API Manager の機能概要

概要

ColdFusion API Manager は、アプリケーションおよびその他のバックエンドシステムのコア機能を公開する API の作成を支援します。これらの API は、実行時にパブリッシュおよび管理されます。

詳しくは、API Manager の概要を参照してください。

はじめに

まず、REST API を作成するか、SOAP から REST API をインポートすることから始めます。

詳しくは、API Manager の概要を参照してください。

ColdFusion と API Manager の統合

API Manager は、REST または SOAP サービスを使用して公開された API の管理を促進します。ColdFusion API とのシームレスな統合を体験するには、API Manager から ColdFusion REST サービスにアクセスします。

詳しくは、ColdFusion と API Manager の統合を参照してください。

ColdFusion API Manager のインストール

Windows、Linux および Mac OS X に ColdFusion API Manager をインストールします。

詳しくは、ColdFusion API Manager のインストールを参照してください。

ColdFusion API Manager - 管理者

管理者ポータルは、ColdFusion API Manager の管理者プロパティおよび機能を管理するためのプラットフォームです。管理者ポータルを使用して、公開したすべての API、その機能情報および機能以外の情報を管理できます。

詳しくは、API Manager - 管理者を参照してください。

ColdFusion API Manager - パブリッシャー

パブリッシャーとして、あらゆるサービスまたはアプリケーションから使用するための API を作成および公開できます。サブスクライバーは、API をアプリケーションで使用できます。

詳しくは、API Manager - パブリッシャーを参照してください。

ColdFusion API Manager - サブスクライバー

API の試用、サブスクライブされたすべての API の表示、API キーの生成、アプリケーションの作成などを行うことができます。

詳しくは、API Manager - サブスクライバーを参照してください。

スロットルとレート制限

スロットルは、ある一定期間におけるコンシューマーによる API の使用を制御するプロセスです。スロットルは、アプリケーションレベルおよび API レベルで定義できます。スロットル制限は、API レベルでの累積的な制限と考えられます。

レート制限は、コンシューマーが API にアクセスできるレートを定義するプロセスです。レート制限によって、コンシューマーが API にアクセスできる速度も決まります。レート制限はリアルタイムで計算されます。

詳しくは、スロットルとレート制限を参照してください。

Swagger ドキュメントの生成

Swagger ドキュメント生成機能は ColdFusion Server に搭載されています。ColdFusion サーバーは、REST CFC アプリケーションの登録後、Swagger ドキュメントを自動的に生成します。

詳しくは、Swagger ドキュメントの生成を参照してください。

メトリクスとロギング

ColdFusion API Manager は、API が生成する情報を収集および分析します。この情報は、API のパフォーマンスを測定するのに便利です。

詳しくは、メトリクスとロギングを参照してください。

通知

API Manager は、アラートまたは注意が必要なユーザーイベントに関する通知を送信します。

詳しくは、API Manager - 通知を参照してください。

コネクタ

API Manager では、コネクタは、Web サーバーからアプリケーションサーバーにリクエストをリダイレクトします。また、コネクタは、クラスターの様々なノード間の負荷分散を提供します。API Manager の Web サーバーコネクタは、Web サーバーとアプリケーションサーバーの間の通信を管理します。

詳しくは、API Manager - コネクタを参照してください。

クラスターサポートのセットアップ

API Manager は、アプリケーションのサイズ変更および高可用性の目的で、クラスターをサポートしています。管理者は API Manager を使用して、API のサイズ変更および高可用性の目的で、同種クラスターを作成できます。

詳しくは、クラスターサポートのセットアップを参照してください。

認証タイプ

API Manager は、API に対して堅牢な認証フレームワークを提供します。

詳しくは、「認証タイプ」を参照してください。

SSL の設定

HTTPS を使用してポータルにアクセスし、セキュリティを強化して、暗号化を行うことができます。

詳しくは、SSL の設定を参照してください。

マルチテナント機能

テナントの独立性を保ったまま API を共有できます。マルチテナント機能の目的は、複数のテナントでリソースを最大限に共有できるようにする一方で、テナントごとに独立したビューを提供することです。

詳しくは、API Manager のマルチテナント機能を参照してください。

ポリシー

ポリシーを使用すると、設定を変更することで API の動作を変更できます。

詳しくは、ColdFusion API Manager のポリシーを参照してください。

Redis クラスター

Redis クラスターにより、複数の Redis ノードを組み合わせて単一のデータストアとして使用できます。

お使いのデータセットを複数のノードに自動的に分割できます。 これは シャーディングとも呼ばれます。

詳しくは、Redis クラスターの作成を参照してください。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合