内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements の調整レイヤーの適用方法について説明します。

A. 調整レイヤーとは

調整レイヤーを使用すると、画像内のピクセル自体を変更することなく、カラー調整や色調補正を試すことができます。調整レイヤーは、それより下のレイヤーのカラーを調整するベールのようなものです。

5598_01

B. 調整レイヤーの適用範囲

調整レイヤーの下のすべてのレイヤーに適用

初期設定では、調整レイヤーの効果はその下のすべてのレイヤーに適用されます。調整レイヤーより上のレイヤーには影響がありません。 

5598_02

直下のレイヤーにのみ適用

Photoshop Elements では、レイヤーを直下のレイヤーとグループ化(クリッピングマスク)することが可能です。その場合、直下のレイヤーにのみ効果を適用させることが可能です。 

クリッピングマスクを適用するには、調整レイヤーを選択した状態で、レイヤー/クリッピングマスクを作成 を選択します。

5598_03

C. 調整レイヤーの種類

調整レイヤーには、以下のような種類があります。

調整レイヤーの種類 効果
レベル補正 画像の色調の値を補正します。
明るさ・コントラスト 画像を明るく、または暗くします。
色相・彩度 画像のカラーを調整します。
グラデーションマップ 選択している画像に対して、指定したグラデーションカラーを適用し、効果を追加します。
レンズフィルター 画像のカラーバランスと色温度を調整します。
階調の反転 画像の明るさの値に基づいてネガを作成することで、写真のネガのような効果を実現します。
2 階調化 画像をモノクロ (グレーなし) で描画します。これにより、最も明るい領域と最も暗い領域を特定することができます。
ポスタリゼーション 画像の明るさの値 (レベル) を下げてカラーの数を減らすことで、反面的なポスターのような効果を実現します。

調整レイヤーパネルでは、それぞれに応じたオプションの設定が行えます。(階調の反転にはオプションはありません)

5598_04

D. 調整レイヤーの適用方法

  1. Photoshop Elements を起動し、スタートアップ画面で「写真の編集」を選択します。

  2. ファイル/開く を選択し、ファイルを読み込みます。

  3. ウィンドウ上部で「エキスパート」を選択します。

    5598_05
  4. ウィンドウ下部で「レイヤー」を選択します。

    5598_06
  5. レイヤーパネルで調整レイヤーを作成ボタンをクリックして、作成する調整レイヤーを選択します。

    5598_07
  6. 作成した調整レイヤーに応じて設定行います。

    5598_08
  7. 一部のレイヤーにのみ調整レイヤーを適用するには、調整レイヤーを選択した状態で、レイヤー/クリッピングマスクを作成 を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー