Photomerge 構成

写真からエレメントを抽出して、まったく新しいシーンを作成し、別の写真に配置します。人物が欠落しているグループ写真があれば、別の写真から、欠落している人物の画像を取り出し、このグループ写真に挿入できます。Photomerge 構成機能を使用すると、カラーと照明が自動的に調整され、現実感のあるシーンを作成できます。見栄えの良い写真のリミックスやマッシュアップを作成します。

Photomerge_Compose
(左と中央)別々の画像、2 人の子供が回転木馬で遊んでいます。(右)単一の画像、回転木馬である子供が他の子供を追いかけています。

ある画像からオブジェクトを抽出して別の画像に追加できる Photomerge 構成機能については、Photomerge 構成(オブジェクトの抽出)のトピックを参照してください。

自動切り抜き候補

写真の切り抜きは簡素化できます。自信のないユーザーのために、Photoshop Elements 13 は 4 つの切り抜きオプションを用意しています。4 つのオプションのいずれかを選択することで、優れたコンポジションをすばやく入手できます。

AutoCropSuggestions
切り抜きツールを選択すると、Photoshop Elements によって 4 つのコンポジションが自動的に推奨されます。

この機能について詳しくは、自動切り抜き候補のトピックを参照してください。

eLive

Elements Live(eLive)ビューは、コンテンツやリソースをユーザーが使用できるようにするためのコンセプトです。魅力的なビジュアルを提供し、Photoshop Elements Editor および Organizer から直接アクセスできます。新しい eLive ビューには、記事、ビデオ、チュートリアル、その他の様々な情報が、学習、アイデア、ニュースなどのチャネルごとに表示されます。ユーザーは、様々なチュートリアルや記事にアプリケーションからアクセスできます。

Facebook カバー写真

他人と差を付ける Facebook カバー写真を投稿します。Photoshop Elements 13 の Facebook カバー機能を使用して、Facebook プロフィールとカバー写真を一緒にブレンドする楽しい写真を作成します。

FacebookCover_SS

Facebook カバー機能について詳しくは、Facebook プロフィール/カバー写真の作成のトピックを参照してください。

新しいガイド付き編集

昔に戻って、白黒の世界を思い浮かべましょう。あるいは、目を引く色を残して、他の部分を黒と白で残してみましょう。Photoshop Elements 13 の新しいガイド付き編集を使用すれば、数回クリックして調整するだけで、ありふれた写真を芸術作品に変えることができます。 

GuidedEdit_SelectiveColor
他のすべての色の彩度を下げて、青色を引き立てます。

Photoshop Elements 13 の新しいガイド付き編集について詳しくは、新しいガイド付き編集のトピックを参照してください。

選択範囲の編集と調整

微細な要素を選択することが困難な場合があります。Photoshop Elements 13 以降では、間違った選択を行った場合、始めから選択し直す代わりに、現在選択している範囲の境界線を微調整することができます。選択範囲の境界線を移動するだけで、完璧な結果が得られます。

この機能について詳しくは、選択範囲の編集と調整のトピックを参照してください。

コンテンツに応じた塗りつぶし

不要で、望ましくないオブジェクトが写真に取り込まれる場合があります。これらの要素を削除すると、Photohshop Elements 13 は、削除された領域の周辺部分を参考にして、写真内の選択領域をインテリジェントに塗りつぶします。

ContentAware
(左)手の画像。手が一部しか見えないので目障りです。(右)写真の目障りな部分が削除された後、その部分がインテリジェントに塗りつぶされています。

写真の選択部分をインテリジェントに塗りつぶす方法について詳しくは、コンテンツに応じた塗りつぶしのトピックを参照してください。

境界線を調整

選択範囲の境界線を調整するためのオプションに、ツールオプションバーからアクセスしやすくなりました。 

PSE13_RefineEdge
ツールオプションバー内の「境界線を調整」ボタン

エキスパートモードで、選択ブラシツール(A)または選択ブラシを調整ツール(A)を選択すると、ツールオプションバー内の便利な場所に配置された「境界線を調整」ボタンを通して、選択範囲の境界線を調整するオプションを使用できるようになります。

Adobe Camera Raw 8.7

最新バージョンの Adobe Camera Raw(ACR 8.7)は、Photoshop Elements 13 に統合されています。 

クイック編集効果

クイックモードでの効果が再検討されました。各効果で 5 つの可能なバリエーションが表示され、最適なオプションを選択できるようになりました。 

QuickEdits
効果グループ:四季(最上部、左から右):オリジナル、夏、春(最下部、左から右):秋、冬、雪

効果、テクスチャ、フレームを追加できるクイックモードについて詳しくは、拡張されたクイックモードのトピックを参照してください。

エキスパートモード効果

効果パネル(効果モード)で、新しく分類され、改良された効果で写真を装飾します。19 の新しい効果が追加され、すべてのサムメールが効果をより明確に表示するように改善されました。

Expert_Effects_New
(エキスパートモード)19 個の新しいエフェクトを含む新しく分類されたエフェクトパネル

機能強化

スクラップブックのプリセット

スクラップブックのプリセットは、すべてのロケールと国で利用できるようになりました。

PSE_Scrapbooking
スクラップブックのプリセットは、すべてのロケールで表示されるようになりました。

プリセットを使用するには:

  1. Photoshop Elements 13 で、ファイル/新規/白紙ファイルをクリックします。
  2. 新規ダイアログボックスで、プリセットドロップダウンからスクラップブックを選択します。

レイヤースタイル

レイヤー用のスタイル設定ダイアログには、線を配置するための新しいドロップダウンが追加されました。このドロップダウンには、外側、内側、中央の値があります。

PSE13_layerstyles
スタイル設定ダイアログの新しい位置ドロップダウン

新しいドロップダウンを使用するには:

  1. Photoshop Elements 13 で、レイヤーを選択し、レイヤーメニューでレイヤースタイルスタイル設定をクリックします。 
  2. スタイル設定ダイアログボックスで、を選択してから、位置ドロップダウンを使用します。

文字ツール - スクラブスライダー

フォントサイズにスクラブスライダーの機能が追加されました。これにより、フォントサイズをすばやく簡単に変更できるようになりました。

フォントサイズのスクラブスライダーを使用するには:

  1. 文字ツール(T)を選択します。
  2. ツールオプション領域で、テキストラベルサイズの上にマウスポインターを合わせます。
  3. マウスポインターの形状が変化したら、左クリックして左方向にドラッグするか(フォントサイズが減少)、右クリックして右方向にドラッグします(フォントサイズが増加)。

最近開いたファイル

  • 「開く」ドロップダウンと、ファイル最近編集したファイルを開くメニューで、最近開いたファイルが表示されます。どちらのリストも、フォルダー全体とファイル名を示す代わりに、ファイルの名前のみが表示されるようになりました。

Photoshop Elements 13 から削除

  • 編集リモート接続
  • 画質調整 > Photomerge スタイルマッチ
  • 切り抜きツール:「黄金比」オプションは使用できなくなりました。
  • シングルコアプラットフォームはサポートされなくなりました
  • Mac OS X の旧バージョンはサポートされなくなりました。10.9.2 以降のバージョンが必要です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー