内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements のヒストリーパネルの利用方法について説明します。

A. ヒストリーパネルとは

ヒストリーパネルには、Photoshop Elements で画像に対して行った編集操作が履歴として表示されます。履歴をたどって行った操作を確認したり、やり直したりすることができます。

3041_01

B. ヒストリーパネルの表示

ヒストリーパネルを表示するには、以下のいずれかの操作を行います。

  • メニューから、ウィンドウ/ヒストリー を選択します。
  • ウィンドウ右下の「その他」アイコン右の矢印をクリックし、メニューから「ヒストリー」を選択します。
3041_02

C. ヒストリーパネルの操作

画像に編集を加えるたびに、その画像の変更履歴がヒストリーパネルに追加されます。ヒストリーパネルを使うと、画像を履歴の状態に復帰させることができます。

ヒストリー画像の復帰をするには、ヒストリー画像の名前をクリックするか、パネル左のスライダーを目的のヒストリー画像までドラッグします。

 注意 : ファイルを閉じると履歴がリセットされるため、再度ファイルを開きなおした場合には、閉じる前の状態に戻すことはできません。 

3041_03

D. ヒストリーの削除

ヒストリー画像を選択して削除すると、選択したヒストリー以降のリストも削除されます。また、画像は削除したヒストリーの一段階前の状態まで復帰します。

ヒストリー画像を削除するには、削除するヒストリー画像を選択し、右クリックして「削除」を選択します。 

3041_04

E. ヒストリーの消去

メモリが不足している場合、ヒストリーの消去によってメモリを開放することができます。この場合、画像は変更されずにヒストリーだけが消去されます。ヒストリーを消去するには、ヒストリーパネルメニューから「ヒストリーを消去」を選択するか、編集/メモリをクリア/ヒストリー を選択します。

 注意 : 消去したヒストリーを元に戻すことはできません。

3041_05

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー