この文書は、InDesign CS の基本的な使用方法に関するヒント集です。

文字や段落の編集、配置、表の作成、ページネーション、印刷といった InDesign CS の基本操作を 8 つのカテゴリに分けてご紹介します。

  

ページの設定

文字の入力と編集

段落の編集/文字組み

他のファイルから配置

画像の編集

表作成

ページの構成

印刷/書き出し

 

 ページの設定

 

[基本操作] [レイアウトグリッド] を使って新規作成するには

フォントのサイズや行間などのレイアウトが決まっている場合は、[レイアウトグリッド] を使っての新規作成がおすすめです。

 

 

[基本操作] [マージン/段組]を使って新規作成するには

マージン (余白) だけを設定し、自由にレイアウトを行いたい場合は、[マージン/段組] を使っての新規作成がおすすめです。

 

  

[基本操作] 保存するには

作成したドキュメントを保存する方法について解説します。

 

  

[基本操作] レイアウトする前に

レイアウトをする前に、InDesign でよく使用する 「オブジェクト」や「フレーム」とは何なのかを理解しておきましょう。

 

 

[基本操作] [ページ] パレットの基本操作

本や冊子などを作成する場合は、[ページ] パレットを使って管理していきます。

[ページ] パレットでは、ページを挿入したり並べ替えたりすることができます。

 

 

[基本操作] マスターページの設定

マスターページを設定すると複数のページに共通のレイアウトを一度に適用することができます。

 

 

[基本操作] マスターページを新規作成 (追加) するには

1 から新たに作成することも、既存のページをマスターに設定することもできます。章やテーマ別などに、マスターページを複数作成しておけば、作業スピードも向上します。

 

 

[基本操作] マスターの内容を既存のページに適用するには

マスターの内容は [ページ] パレットを使用して、簡単に既存ページに適用することができます。

  

↑top

 

 文字の入力と編集

 

[基本操作] 文字を配置するには

テキストフレームを作成し、文字を配置する方法を紹介します。

テキストフレームを作成するには [文字ツール] を使用します。

 

  

[基本操作] 円や多角形の枠内に文字を入力する

テキストフレームだけでなく、[長方形ツール] や、[楕円形ツール] を使って描画した図形の中にも文字を配置することができます。

 

 

[基本操作] グリッドを使って文字を入力する (フレームグリッド)

フレームグリッドを使って文字を入力してみましょう。フレームグリッドとは、方眼紙のようなテキストフレームです。

 

    

[基本操作] 文字の組み方向を変更するには

テキストフレームやフレームグリッド、または楕円形などの図形の中の文字の組み方向は、後からでも簡単に変更することができます。

 

  

[基本操作] フォントやサイズを変更するには

入力した文字の、フォントやサイズを変更してみましょう。 フォントは [文字形式コントロール] パレット、[文字] パレットで変更することができます。

 

 

[基本操作] 文字の色を変更するには

文字も他のオブジェクトと同じように、[塗り] と [線] で構成されています。

どちらの色も [カラー] パレットを使用して変更することができます。

 

   

[基本操作] 文字の間隔を設定するには

文字の間隔を調整する機能として、[カーニング]、[字送り]、[文字ツメ]、[字取り] などが用意されています。

 

   

[基本操作] 文字スタイルを設定するには

フォントやサイズなどの文字書式を文字スタイルとして登録することができます。

 

 

[基本操作] デフォルトフォントを設定するには

ドキュメントを開いていないときに設定を変更すると、その設定が次回より作成される新しいドキュメントのデフォルト設定になります。

 

 

[基本操作] 文字フレーム間リンクを設定するには

テキストフレームは連結することができます。1つのテキストフレーム (ページ) に入りきらない内容などを新しいテキストフレームと連結して流し込むことができます。

   

↑top

 

 段落の編集/文字組み

 

[基本操作] 段落揃えを変更するには

段落の行揃えを変更するには [段落] パレットの [行揃え] ボタンを使用します。[行揃え] ボタンは、[左/上揃え]、[中央揃え]、[右/下揃え] をはじめ 7 種類用意されています。

 

  

[基本操作] 段落の前後の間隔を調整するには (アキ設定)

[段落] パレットの [段落前のアキ] と [段落後のアキ] を設定することにより段落の前後の間隔を調整することができます。

 

   

[基本操作] タブ設定で文字を揃えるには

[タブ揃え] の機能を使用すると、一定の間隔で文字と文字の間をあけることができます。見出しとページ数など、箇条書きにする項目に使用すると便利です。

 

    

[基本操作] インデントを設定するには

段落の書き出しを下げたい場合にはインデント設定を使用しましょう。

[段落] パレットで [一行目左/上インデント] を設定すると、ぶら下がりインデントを設定することができます。

 

    

[基本操作] 文字組みを設定するには

InDesign CS には、14 種類の文字組みセットが用意されており、段落に適用することができます。

 

  

[基本操作] 行頭や行末に括弧類がくるのを防ぐには (禁則処理設定)

[禁則処理設定] 機能を使用して、行頭に句読点や拗音などがくることを防いだり、行末に起こしの括弧がくることを防ぐことができます。

 

   

[基本操作] 段落スタイルを設定するには

文字の書式と段落の書式をまとめて段落スタイルとして登録することができます。登録したスタイルは、別の段落に適用することができます。

   

↑top

 

 他のファイルから配置

 

[基本操作] テキストファイルの内容を流し込むには

[配置] コマンドを使用して、テキスト (.txt) ファイルで作成した内容をドキュメントに流し込むことができます。

 

    

[基本操作] 画像を配置するには

[配置] コマンドを使用して、画像ファイルをドキュメントに配置することができます。

 

   

[基本操作] Phootshop や Illustrator で作成したファイルを配置するには

[配置] コマンドを使用して、Photoshop や Illustrator で作成したファイルをドキュメントに配置することができます。

 

    

[基本操作] Word で作った文書を配置するには

[配置] コマンドを使用して、Word で作成した文書をドキュメントに配置することができます。

 

    

[基本操作] Excel で作った表を配置するには

[配置] コマンドを使用して、Excel で作成した表をドキュメントに配置することができます。

   

↑top

 

 画像の編集

 

[基本操作] 円や多角形の枠内に画像を配置するには

[長方形フレームツール] や、[楕円形フレームツール] などのグラフィックフレームツールを使って描画した図形の中にも画像を配置することができます。

 

    

[基本操作] フレーム内で画像の位置を調整するには

図形の中に配置した画像は、一部が表示されているだけの状態です。

[ダイレクト選択ツール] を使用すると、図形内に配置した画像を動かして表示部分を調整することができます。

 

 

[基本操作] 画像のサイズを変更するには

配置した画像を拡大/縮小することができます。

画像の拡大/縮小は、[ダイレクト選択ツール]、[拡大/縮小ツール]、[自由変形ツール] などを使用して行うことができます。

 

    

[基本操作] 画像のパスに沿って文字を回り込ませるには

文字の上に画像などのオブジェクトを配置する場合、オブジェクトに [テキストの回り込み] を設定することで簡単に文字を回り込ませることができます。

 

    

[基本操作] InDesign の描画機能について

InDesign にも Illustrator のような描画機能が搭載されています。

[ペンツール] で直線や曲線を描画したり、[鉛筆ツール] でフリーハンドで描画したりすることができます。

   

↑top

 

 表作成

 

[基本操作] 表を作成するには

行や列を指定して表を作成することができます。

新しい表を作成するとき、表はテキストフレーム内に、フレームの幅いっぱいになるように作成されます。

 

    

[基本操作] 表の基本操作を覚えよう

列/行を追加/削除したり、幅を指定したりなど、[表] パレットを使用した表の基本的な操作/設定について紹介します。

 

   

[基本操作] セルに文字を入力するには

セルに文字を入力してみましょう。セルへの文字入力も、通常の文字入力と同様、[文字ツール] を使用して行います。

 

    

[基本操作] セル内の文字を編集するには

セル内に入力した文字を編集しましょう。フォントやサイズ、色を変更したり、中央揃えなどの設定を行うことができます。

 

    

[基本操作] 表の罫線と塗りを設定するには

表の境界線 (表の外周) の外観や塗りなどは [表の属性] ダイアログボックスで行うことができます。

 

  

[基本操作] セルを分割/結合するには

セルを縦または横に分割したり、選択したセルを結合する方法について紹介します。

   

↑top

 

 ページの構成

 

[基本操作] ページ番号を付けるには

ページ番号マーカーを使用することで、ページ上のページ番号の位置やそのデザインを指定することができます。ページ番号マーカーは自動的に更新される特殊記号なので、他のページを追加、削除、移動しても、表示されるページ番号は常に正確です。

 

    

[基本操作] 複数のドキュメントを 1 つのブックにまとめるには

複数のドキュメントを 1 のブックファイルとしてまとめて管理することができます。ブックはさまざまなスタイルとスウォッチ、文字ヅメなどの組版設定を共有することができます。

 

   

[基本操作] ブックのページ番号を設定するには

ブックファイル内のドキュメントのページ番号は、初期設定では自動で割り当てられます。ページ番号のスタイルと開始ページは、各ドキュメントのオプションで設定することができます。

 

    

[基本操作] 目次を作成するには

あらかじめ章タイトルや小見出しに段落スタイルを設定しておけば、それらを利用して簡単に目次ページを作成することができます。各ドキュメントには章やイラストレーションのリストなど、複数の目次を作成することができます。

 

    

[基本操作] 索引を作成するには

索引は参照者がドキュメント内を検索するのに非常に役立ちます。

InDesign では [索引] パレットを使用して索引の作成、編集、プレビューを行うことができます。

   

↑top

 

 印刷/書き出し

 

[基本操作] 印刷時のイメージを確認するには (プレビューモード)

プレビューモードを使用すると、定規、グリッド、フレーム枠といった印刷されない要素をすばやく非表示にすることができます。

 

    

[基本操作] 用紙サイズと向きを指定して印刷するには

InDesign でドキュメントの用紙サイズや方向を指定して印刷する基本的な方法について紹介します。

 

   

[基本操作] トンボを付けて印刷するには

印刷時にトンボを付けてドキュメントを印刷することができます。

断裁や製本、多色刷りの指標として付けるマークをトンボといいます。

 

  

[基本操作] PDF ファイルに書き出すには

InDesign で作成したドキュメントを、Acrobat (Adobe Reader) で参照することができる PDF 形式で書き出すことができます。

※Adobe Reader は無料でダウンロードが行えます。

   

↑top

 

 

 

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー