内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements で画像をドットで表現する方法について説明します。

A. ハーフトーンパターンフィルター

Photoshop Elements では、ハーフトーンパターンフィルターを使用して、画像をドットで表現することができます。 

ハーフトーンとは、写真内の異なるグレーの濃度を、さまざまなサイズのドットで表現した単色画像です。ハーフトーンパターンフィルターを使用すると、連続階調を維持したまま、画像にハーフトーンスクリーンの効果を与えることができます。 

4662_01
  1. Photoshop Elements を起動し、ファイル/開く を選択して加工する画像を開きます。

  2. フィルター/スケッチ/ハーフトーンパターン を選択します。

  3. フィルター設定ダイアログボックスでパターンの大きさ、コントラスト、タイプを設定し、「OK」をクリックします。

    4662_02

B. カラーハーフトーン

カラーハーフトーンフィルターは、レイヤーに拡大したハーフトーンスクリーンを使用したような効果を加えます。このフィルターでは画像が正方形に分割され、各正方形が円に置き換えられます。円の大きさは、正方形の明るさに比例します。

また、ハーフトーンのドットの最大半径や、チャンネルごとにスクリーン角度は設定することが可能です。

  1. Photoshop Elements を起動し、ファイル/開く を選択して加工する画像を開きます。

    4662_03
  2. フィルター/ピクセレート/カラーハーフトーン を選択します。

  3. カラーハーフトーンダイアログボックスで、ハーフトーンの半径、各チャンネルのハーフトーンの角度を設定し「OK」をクリックします。

    4662_05
  4. 画像にカラーハーフトーンフィルターが適用されます。

    4662_04

 

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー