説明

米国英語の時刻形式設定規則に基づいて、時刻値を形式設定します。

戻り値

カスタム形式に形式設定された時刻値。マスクが指定されていない場合は、hh:mm tt 形式で時刻値が返されます。国際時刻形式については、LSTimeFormat を参照してください。

カテゴリ

日付および時刻関数表示および書式制御関数

関数のシンタックス

TimeFormat(time [, mask ])

関連項目

CreateTimeNowParseDateTimeLSTimeFormatDateFormat

履歴

ColdFusion 10:分のマスクの「m または M」は非推奨になりました。「n または N」を使用することをお勧めします。

ColdFusion MX 6.1: ミリ秒を表すマスク文字 L および l が追加されました。

ColdFusion MX:

  • 余分な文字の処理方法が変更されました。この関数では、mask 値の中の余分な文字の処理方法が、以前のリリースとは変更になっています。具体的には次のとおりです。
    • ColdFusion 5 以前では、形式設定された時刻と、余分な文字のアポストロフィ区切りリストが返されます。例えば、TimeFormat(Now(), "hh:mm:ss dog") は、8:17:23 d'o'g を返します。
    • ColdFusion MX では、形式設定された時刻と、余分な文字がそのまま返されます。例えば、上の例では、8:17:23 dog が返されます。
      余分な文字が一重引用符で囲まれている場合(例:hh:mm:ss 'dog')には、ColdFusion 5 と ColdFusion MX のいずれでも、形式設定された時刻と余分な文字がそのまま返されます。例えば、この例では、8:17:23 dog が返されます。
  • 次の mask パラメーターオプションのサポートを追加:short、medium、long および full

パラメータ

パラメータ

説明

time

変換する日付時刻値または文字列です。

mask

形式を指定するマスク文字からなる文字列です。

  • h: 時。1 桁の場合は先頭に 0 が付きません (12 時間形式)。
  • hh: 時。1 桁の場合は先頭に 0 が付きます (12 時間形式)。
  • H: 時。1 桁の場合は先頭に 0 が付きません (24 時間形式)。
  • HH: 時。1 桁の場合は先頭に 0 が付きます (24 時間形式)。
  • n:分。1 桁の場合は先頭に 0 が付きません。
  • nn:分。1 桁の場合は先頭に 0 が付きます。
  • s: 秒。1 桁の場合は先頭に 0 が付きません。
  • ss: 秒。1 桁の場合は先頭に 0 が付きます。
  • l または L: ミリ秒。先頭に 0 が付きません。
  • t: 午前および午後を表す 1 文字の時刻マーカー文字列 (A および P など)。
  • tt: 午前および午後を表す複数文字の時刻マーカー文字列 (AM および PM など)。
  • short: h:mm tt と同等。
  • medium: h:mm:ss tt と同等。
  • long: medium の内容の後に 3 文字のタイムゾーン。例 : 2:34:55 PM EST
  • full: long と同じ。
  • z:リテラル形式のタイムゾーン。例:GMT
  • Z:オフセット時間で表すタイムゾーン(RFC 822 TimeZone)。例:+0530
  • X:ISO 8601 形式のオフセット時間で表すタイムゾーン。以下に、'X' の 3 つの使用例を示します。
    •          X:+05
    •          XX:+0530
    •          XXX:+05:30

使用方法

日付時刻値を文字列として渡すときは、その値を引用符で囲みます。引用符で囲まない場合、その値は日付時刻オブジェクトの数値表現として解釈されます。日付および時刻の形式を設定する関数を使用しないと、データベースクエリーの結果の日付時刻値は、その順序や形式がばらばらになる可能性があります。日付や時刻を適切な形式で表示し、ColdFusion アプリケーションのユーザーに混乱を与えないようにするには、DateFormat 関数と TimeFormat 関数を使用して、クエリーからの日付時刻値を形式設定することをお勧めします。

<cfset todayDate = #Now()#> 
<body> 
<h3>TimeFormat Example</h3> 
<p>Today's date is <cfoutput>#todayDate#</cfoutput>. 
<p>Using Timeformat, we can display the value in different ways: 
<cfoutput> 
<ul> 
<li>#TimeFormat(todayDate)# 
<li>#TimeFormat(todayDate, "hh:nn:ss")# 
<li>#TimeFormat(todayDate, "hh:nn:sst")# 
<li>#TimeFormat(todayDate, "hh:nn:sstt")# 
<li>#TimeFormat(todayDate, "HH:nn:ss")# 
</ul> 
</cfoutput> 
<p>To generate a standard ISO 8601 W3C Date and Time string like 
1997-07-16T19:20, concatenate a DateFormat function, the character T, and a 
TimeFormat function. 
For example: dateformat(now(), "yyyy-mm-dd")#T#TimeFormat(now(), "HH:nn:ss") 
produces:</p> 
<cfoutput>#dateformat(now(), "yyyy-mm-dd")#T#TimeFormat(now(), "HH:nn:ss")#</cfoutput> 
</body>

マスク z、Z、X、XX および XXX の使用例

<cfscript>
    writeoutput(timeFormat(now(), "hh:mm:ss, z"));
    writeoutput(timeFormat(now(), "hh:mm:ss, Z"));
    writeoutput(timeFormat(now(), "hh:mm:ss, X"));
    writeoutput(timeFormat(now(), "hh:mm:ss, XX"));
    writeoutput(timeFormat(now(), "hh:mm:ss, XXX"));
</cfscript>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー