この文書では、Adobe InDesign のストーリーエディターを使用した編集について説明します。

A. ストーリーエディターとは

InDesign にはレイアウトウィンドウ以外にストーリーエディターウィンドウがあり、どちらでもテキストの編集を行うことができます。ストーリーエディターウィンドウでは、環境設定で指定した一定のフォント、サイズ、間隔でストーリー全体を表示します。これにより、レイアウトやフォーマットを気にすることなく、作成および編集することができます。

B. ストーリーエディターを開く

  1. InDesign で既存のファイルを開きます。

  2. テキストフレームを選択します。

    テキストフレームを選択
  3. 編集/ストーリーエディターで編集 を選択します。

  4. ストーリーエディターウィンドウが表示されます。必要な編集を行います。
    ※ ストーリーエディターで行った編集は即時レイアウトに反映されるため、レイアウトを確認しながら編集作業を行うことができます。またストーリーエディターでは XML タグの表示や適用を行うことができます。

    ストーリエディタウィンドウ

C. ストーリーエディターのアイテムの表示または非表示

ストーリーエディターウィンドウの表示を 表示/ストーリーエディター から切り替えることができます。
※ 変更の際は、ストーリーエディターウィンドウがアクティブになっていることを確認してください。

  • スタイル名のコラムの表示/非表示
  • 奥行き定規の表示/非表示
  • 新規段落の始点を示す、改段マークの表示/非表示
  • 脚注の展開/折りたたみ

D. ストーリーエディターの環境設定

ストーリーエディタの環境設定を変更することで、ストーリーエディターの外観を自由にカスタマイズすることができます。環境設定で設定可能な項目はフォントの種類とサイズ、行間隔、テキストカラー、背景カラー、テーマ、アンチエイリアス、カーソルオプションがあります。これらの設定はストーリーエディタ上の外観を決定するもので、実際のレイアウトには反映されません。

  1. InDesign を起動し、編集/環境設定/ストーリーエディター を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスでオプションの設定を行い、「OK」をクリックします。

    ストーリーエディターの環境設定

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー