書き出しの種類

ビデオの書き出しは、後から行う追加編集に適した形式や、対象とする視聴者に最も適した形式で、シーケンスから行うことができます。Premiere Pro は、様々な用途やデバイスに合わせた形式での書き出し機能をサポートしています。

ファイルの書き出しと追加編集

編集可能なムービーファイルまたはオーディオファイルを書き出して、エフェクトやトランジションが完全にレンダリングされた状態でプレビューできます。また、Premiere Pro 以外のアプリケーションでファイルの編集を続けることもできます。同様に、静止画シーケンスも書き出すことができます。ビデオの単一フレームから書き出した静止画は、タイトルやグラフィックとして使用することもできます。

Premiere Pro は、直接書き出しと Adobe Media Encoder の書き出しの両方をサポートしています。直接書き出しでは、Premiere Pro から新しいファイルが直接生成されます。Adobe Media Encoder の書き出しでは、Adobe Media Encoder にファイルが送信され、レンダリングされます。Adobe Media Encoder で、アセットを直ちにレンダリングするか、レンダリングキューに追加するかを選択できます。

テープへの書き出し

シーケンスやクリップを、サポートされているビデオカメラまたは VTR のビデオテープに書き出すことができます。この書き出し形式は、マスターテープをアーカイブする場合や VTR でのスクリーニング用にラフ編集を行う場合に使用します。

他のシステム用のプロジェクトファイルの書き出し

クリップだけでなくプロジェクトファイルを AAF ファイルに書き出すことができます。AAF ファイルは、様々なサードパーティ製の編集システムに読み込んで、仕上げ作業をすることができます。Premiere Pro プロジェクトの不要な部分を削除し、バックアップ用として保存できます。ソースメディアは使用してもしなくてもかまいません。

各種デバイスおよび Web サイト用の書き出し形式

最終的に、Adobe Media Encoder を使用して、プロフェッショナル向けのテープデッキ、DVD プレーヤー、ビデオ共有 Web サイト、携帯電話、ポータブルメディアプレーヤー、標準解像度(SD)テレビ、高精細(HD)テレビなどのデバイスに適した形式でビデオを書き出すことができます。

Adobe Media Encoder

Premiere Pro とその他のアプリケーションは、スタンドアロンのエンコーディングアプリケーションである Adobe Media Encoder を使用します。書き出し設定ダイアログボックスで書き出し設定を指定して「書き出し」をクリックすると、書き出し要求が Premiere Pro から Adobe Media Encoder に送信されます。

書き出し設定ダイアログボックスで、「キュー」をクリックして Premiere Pro シーケンスをスタンドアロンの Adobe Media Encoder キューに送信します。キューでシーケンスを 1 つまたは複数の形式にエンコードしたり、その他の機能を使用することができます。

スタンドアロンの Adobe Media Encoder がバックグラウンドでレンダリングおよび書き出しを実行しているときに、Premiere Pro で作業を続行することができます。Adobe Media Encoder は、キュー内にある各シーケンスの最新保存バージョンをエンコードします。

ビデオおよびオーディオファイルの書き出しワークフロー

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • タイムラインパネルまたはプログラムモニターで、シーケンスを選択します。
    • プロジェクトパネル、ソースモニターまたはビンで、クリップを選択します。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • ファイル/書き出し/メディアを選択します。メディアを書き出し設定ダイアログボックスが表示されます。
    • ファイル/書き出しを選択します。メディア以外のいずれかの書き出しオプションを選択します。
  3. (オプション)書き出し設定ダイアログボックスで、シーケンスまたはクリップの書き出すソース範囲を指定します。ワークエリアバーにあるハンドルをドラッグします。次にインポイントを設定ボタン またはアウトポイントを設定ボタン をクリックします。
  4. 画像をクロップするには、ソースタブを選択し「出力ビデオをクロップ」オプションを指定します。
  5. 書き出すファイルのファイル形式を選択します。
  6. (オプション)対象とする再生方法、配布方法および視聴者に最適なプリセットを選択します。Premiere Pro には、Twitter、Facebook、Vimeo および YouTube 用のプリセットが用意されています。「パブリッシュ」タブをクリックします。

    注意:

    Premiere Pro シーケンスからそのシーケンスと同じ設定で自動的にファイルを書き出すには、書き出し設定ダイアログボックスで「シーケンス設定を一致」を選択します。

  7. 書き出しオプションをカスタマイズするには、タブ(ビデオ、オーディオなど)をクリックし、適切なオプションを指定します。

  8. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 「キュー」をクリックします。Adobe Media Encoder で、キューに追加されるエンコードジョブを開きます。
    • 「書き出し」をクリックします。Adobe Media Encoder によってアイテムが直ちにレンダリングされ、書き出されます。

初期設定で、Adobe Media Encoder はソースファイルが保存されているフォルダーに書き出したファイルを保存します。Adobe Media Encoder は、指定した形式の拡張子をファイル名の最後に追加します。書き出した各種ファイル用の監視対象フォルダーを指定できます。

書き出し設定ダイアログボックスの各種設定の使用について詳しくは、書き出し設定リファレンスを参照してください。

ビデオチュートリアル

これらのビデオチュートリアルを参照して、Premiere Pro からのメディアの書き出しについて学習してください:

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー