mac OS)

前のスライドにスクロールする

PageDown(Windows および Mac OS)

次のスライドにスクロールする

Alt + A(Windows)、Option + A(Mac OS)

質問プールを作成する

Alt + 上、下、左、右矢印(Windows)、Option + 上、下、左、右矢印

オブジェクトをクリックし、サイズ変更ハンドルをクリックした後で使用して、選択した方向にオブジェクトのサイズを 1 ピクセルずつ変更する

Ctrl + A(Windows)、Command + A(Mac OS)

すべて選択

Ctrl + B(Windows)、Command + B(Mac OS)

ライブラリ内で音声を検索する/テキストを太字に変更する

Ctrl + C(Windows)、Command + C(Mac OS)

コピーする(フィルムストリップ内のスライド、ステージ上の選択されたオブジェクト)

Control + D(Windows)

複製する(フィルムストリップ内のスライド、ステージ上の選択されたオブジェクト)

Ctrl + E(Windows)、Command + E(Mac OS)

タイムライン上で、オブジェクトの表示時間をスライドの最後まで延長する

Ctrl + F(Windows)、Command + F(Mac OS)

プロジェクトライブラリ内で特定のオブジェクトを検索および置換する

Ctrl + I(Windows)、Command + I(Mac OS)

インデントする(ステージで選択したオブジェクト)/テキストをイタリックに変更する. インデントはグリッドサイズに等しくなります。

Ctrl + L(Windows)、Command + L(Mac OS)

選択したオブジェクトをプレイヘッドと同期化する

Ctrl + M(Windows)、Command + M(Mac OS)

選択したオブジェクトを背景にマージする

Ctrl + N(Windows)、Command + N(Mac OS)

新しいプロジェクトを開く

Ctrl + O(Windows)、Command + S(Mac OS)

プロジェクトを開く

Ctrl + Q(Windows)、Shift + Option + R(Mac OS)

ランダム質問スライドを挿入する

Ctrl + R(Windows)、Command + R(Mac OS)

新しいキャプチャプロジェクトを開始/記録する

Ctrl + S(Windows)、Command + S(Mac OS)

保存する

Ctrl + T(Windows)、Command + T(Mac OS)

プロジェクトテンプレートを開く

Control + U(Windows)

選択したテキストに下線を引く

Ctrl + V(Windows)、Command + V(Mac OS)

クリップボードにコピーしたもの(スライド、画像、オブジェクトなど)をペーストする

Ctrl + W(Windows)、Command + W(Mac OS)

プロジェクトを閉じる

Ctrl + X(Windows)、Command + X(Mac OS)

切り取る(ステージ上で選択したオブジェクト)

Ctrl + Y(Windows)、Command + Y(Mac OS)

操作をやり直す

Control + Z(Windows)、Command + Z(Mac OS)

操作を元に戻す

Ctrl + Enter(Windows)、Conmmand+Enter(Mac OS)

プロジェクトをプレビューする

Ctrl + Alt + A(Windows)、Command + Option + A(Mac OS)

PowerPoint スライドをアニメーションとして書き出す

Ctrl + Alt + B(Windows)、Command + Option + B(Mac OS)

フィルムストリップを表示または非表示にする

Ctrl + Alt + C(Windows)、Command + Option + C(Mac OS)

クローズドキャプションダイアログボックスを表示する

Ctrl + Alt + D(Windows)、Shift + Option + D(Mac OS)

ライブラリを更新する

Ctrl + Alt + E(Windows)、Command + Option + E(Mac OS)

多角形描画オブジェクトのポイントを編集する

Ctrl + Alt + F(Windows)、Command + Option + F(Mac OS)

ライブラリを検索する

Ctrl + Alt + G(Windows)、Command + Option + G(Mac OS)

スライドグループを作成し、ロールオーバー領域を自動調整する

Ctrl + Alt + H(Windows)、Command + Option + H(Mac OS)

選択したオブジェクトを非表示にする

Ctrl + Alt + I(Windows)、Command + Option + I(Mac OS)

ライブラリ内で PowerPoint スライドを検索する

Ctrl + Alt + J(Windows)、Command + Option + J(Mac OS)

PowerPoint スライドを編集する

Ctrl + Alt + K(Windows)、Command + Option + K(Mac OS)

選択したオブジェクトをロックする

Ctrl + Alt + L(Windows)、Command + Option + L(Mac OS)

ライブラリを表示または非表示にする

Ctrl + Alt + M(Windows)、Command + Option + M(Mac OS)

マスタースライドを挿入する

Ctrl + Alt + N(Windows)、Command + Option + N(Mac OS)

スライドメモを表示する

Ctrl + Alt + O(Windows)、Command + Option + O(Mac OS)

追加スライドの記録

Ctrl + Alt + P(Windows)、Command + Option + P(Mac OS)

スライドグループを削除する

Ctrl + Alt + Q(Windows)、Option + Shift + Q(Mac OS)

質問プールマネージャーを表示する

Ctrl + Alt + S(Windows のみ)

PowerPoint スライドを編集する

Ctrl + Alt + T(Windows)、Command + Option + T(Mac OS)

タイムラインを表示または非表示にする

Ctrl + Alt + U(Windows)、Command + Option + U(Mac OS)

ライブラリの使用状況

Ctrl + Alt + V(Windows)、Command + Option + V(Mac OS)

ビデオファイルを読み込む

Ctrl + Alt + X(Windows)、Command + Option + X(Mac OS)

SWF のコメント付けペインの表示 / 非表示を切り替える

Ctrl + Alt + Z(Windows)、Command + Option + Z(Mac OS)

ウィジェットパネルの表示 / 非表示を切り替える

Shift + F7(Windows および Mac OS)

オブジェクトスタイルマネージャーを表示する

Shift + F8(Windows)、Command + ,(Mac OS)

環境設定ダイアログボックス

Shift + F9(Windows)、Shift + Command + F9(Mac OS)

アクションダイアログボックス

Shift + F10(Windows)、Shift + Command + F10(Mac OS)

目次

Shift + F11(Windows)、Shift + Command + F11(Mac OS)

スキンエディターパネル

Shift + F12(Windows)、Shift + Option + F12(Mac OS)

ファイルをパブリッシュする

Shift + A(Windows および Mac OS)

アニメーションプレースホルダーを挿入する

Shift + F(Windows および Mac OS)

Flash ビデオプレースホルダーを挿入する

Shift + R(Windows および Mac OS)

ロールオーバーキャプションプレースホルダーを挿入する

Shift + O(Windows および Mac OS)

ロールオーバーイメージプレースホルダーを挿入する

Shift + C(Windows および Mac OS)

テキストキャプションプレースホルダーを挿入する

Shift + V(Windows および Mac OS)

ビデオプレースホルダーを挿入する

Shift + M(Windows および Mac OS)

イメージプレースホルダーを挿入する

Shift + Q(Windows)、Option + Q(Mac OS)

質問スライドプレースホルダーを挿入する

Shift + X(Windows および Mac OS)

テキストアニメーションプレースホルダーを挿入する

Shift + Alt + A(Windows)、Shift + Option + A(Mac OS)

音声管理パネルを表示する

Shift + Alt + W(Windows)、Shift + Option + W(Mac OS)

開いているすべてのプロジェクトを閉じる

Shift + Alt + O(Windows)、Shift + Option + O(Mac OS)

記録スライドプレースホルダーを挿入する

Shift + Alt + P(Windows)、Shift + Option + P(Mac OS)

Photoshop ファイルを読み込む

Shift + Alt + S(Windows)、Shift + Option + A(Mac OS)

スピーチ管理パネルを表示する

Shift + Alt + V(Windows)、Shift + Option + V(Mac OS)

背景として貼り付け

Shift + Alt + 上、下、左、右矢印(Windows)、Shift + Option + 上、下、左、右矢印

オブジェクトをクリックし、サイズ変更ハンドルをクリックした後で使用して、選択した方向にオブジェクトのサイズを 10 ピクセルずつ変更する

Shift + Ctrl + A(Windows)、Shift + Command + A(Mac OS)

アニメーションオブジェクトを追加する

Shift + Ctrl + B(Windows)、Shift + Command + B(Mac OS)

新しいボタンを追加する

Shift + Ctrl + C(Windows)、Shift + Control + C(Mac OS)

新しいテキストキャプションを追加する

Shift + Ctrl + D(Windows)、Command + Shift + D(Mac OS)

スライドプロパティを表示する

Shift + Ctrl + E(Windows)、Shift + Command + E(Mac OS)

新しいズーム領域を挿入する

Shift + Ctrl + F(Windows)、Shift + Command + F(Mac OS)

FLV ファイルを挿入する

Shift + Ctrl + H(Windows)、Shift + Command + H(Mac OS)

スライドの表示 / 非表示を切り替える

Shift + Ctrl + I(Windows)、Shift + Command + I(Mac OS)

インデントを減らす

Shift + Ctrl + J(Windows)、Shift + Command + J(Mac OS)

空白スライドを挿入する

Shift + Ctrl + K(Windows)、Shift + Command + K(Mac OS)

新しいクリックボックスを追加する

Shift + Ctrl + L(Windows)、Shift + Command + L(Mac OS)

ハイライトボックスを挿入する

Shift + Ctrl + M(Windows)、Shift + Command + M(Mac OS)

新しい画像を追加する

Shift + Ctrl + N(Windows)、Shift + Command + N(Mac OS)

新しいアニメーションスライドを追加する

Shift + Ctrl + O(Windows)、Shift + Command + O(Mac OS)

新しいロールオーバー画像を追加する

Shift + Ctrl + P(Windows)、Shift + Command + P(Mac OS)

PPT を読み込む

Shift + Ctrl + Q(Windows)、Shift + Q(Mac OS)

質問スライドを挿入する

Shift + Ctrl + R(Windows)、Shift + Command + R(Mac OS)

ロールオーバーキャプションを挿入する

Shift + Ctrl + S(Windows)、Shift + Command + S(Mac OS)

プロジェクトを別の名前で保存する

Shift + Control + T(Windows)、Shift + Command + T(Mac OS)

テキストボックスを挿入する

Shift + Ctrl + U(Windows)、Shift + Command + U(Mac OS)

マウスを挿入する

Shift + Ctrl + W(Windows)、Shift + Command + W(Mac OS)

ウィジェットを挿入する

Shift + Ctrl + X(Windows)、Shift + Command + X(Mac OS)

テキストアニメーションを挿入する

Shift + Ctrl + Y(Windows)、Shift + Command + Y(Mac OS)

背景をコピーする

Shift + Ctrl + Z(Windows)、Shift + Command + Z(Mac OS)

スライドレットを挿入

Shift + Ctrl + Alt + B(Windows)、Shift + Command + Option + B(Mac OS)

分岐ビューを表示する

Shift + Ctrl + Alt + S(Windows)、Shift + Command + Option + S(Mac OS)

画像スライドを挿入する

Shift + Ctrl + Alt + E(Windows)、Shift + Command + Option + E(Mac OS)

エフェクトパレットを表示/非表示にする

Shift + Ctrl + V(Windows)、Shift + Command + V(Mac OS)

ステンシルスライドの挿入

Shift + Ctrl + G(Windows)、Shift + Command + G(Mac OS)

グラデーションを編集する

拡大操作用ショートカット

ショートカットキー

拡大レベル

Ctrl + 1(Windows)、Command + 1(Mac OS)

100%

Ctrl + 2(Windows)、Command + 2(Mac OS)

200%

Ctrl + 3(Windows)、Command + 3(Mac OS)

300%

Ctrl + 4(Windows)、Command + 4(Mac OS)

400 %

Ctrl + マイナス記号(-)(Windows)、Command + マイナス記号(-)(Mac OS)

ズームアウト

Ctrl + プラス記号(+)(Windows)、Command + プラス記号(+)(Mac OS)

ズームイン

Ctrl + 0(Windows)、Command + 0(Mac OS)

ベストフィットズーム/ワークスペース中央揃え

記録用ショートカットキー

記録時に使用するデフォルトのショートカットキーを次の表に示します。これらのショートカットは、記録プロセスの開始後にのみ使用してください。プロジェクトを編集している場合、同じキーが異なる機能を持ちます。

ショートカットキー

アクション

Ctrl + R(Windows)、Command + R(Mac OS)

新しいキャプチャプロジェクトを開始/記録する

Ctrl + Alt + O(Windows)、Command + Option + O(Mac OS)

追加スライドの記録

End(Windows)、Conmmand+Enter(Mac OS)

記録を停止する

Delete(Windows および Mac OS)

現在の選択範囲を削除する

Pause(Windows)、Command + F2(Mac OS)

記録を一時停止または再開する

PrintScreen(Windows)、Command + F6(Mac OS)

スクリーンショットを手動でキャプチャする

F4(Windows および Mac OS)

プロジェクトのプレビュー

F3(Windows および Mac OS)

1 つのスライドのプレビュー

F2(Windows および Mac OS)

キャプションテキストを編集する

F12(Windows および Mac OS)

ブラウザーでプロジェクトをプレビューする

F4(Windows)、Command + F4(Mac OS)

自動パニング

F3(Windows)、Command + F3(Mac OS)

手動パニング

F7(Windows)、Command + F7(Mac OS)

パニングを停止する

F9(Windows)、Command + F9(Mac OS)

フルモーション記録を開始する

F10(Windows)、Command + F10(Mac OS)

フルモーション記録を停止する

F11(Windows)、Command + F11(Mac OS)

記録ウィンドウをマウスに吸着させる

F12(Windows)、Command + F12(Mac OS)

マウスキャプチャを切り替える

記録用ショートカットキーの変更

  1. 編集/環境設定(Windows)または Adobe Captivate/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスで、記録メニューの「キー」を選択します。

    ショートカットキーを変更する環境設定ダイアログボックス
    ショートカットキーを変更する環境設定ダイアログボックス

  3. キーを変更するには、テキストボックスのいずれかを一度クリックし、キーボードでキーまたはキーのコンビネーションを押します。例えば、「記録を終了するキー」テキストボックス内をクリックして、Shift + Alt + 4 キーを押します。すると、「記録を終了するキー」テキストボックスに、入力したキーの組み合わせが表示されます。Ctrl キー、Alt キー、Shift + Ctrl キー、Shift + Alt キーなど、ほとんどのキーを使用することができます。例えば、記録を停止するキーを Alt + R キーに変更できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン