マニュアル キャンセル

ベクターブラシ

Adobe Fresco でベクターブラシを使用して描画およびペイントする方法について説明します。

Adobe Fresco を使用すると、ラスタライズとベクターの両方のブラシの大規模なコレクションを入手できます。また、同じキャンバスでそれらを使用できます。

表示領域のサイズに合わせて拡大縮小する必要があるアートワークを作成する場合は、ベクターブラシを使用します。Adobe Fresco からアートワークを書き出して、Adobe Illustrator で作業することもできます。Adobe Illustrator は、ベクターグラフィックデザインの最も洗練されたツールの 1 つです。 

Adobe Fresco のベクターブラシは、描画とペイントの自然な使用感と仕上がりを実現します。 

ベクターブラシでスケーラブルなグラフィックを作成
ベクターブラシでスケーラブルなアートワークを無限に作成

ベクターブラシを選択して微調整する方法

以下の手順に従ってベクターブラシを選択し、ブラシ設定をカスタマイズして目的のブラシを取得します。

  1. ベクターブラシアイコンをダブルタップします。
  2. ブラシのリストから、好みのブラシを選択します。
  3. 必要に応じてブラシサイズ やスムージング プロパティを変更します。
  4. ブラシ設定 アイコンをタップして、ブラシ設定を微調整します。

ベクターブラシで描画を開始すると、レイヤーサムネール上にそれがベクターレイヤーであることを示す アイコンが表示されます。

ベクターブラシ設定を変更すると、ブラシストロークがどのように変化するかを確認できます。
ブラシ設定を微調整すると、ライブプレビューが変更されます

適切なベクターブラシを選択するためのヒント

ブラシのリストからブラシ、ブラシサイズ、スムージングのレベル、およびブラシ設定パネルの設定を選択するとイメージどおりのブラシを簡単に選択できます。

ベクターブラシの種類

ブラシの種類

ブラシ

使用用途

基本

ラウンド

自然で滑らかなブラシストロークを作成します。

テーパー

先細のエッジでブラシストロークの太さを制御します。 

フラット

キャンバスの広い領域をすばやくカバーします。 

彫刻刀

山や石を描きながら、鋭いノミの効果を得ます。 

ターミナル

機械と設備の図面の精度を高めます。 

テーパー(開始)

テーパーで始まり、テーパーなしで終わる線を描画します。

テーパー(終了)

テーパーなしで始まり、テーパーで終わる線を描画します。

テーパー(速度)

速度を使用して、開始と終了のテーパーの量を制御します。

ジッター

ジッター(小)

描画中にブラシの形状を小さく変化させます。

ジッター(中)

描画中にブラシの形状を中程度に変化させます。

ジッター(大)

描画中にブラシの形状を大きく変化させます。

マンガ

G ペン

あらゆる文字のメインラインを正確に描画します。

丸ペン

細い線、顔の特徴、複雑なオブジェクトを簡単に描画できます。

ミリペン

均一な線、フレーム線、背景を最高の精度で作成できます。 

スムージング

スムージングオプションを使用すると、ブラシのタッチが滑らかになります。

ベクターブラシ設定

ブラシ設定パネルで設定を変更すると、エフェクトをライブで描画およびプレビューできるようになります。

真円率

スライダーを使用して、ブラシチップの形状を設定します。スライダーを 100%にすると、完全に丸いブラシチップが得られます。0%では、ブラシチップはシャープで線形になります。

真円率はブラシチップの形状を制御します。
ブラシチップの形状を設定します。

角度

スライダーを使用して、ブラシの角度を微調整し、彫刻刀で描いたようなストロークを描画できるようにします。ブラシチップの真円度は、シャープな角度のブラシストロークを得るために、小さな値にする必要があります。

ブラシの角度を設定して、彫刻刀で描いたようなストロークを取得します。
ブラシチップの角度を設定します。

テーパーの始点と終点

スライダーを使用して、ブラシストロークの端の太さを調整します。ストロークの始点または終点にテーパを付けるには、始点および終点のテーパコントロールを使用します。スライダーを 100% に移動すると、テーパーが最大になります。0% のテーパーの場合、ストロークはデフォルトの太さのままです。

テーパー(開始)

テーパーの始点を使用して、ブラシストロークの始点の太さを調整します。

テーパー(終了)

テーパーの終点を使用して、ブラシストロークの終点の太さを調整します。

ブラシストロークの端の太さを調整します
ブラシストロークの端の太さを設定します

筆圧変化

スライダーを使用して、スタイラスの圧力感度を制御します。

速度変化

スライダーを使用して、スタイラスのスピード感度を制御します。

シェイプダイナミクス

シェイプサイズのダイナミクスとスタイラスのジッター距離感度をスライダーで制御できます。

チルトと回転

チェックボックスをオンにすると、ベクターブラシのチルトと回転が有効になります。

回転を使用すると、オブジェクトを時計回りまたは反時計回りに回転させることができます。また画像を左右どちらかにわずかに傾けることもできます。

テーパー(速度)

速度と圧力の制御を同時に使用することで、ストロークの両端でテーパ効果が得られます。ストロークの端をシャープにするには、ブラシ設定をカスタマイズしてから、すばやくストロークを描きます。

ベクターストロークをトリミング

ベクタートリミングを使用して、交差するベクターストロークをすばやく削除します。

ベクターストロークをトリミングするには、タッチショートカットのセカンダリ状態をアクティベートしてから、削除するベクターセグメントを 1 度スワイプします。ストロークを完全に削除するには、ストロークを 3 回スワイプします。キャンバスから指またはタッチペンを離すと、ストローク全体が削除されます。

セグメントまたはストローク全体をトリミング
セグメントまたはストローク全体をトリミング

フォーラムで疑問を解決し、アイデアを共有する

これで Adobe Fresco のベクターブラシが使用できるようになりました。Adobe Fresco のインターフェイスは直感的であるため、ベクターブラシ、ピクセルブラシ混合ブラシライブブラシカラーなどを使用して、すぐに創造性を発揮できます

Adobe Fresco について質問がある場合や、アイデアを広く共有するには、Adobe Fresco コミュニティフォーラムにご参加ください。皆様のご意見と作品の共有をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン