ここでは写真の境界線をぼかす方法を説明します。境界線をぼかした写真は、ホームページやブログ、グリーティングカードなどの素材として使用するとおしゃれな雰囲気になります。
  1. Photoshop Elements を起動して、[写真の編集] をクリックします。

  2. [開く] をクリックして、編集する画像を開きます。

  3. まず写真を範囲選択します。

    画面左のツールボックスから [長方形選択ツール] をクリックします。

    ここでは写真を楕円形にするため、画面下部のツールオプションから [楕円形選択ツール] を選択します。

  4. ドラッグして任意の位置や大きさで範囲選択します。

    選択範囲を変更する場合は、写真の上で右クリックし一覧から [選択範囲を変形] をクリックすると、バウンディングボックスが表示され、範囲を自由に変更できます。

  5. 範囲選択ができたら、画面上の [選択範囲] メニュー から [選択範囲を反転] を選択します。

  6. 選択範囲の外側が選択された状態になります。

  7. 画面上の [選択範囲] メニューから [境界をぼかす] をクリックします。

    ※ 選択状態(点線が点滅している状態)のまま写真上を右クリックして [境界をぼかす] を選択することでも同様の操作を行えます。

  8. 境界をぼかすウィンドウが表示されます。

    どのくらいぼかすか半径を指定し、[OK] をクリックします。値が小さいほどぼかしも小さく、値が大きくなるほど境界線がぼんやりとします。

    ここでは「20」 pixel に指定します。

  9. キーボードの Delete キーを押して選択範囲の外側の領域を削除します。

    ※ 半径の値が同一でも写真の大きさによって仕上がりが変わります。イメージ通りにならなかった場合は、好みの仕上がりになるまで、手順 8 の半径の値を調整してやり直しましょう。

    操作を元に戻すには、キーボードの Ctrl + Z キー(Windows)/Command + Z キー(Mac OS) を押します。

追加情報~背景色を削除する方法~

上記の手順では、外側の領域を削除することで背景色(初期設定では白)が見えてフチのある写真になりますが、背景色も削除したいという場合は、編集する写真を開いたあと [背景] レイヤーから通常のレイヤーに変換する必要があります。

  1. エキスパートモードで画面右下の [レイヤー] をクリックしてレイヤーパネルを表示します。[背景] レイヤーを右クリックし、[背景からレイヤーへ] を選択します。

  2. 新規レイヤー画面が表示されたら、そのまま [OK] をクリックします。

    通常レイヤーに変換されたら、手順3 からの操作を行います。

    手順8 で外側の領域を削除すると、背景色が削除され透明になります。

    以上で、写真の境界線をぼかす手順は完了です。

写真の境界線をぼかすことはできましたか?

写真を少しお洒落に見せてくれるテクニックは他にもあります。「画像の角を丸くしてみよう」もぜひ試してみてください!

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー